函館市 10分間の電話で「あたまの健康チェック」を実施

2016年8月22日

認知症への進行を予防するために

北海道の函館市が高齢者の市民のために専用のコールセンターへ約10分間電話するだけでできる「あたまの健康チェック」を実施している。市は軽度認知障がい(MCI)の段階で症状に気づき、認知症への進行を予防するために、この「あたまの健康チェック」を実施している。

軽度認知障がいとは

日常生活に支障はないが、記憶や決定、理由づけ、実行などの認知機能に問題がある状態を軽度認知障がいと呼んでいる。
軽度認知障がいの状態にある人は認知症予備軍だとされ、何も対策をとらずにいると、5年間で約半数の人が認知症に進行してしまうとされている。
そして、軽度認知障がいの段階で気づくことができれば、認知症への進行を予防することも可能であり、正常な状態に戻る可能性もあるという。

認知症リスクに思い当たる人に

函館市の電話による「あたまの健康チェック」は、65歳以上で要支援・要介護認定を受けていない市民が利用できる。
市では糖尿病や高血圧、脂質異常症、喫煙、肥満、運動不足、頭部外傷、メタボリックシンドロームなどの認知症リスクの要因に一つでも当てはまる人は、積極的にこのチェックを受けて欲しいとしている。

■対象: 65歳以上の函館市民であること
■要支援・要介護認定を受けていないこと
■費用: 無料
■ 定員: 1,500人
申し込み順に電話番号を記載した受検証書を送付
結果票は自宅に郵送
(プレスリリースより引用)

詳しくは以下リンク先の函館市の公式ホームページで確認を。

▼外部リンク
10分でできる!65歳以上の方の「あたまの健康チェック」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る