健康と地域情報を伝えるお元気さん新聞創刊

2016年6月26日

認知症をテーマとする情報誌創刊

平成28年6月14日、認知症理解の促進等を目的とする地域情報・健康情報誌、お元気さん新聞を創刊すると一般社団法人健康コンシェルジュ日本が発表した。

なお、創刊日は同日6月14日である。

認知症に関する啓蒙及び暮らしやすい街づくりを目指して

認知症は、その進行とともに日々の生活に影響を及ぼすようになり、それに従い他者のサポートが必要となってくる。またそのサポートも方法によっては、症状の悪化を促すリスクがある等難しい面を持っており、これにより認知症になると他者に迷惑をかけてしまうというイメージが、多くの人にもたれているのだ。

だが実際は、認知症に対する正しい理解に基づく直接的なアプローチと周囲のサポートさえあれば、それまで暮らしていた地域での生活も十分可能なのである。

そこで今回、健康コンシェルジュ日本ではお元気さん新聞を創刊しこれによって、認知症の正しい理解の促進の及び認知症を抱える者が、それまで住んでいた地域で暮らせる町づくりへの貢献を目指すのだ。

創刊号では専門家による認知症症状に関する記事を中心に掲載

14日に発行された創刊号では、東京都品川区にあるたかせクリニック理事長高瀬義昌氏による認知症による、症状についての解説及び注意点に関する記事が載せられた。

またこの他にも、大和市保険福祉センターにて8月6日に上映される、映画「アオギリにたくして」に関する記事や大和市の周辺地域情報についてもとりあげられている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
一般社団法人健康コンシェルジュ日本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る