もの忘れ、認知症予防に「漢字パズル 思い出しテスト」発売

2016年7月2日

漢字パズルで記憶力・集中力向上

6月21日、新刊「もの忘れ、認知症にならない 漢字パズル 思い出しテスト -60歳からの脳トレ」が発売された。

この新刊は日本語、その中でも特に漢字をテーマにしたパズル本で、クロスワードや言葉探し、ナンバープレイス、間違い探しなどを行うことで、記憶力や集中力を高め、認知症予防に役立つという。

日本語力や難読地名の知識も

そのほか、二字熟語を直感によるひらめきで答える「漢字十字パズル」、推理しながら日本語力を向上させる「漢字スケルトン」、そして、漢字による「しりとりパズル」では、脳の力のアップを図るとともに、漢字に対する知識にもプラスとなる。

また、北海道から沖縄までの地名では、難読地名に対する知識も得られるようになっており、ナンバープレイスや幾何学ナンプレでも推理力や集中力向上を目指す。

マジックスタジオ・ど忘れ現象を防ぐ会共著

この新刊はパズル誌やイベント、社内報などにパズルを提供しているマジックスタジオと、ライターや編集者、介護職員などによる「ど忘れ現象を防ぐ会」の共著となっており、株式会社コスモトゥーワンより発売、160ページ、四六判。価格は1,296円(本体1,200円)となっている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
もの忘れ、認知症にならない 漢字パズル 思い出しテスト

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る