「認知症初期集中支援チーム」で困りごとに対応(佐賀市)

2016年10月30日

認知症の人・疑いがある人・家族に対応

佐賀市が認知症専門医などからなる「佐賀市認知症初期集中支援チーム」により、認知症の症状などで困っている市民からの相談に応じ、支援を行っている。この支援チームは認知症の人だけでなく、その疑いがある人やその家族にも対応する。

専門医・保健師・社会福祉士・作業療法士などで構成

認知症初期集中支援チームは、厚生労働省が発表した「認知症施策推進5ヵ年計画」、通称「オレンジプラン」の中に設けられた施策で、認知症の人の意思を尊重し、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、早い段階から患者や家族と関わる専門家によるチームのこと。

佐賀市認知症初期集中支援チームは、認知症専門医と専門知識を持つ保健師、そして、社会福祉士、作業療法士、管理栄養士などで構成され、9月1日よりその活動を行っている。

認知症の症状で困っていませんか?

佐賀市認知症初期集中支援チームの支援対象は、市内の自宅で生活している40歳以上で、以下のような認知症の症状に困っている人。

【例】
・妻のもの忘れがひどくなったが、嫌がって病院に行かない。困っている。
・夫の認知症がどんどんひどくなり、どう接していいか分からない。
・認知症の症状が強くて、デイサービスにも行かないと言い張り、対応に困っている。
(プレスリリースより引用)

この支援チームについての詳しい情報は、以下リンク先の佐賀市の公式サイトで確認を。

▼外部リンク
認知症でのお困りごとは「佐賀市認知症初期集中支援チーム」がサポートします!


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る