認知症と認知症サポーターに関する講座開催

2016年6月24日

認知症の理解やこれを抱える人を支えるサポーターに関する講座

平成28年8月4日と12日また18日と25日の午後1時30分から午後4時まで、認知症に対する理解及び認知症を患ってしまった人の地域生活を支える、認知症サポーター等について学ぶことのできるセミナーが開かれる。

場所は、福岡市中央区介護実習普及センターだ。

内容について

認知症はその性質上、進行に伴い日々の生活に支障を来していき他者によるサポートが、必要となってくる。だが一方で、適切なサポートさえあれば住み慣れた地域での生活は十分可能だ。

であるにもかかわらず、認知症にかかると何もできなくなるといった偏見等が横たわっているまた、介護している家族等に適切なサポートがされていない現状にある。

そこで今回のセミナーは、認知症の予防やこれ自体の理解また関連する諸制度、そして認知症によって生じる症状への対処法や認知症サポーターについて学んでいく。

料金及び申し込み方法について

参加料金は、無料となっている。

また、申し込みは電話やFAXもしくは公式ページや直接福岡市介護実習普及センターへの、来所によって行うことができる。

なお、申し込み受付は開催日の1月前からだ。

▼関連記事
認知症サポーターとは

▼外部リンク
介護実習普及センターの講座【みんなで支えよう認知症介護】


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る