三菱UFJ信託 解約制限付の「みらいのまもり」を開始

2016年7月5日

高齢者の判断能力の低下に備えた信託

三菱UFJ信託銀行は、6月30日、新たな信託商品「解約制限付信託(みらいのまもり)」の販売を開始したことを発表した。顧客が高齢となり判断能力が低下していく状況に備え、資金を守ることを目的に企画された商品だ。

日本の認知症高齢者の人数は、2025年に約700万人に達すると推計されており、65歳以上の5人に1人が認知症を発症する可能性が指摘されている。

今回販売される「みらいのまもり」は、自分自身でも簡単に解約できないような制限をつけることで、認知症を発症し判断能力が低下した顧客でも、安心して自分の資金を守ることができるというものだ。

簡単に解約ができない仕組み

信託商品の内容としては、まず本人のみでは中途解約ができない。さらに契約時に「受益者代理人」を1~2名指定し、もし何らかの理由で解約することになった場合には、受益者代理人と三菱UFJ信託銀行側が解約理由を確認の上で支払われる。しかし解約理由の如何によっては、同社が応じない場合もある。

また使いみちについては、「有料老人ホーム等施設の入居一時金」「10万円以上の医療費」以外では使用できず、老人ホームや医療機関への直接の振込に限定される。

信託金額は1000万円以上で、追加入金も可能。上限はない。信託は、本人の相続が開始され、信託財産が10万円未満となった場合に終了する。また同商品は、専用の口座で管理される。

「あたまの健康チェックテスト」のサービスも提供

高齢になっていく将来に備え、思いがけない医療費や老人ホーム入居の一時金など、本当に必要な時にだけ使えるように資金を管理すること。ますます高齢化が進む現代では、必要不可欠なサービスといえるのかもしれない。

同社では、認知症に関するセミナー情報や、「あたまの健康チェックテスト」「認知症関連の電話健康相談サービス」などについて、無料で提供もおこなっている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
三菱UFJ信託銀行 プレスリリース[pdf]
三菱UFJ信託銀行「みらいのまもり」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「これは効く」専門医が認めた療法 認知症関連書籍 新刊案内
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  10. 10認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
このページの
上へ戻る