認知症最新ニュース

新型赤ちゃん型ロボットで認知症予防~「スマイビS」発売

2016年8月8日

「お世話をしたい」という意識で認知症予防
ミサワホーム株式会社は8月4日、グループ企業の株式会社ニュー・ライフ・フロンティアが赤ちゃんロボット「スマイビS」を今月から販売すると発表した。

「スマイビS」は、生後1歳前後の乳児をモデルにした赤ちゃんロボット。会話はせず、笑い声や泣き声は実際の赤ちゃんのものを使用するなど、実際の赤ちゃんの言動に近いのが特長。

「スマイビS」を使う時の声の様子や抱き方に応じ、笑ったり泣いたり、首を振ったり、くしゃみをしたりと、さまざまな反応をする。これにより癒やし効果を得ることができる。

また、これらの表情や声などから、「スマイビS」が表現する感情を自分なりに解釈したり、「お世話をしたい、面倒を見なくてはならない」という意識が芽生えたりすることで、認知症予防にもつながるよう開発した。

実証実験では、認知症を進行させる要因の一つである「うつ状態」の改善が見られた、としている。

監修者は介護業界25年 高齢者が求めるニーズを数多く取り込む
「スマイビS」は、高齢者でも抱きやすいよう、実際の乳児よりも軽く小さいサイズにした。また音量はダイヤル式にするなど使い勝手も工夫した。

ニュー・ライフ・フロンティアは、高齢者の住まいに関する情報提供と相談業務を手掛けている。同社が運営する「有料老人ホーム・介護情報館」の館長で、介護業界で25年以上の豊富な経験を持つ中村寿美子氏が、「スマイビS」の監修をした。

販売対象は、当事者である高齢者や介護事業者で、専用の窓口を設け電話で注文を受ける。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
ニュースリリース[PDF]

▼関連商品

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  4. 4東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  5. 5ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  6. 6認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  7. 7レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る