認知症最新ニュース

藤枝市「認知症の人に優しいお店・事業所」にステッカー・のぼり旗

2016年6月10日

認知症サポーター養成講座を受講した事業者が対象
静岡県の藤枝市が「認知症の人に優しいお店・事業所」と認定した市内の金融機関やスーパーマーケット、郵便局、新聞配達業者などに認定証とステッカー、あるいはのぼり旗を交付している。「認知症の人に優しいお店・事業所」に認定されるためには、認知症サポーター養成講座を受講する必要がある。

全国の市町村で実施されている認知症サポーター養成講座
認知症サポーターとは、認知症とその人を正しく理解し、普段の生活の中で、認知症の人を無理なく自分自身にできる範囲で見守り支えられる人のことで、その認知症サポーターを養成する講座は全国の市町村で実施されている。

「認知症の人に優しいお店・事業所」はホームページに掲載
藤枝市でも、認知症の人や家族がいつまでも住み慣れた地域で暮らし続けられるようにと、認知症サポーター養成講座を開催、その受講者には成人だけでなく、幼稚園児も含まれている。

また、市では徘徊の可能性のある人の名前や写真などを事前に登録し、早期に発見・保護するための認知症見守りネットワーク事業なども展開、あらゆる人が暮らしやすい地域を作ろうとしている。なお、この「認知症の人に優しいお店・事業所」に認定された事業者は、市のホームページに掲載されることになっている。

▼関連記事
静岡にレビー小体型認知症のピアサポートネットワーク発足

▼外部リンク
認知症の人に優しいお店・事業所にステッカーまたはのぼり旗を交付します


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  5. 5認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  6. 6ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  8. 8東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る