認知症患者に優しいスローショッピングを導入~英スーパー

2016年10月27日

買い物を楽しんでもらう工夫とは

イギリスの小売チェーンJ Sainsbury plc社は同社が展開するスーパーマーケットチェーンSainsbury’sで、高齢者や障がい者、認知症の人を対象にした「ゆっくり買い物を楽しんでもらう」スローショッピングというコンセプトを、イギリス国内のスーパーとして初めて試験導入した、と発表した。

現在、イギリス中部の都市ニューカッスル・アポン・タインにあるゴスフォース店で行われている。

スローショッピングは毎週火曜日の午後1時から3時まで行われる。希望者に対し、店内を案内するスタッフが入り口から付き添う。また各通路の両端にはイスが置かれる。そして、2カ所にある問い合わせ所ではフルーツやビスケットの試食ができる。

このアイデアは、Slow Shoppingという団体を運営し、「スローショッピング」のコンセプトを広げる活動を行っているキャサリーン・ベーノさんが同店へ提案したもの。

べーノさんは、認知症の母親が症状の悪化につれてスーパーでの買い物が難しくなった、という体験を持つ。母親はショッピングが大好きだったため、スーパーの買い物をやめさせたくなかった、とのこと。

調査によれば、イギリス全体での認知症患者85万人のうち、1割の人が買い物好きとされるが、そのうち4分の1の人は買い物をあきらめてしまっている。

店舗従業員と企業が一体となり支援

ゴスフォース店の副店長スコット・マクマホンさんも、ガンを患った父親の買い物に付き添った体験を持つ。ベーノさんから提案があったときに何とかしたいと考え、長時間の従業員トレーニングを実施することにした。

店舗の従業員は「ものごとをより良くしたい」と考えており、トレーニングの結果、高齢者等が使いやすい位置にイスを置いたりできるようになった。

J Sainsbury plc社のホームページによれば、同社は1869年にロンドンで創立。買い物客のより良い生活をお手伝いする、をモットーにスーパーやコンビニ事業を展開している。

同社はこれまで、障がい者の買い物客を支援する教育を延べ5万時間行った。

また、アルツハイマー協会が推進する「認知症者にやさしく」キャンペーンを支援している。

▼外部リンク
発表資料(英語)
Slow Shoppingホームページ(英語)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る