東京大学等と認知症予防サービス開発へ~メットライフ生命

2016年8月15日

人工知能等を駆使 将来は遺伝子情報の活用も

メットライフ生命保険株式会社(以降、メットライフ生命)、株式会社ハビタスケア(以降、ハビタスケア)および東京大学大学院薬学系研究科(以降、東京大学)は8月2日、疾病予防プログラムを共同開発することに合意したと発表した。

東京大学との共同研究で培った科学的知見をベースにした生活改善アドバイス等を行うもの。今回の提携により、疾病予防プログラムの開発とサービス提供を目指す。提供開始時期は未定。

人工知能(AI)等の最新のデジタル技術を用いる。将来的には、個人の生活状況を記録したライフログの管理や、遺伝子情報、ビッグデータ解析等の活用も視野に入れる。

「発病したら払う」保険とは異なるビジネスへ

各種疾病のうち、患者数の規模や国民医療費全体に占める割合、および影響度が大きい、生活習慣病と認知症に注力。その後はがん等に対象を拡大する見込み。

従来の保険会社のサービスは、「発病後」を対象にした保険商品の開発と販売が中心であった。今回発表したものは、「発病前」を対象にした商品開発を行うもので、保険会社にとっては新しい事業領域への展開を狙うもの。

保険ビジネスで構築した医療機関とのネットワークや膨大な顧客データベースを持つ保険会社の参入により、病気を予防するサービスの質的向上と普及が期待される。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
プレスリリース[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9開発中の新薬「アデュカヌマブ」が優先的取り扱いの対象に
  10. 10困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
このページの
上へ戻る