新刊「鼻めがねと暴力」~虐待の芽になる悪意なき言動

2016年8月3日

施設運営や介護職の経験を振り返り、虐待が起きる怖さを伝える

株式会社harunosoraは、「鼻めがねという暴力 ?どうすれば認知症の人への虐待を止められるか?」を出版した。

著者の運営するグループホームで起きた虐待事件や、著者が介護職時代にあやうく入居者に暴力を振るいかけた経験を振り返り、虐待が起こる原因やそれを止める方法について考え、書き上げたもの。

著者は、あとがきで、

虐待をすること、虐待が起きることの怖さに気づいてもらえれば幸いです。
(同社ホームページより)

と述べている。

意外な「虐待の風土を生む言動」とは 虐待防止策も提案

タイトルの「鼻めがね」とは、パーティーグッズで鼻とメガネがセットになったもの。介護現場で、これを認知症患者につけさせ「かわいい~」「似合ってる?」などと言って手を叩くのは、虐待につながる「不適切な対応」を生み出す風土となっていると指摘。

「不適切な対応」とその「風土」に警鐘を鳴らすため、インパクトのあることばとしてタイトルに用いられている。

また、虐待につながる不適切な対応の例として、友達口調や命令口調、ため息や舌打ちといった何気ない無意識な言動を挙げている。

また、虐待を起こさないためにできることも数多く提案している。コミュニケーションを高める、面談を重ねるといった一般的なことから、「拘束などの体験」や「ビデオ撮影で客観視」といった具体的な方法も提案している。

A5判160ページ。価格は税別1,800円。

▼外部リンク
刊行書籍 – 株式会社harunosora


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る