ビタミンD欠乏症予防のための共同研究を拡大

2016年8月4日

RayVioとボストン大学がビタミンD欠乏症対策に関する研究を拡大へ

平成28年7月28日、多くの国で見られているビタミンD欠乏症の予防や対策のためLEDによる、紫外線照射器を用いた関連研究を拡大させるとRayVio Corp.が発表した。

今回の研究は、ボストン大学との共同によってなされる。

アルツハイマー病との関連性等が指摘されているビタミンD欠乏症

現在、世界人口の約63億人の内おおよそ10億人がアメリカでは約1億人以上がビタミンD欠乏症を患っているという。また、このビタミンD欠乏症はアルツハイマー病に代表される脳疾患や、ガンや糖尿病また多発性硬化症といった自己免疫疾患と、強い関連性があることが知られている。

こうしたことから、ビタミンD欠乏症を予防また治療することはこれら疾患への対策にも繋がり得るのだ。

効果的な治療のための研究とLED照射器の量産化を図る

そこで今回従来より行われていた、RayVioによるLEDでの超低強度紫外線を用いた皮膚でのビタミンD生成と、それによる健康改善研究を拡大させようというのである。

そして、研究により効果的な治療法のための紫外線波長や、照射時間の調整を図っていく。また、これらに用いるLED照射器の量産化も狙っていくのだ。

▼外部リンク
RayVio


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る