若年性認知症におけるコーディネーターについてのセミナー

2016年7月5日

若年性認知症におけるコーディネーターの役割とその実践に関するセミナー

平成28年7月9日午前9時45分から午後12時45分まで、若年性認知症におけるコーディネーターの役割とその実践に関するセミナーが開かれる。

場所は、東京都新宿の戸山サンライズ全国障害者総合福祉センター2階大会議室で、主催は特定非営利活動法人若年性認知症サポートセンターだ。

内容について

認知症はその発症年齢やメカニズムの違い等からいくつかに分類され、その1つに若年性認知症というものがある。

この若年性認知症は、発症年齢が64歳以下でその多くは働き盛りだ。このことから、若年性認知症患者に対するケアはこれを踏まえたものである必要がある。

そこで今回のセミナーでは、「若年性認知症の人たちへの生活支援」と題して、その現状と課題また関連施策からコーディネーターに期待されるものについてみていく。

これらを通じ、若年性認知症コーディネーターに求められる役割と具体的な実践について、学んでいくのだ。

料金及び申し込み方法について

料金としては3,000円となり当日会場にて支払う。

また、申し込みについては外部リンクのPDFファイルの2枚目をプリントアウトし、必要事項を記入後FAXにて送信することで行うことができる。

▼関連記事
若年性認知症とは

▼外部リンク
28年度公開講座若年認知症の人たちへの生活支援〈若年性認知症コーディネーターの役割と実践〉[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る