認知症最新ニュース

尿漏れが認知症予防に有効な外出を遠ざける要因に

2016年8月19日

尿漏れに対する不安感や認知症リスクへの影響を調査

多くの高齢者が経験する尿漏れ及び増加傾向にある認知症間との関係性について、調査を行ったとユニ・チャーム株式会社が発表した。
その結果、尿漏れへの不安感がいわゆる引きこもり状態を引き起こし、それが認知症リスクを高めることが明らかとなった。



尿漏れの及ぼす心因的影響

今回の調査は、30歳から79歳の500人を対象に平成28年5月20日から5月30日まで、インターネットにより行われた。
それによると、とりわけ60代から70代の尿漏れ経験者のうち6割以上のものが尿漏れを理由に、長時間による外出を不安に感じ、この中でも4人に1人となる25.9%の者が、同じ理由により1週間のうち5日以上外出をしていないのである。

また、調査対象者のうち49.8%のおおよそ5割が尿漏れを理由に気分が落ち込むとしており、頻度が増えるほどその気分の落ち込みが生じていた。
加えて全体の約半数がそれの日常生活への不安を実に感じていたと答えている。

尿漏れは認知症リスクの抑制に役立つ外出の機会を減少させる

そうした一方で、既存の研究から外出の認知症予防効果は明らかとなっている。
それによると外出機会の多い場合と少ない場合を比べたとき、外出機会の少ない方が2年後において軽度認知障がいを発生させるのだ。
これは、外出機会の減少による歩行量の減少も1つの要因といえる。

こうした事実と先の調査結果を合わせたとき、尿漏れを理由に外出機会が減少することは、外出の持つ認知症発症リスクの抑止効果を減少させ、逆説的に認知機能障がいや認知症自体のリスクを上げさせることは明白だ。
よって、尿漏れ対策を適切に取り入れそれによる不安を軽減させることが、認知症予防の一助となるのである。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
尿もれが日常生活に与える影響実態調査尿もれが不安で「外出せず」家に閉じこもる傾向

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4白質病変を地中海料理で防ぎ認知症予防。たけしの『みんなの家庭の医…
  5. 5【NHK今夜放送】 脳がよみがえる!? 再生医療大国・日本の底力
  6. 6東急不動産、認知症にやさしいケアレジデンス
  7. 7アルツハイマー型認知症の新薬候補、米バイオジェン社に期待
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る