ICTによる介護の予防改善を行うプラットホーム事業開始

2016年7月22日

ICTでの介護の予防及び改善を図るプログラムのプラットホームの事業開始

平成28年7月15日、介護の予防及び改善を目的とするICTを活用したプログラムのプラットホーム実証事業を開始したと群馬県が発表した。

なお、この実証事業は当サービスの利用者の健康改善効果にまつわるビッグデータによる、認知症と介護の予防及び改善のための新たなヘルスケア事業モデルの構築を図るものである。

増加する認知症と介護の予防等を目指して

現在日本は超高齢化社会が進行しており、それに伴い認知症を抱える高齢者の数が増加傾向にある。そしてこれも一因となり、認知症と介護の予防そして介護を必要とする状態の改善が、社会的な課題となっているのだ。

こうした中、社会的課題の解消に向けた次世代のヘルスケア推進事業の構築を図っていくこととしたのである。

ICTを活かした認知症と介護の予防を図る事業を展開

今回の事業は、認知症と介護の予防を情報通信技術の活用を通し図っていく。これらを通し事業における介護費や医療費の適正化、また、地域における健康増進を狙うのだ。

加えて、これらに当たり群馬県の全面的なバックアップによりソーシャルアクション機構が、経済産業省による健康寿命延伸産業創出推進事業に選ばれており、これを主だった事業者として同年7月から平成29年3月まで行われることとなっている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
【7月15日】『ICTを活用した介護予防・介護改善プラットホーム事業』が開始されます。(群馬県次世代ヘルスケア産業協議会推薦事業)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  4. 4今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  5. 5政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  8. 8NHK Eテレ「目指せ!じょうぶで美しい歯」6月23日放送
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る