若年性認知症におけるコーディネーターについてのセミナー

2016年7月5日

若年性認知症におけるコーディネーターの役割とその実践に関するセミナー

平成28年7月9日午前9時45分から午後12時45分まで、若年性認知症におけるコーディネーターの役割とその実践に関するセミナーが開かれる。

場所は、東京都新宿の戸山サンライズ全国障害者総合福祉センター2階大会議室で、主催は特定非営利活動法人若年性認知症サポートセンターだ。

内容について

認知症はその発症年齢やメカニズムの違い等からいくつかに分類され、その1つに若年性認知症というものがある。

この若年性認知症は、発症年齢が64歳以下でその多くは働き盛りだ。このことから、若年性認知症患者に対するケアはこれを踏まえたものである必要がある。

そこで今回のセミナーでは、「若年性認知症の人たちへの生活支援」と題して、その現状と課題また関連施策からコーディネーターに期待されるものについてみていく。

これらを通じ、若年性認知症コーディネーターに求められる役割と具体的な実践について、学んでいくのだ。

料金及び申し込み方法について

料金としては3,000円となり当日会場にて支払う。

また、申し込みについては外部リンクのPDFファイルの2枚目をプリントアウトし、必要事項を記入後FAXにて送信することで行うことができる。

▼関連記事
若年性認知症とは

▼外部リンク
28年度公開講座若年認知症の人たちへの生活支援〈若年性認知症コーディネーターの役割と実践〉[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  9. 9趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  10. 10今野先生コラム「食事で認知症予防」第2回:ココナッツオイルと中鎖…
このページの
上へ戻る