世田谷区が「認知症あんしんガイドブック」を配布・公開中

2016年8月2日

ホームページからダウンロードも

東京都の世田谷区が「認知症あんしんガイドブック(認知症ケアパス)」を作成、区内の27ヶ所にあるあんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)にて、認知症関連の相談時に、内容説明とともに配布している。また、区のホームページ上でも閲覧、ダウンロードができるようになっている。

認知症予防の指針や認知症チェックリストも

この「認知症あんしんガイドブック」とは、もの忘れが多くなったり、認知症のことが心配になったりしている人や家族のために、認知症の進行度などに合わせ、利用できるサービスがまとめられているパンフレットのこと。

この世田谷区のガイドブックでは、加齢を原因とするただのもの忘れと、認知症を原因とするもの忘れの違いや、認知症についての様々な相談に応じる窓口の紹介、認知症の人の介護をしている人との情報交換や相談のための家族会なども紹介されている。

そして、判断能力が低下している人の権利のための成年後見制度や介護保険のことのほか、認知症予防のための指針、認知症に早く気づくための「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」も記されている。また、もしもの時のために、自分自身と家族の名前、住所などを書き込める「覚え書き」の欄も用意されている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
認知症あんしんガイドブック(認知症ケアパス)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る