1日1ページで認知症予防! 100日間の脳活ドリル発売

2016年8月17日

100日間楽しんで脳を活性化

8月6日、宝島社より「もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 脳が若返る100日間」が発売された。監修は脳科学者で諏訪東京理科大学共通教育センター教授の篠原菊紀氏。価格は830円(税別)で、A4判119ページとなっている。

この新刊は「TJMOOK」として発売されており、「TJMOOK もの忘れ・認知症を防ぐ!脳活ドリル」シリーズは、既に累計25万部を超える好評を博し、この新刊はその第6弾である。

脳のための情報も掲載

篠原菊紀氏は1960年長野県茅野市の生まれ。脳神経科学や応用健康科学を専門に研究している。また、NHK「ためしてガッテン」や日本テレビ「目がテン」、テレビ朝日「みんなの家庭の医学」などに出演するほか、多数の著作でも知られている。

「もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 脳が若返る100日間」では、イラストから四字熟語を回答する「イラスト漢字」や、文章の中の空欄を漢字で埋めていく「名作書き取り」、各スペースに番号が振られている白黒の絵に、指定された色を塗っていく「パズルぬりえ」などが収録されている。

これらの問題を1日1ページ、100日間楽しく回答していくことで、もの忘れや認知症の予防に役立つという。また、これらドリルのほか、脳を若返らせるためのポイント、脳年齢チェックテスト、認知症の最新情報なども記されており、脳のための知識も得られるようになっている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 脳が若返る100日間

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  6. 6レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  7. 7開発中の新薬「アデュカヌマブ」が優先的取り扱いの対象に
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  10. 10困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
このページの
上へ戻る