静岡にレビー小体型認知症のピアサポートネットワーク発足

2016年5月27日

レビー小体型認知症に関する情報交換ができる組織静岡に発足

平成28年5月22日、レビー小体型認知症本人やその家族また医療関係者が互いに交流し、情報を交換するための組織「レビー小体型認知症サポートネットワーク静岡」を、発足したと報じられた。

早期発見及び症状の普及を目指す

レビー小体型は日本全国で最低でも90万人存在するとされ、認知症の中でも2番目に多いといわれている。

それにも関わらず、一般の者はもちろんのこと介護や医療スタッフ等の間でも、レビー小体型認知症の特有症状等についてあまり知られていない。

だが患者のケアをするに当たり、その症状や特徴を踏まえることが重要な点を考えると、これの啓発を進んで行い認知度を上げていくことが重要といえる。

このことから、今回立ち上げられた「レビー小体型認知症サポートネットワーク静岡」では、レビー小体型認知症に関する正しい知識の普及及び、患者本人への理解ある社会の醸成を目指していくのだ。

レビー小体型認知症サポートネットワークについて

レビー小体型認知症サポートネットワークは、レビー小体型認知症の発見者である小阪憲司横浜市立大学名誉教授の立ち上げた、全国規模のネットワークで今回はその静岡版ということになる。

これは看護や医療関係者等を要員として、定期的な交流会や研修会を通しレビー小体型認知症患者本人やその家族を、ケアと医療の2側面からサポートしていく。

なお、5月の上旬には既に初の研修会が行われており、そこでは宮嶋教授による最新知見の解説や奥山代表からの、レビー小体型認知症患者における日常生活に関する説明等がなされた。

▼関連記事
レビー小体型認知症、最新の治療法は?
【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というより意識の障害

▼外部リンク
レビー小体型認知症サポートネットワーク

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  10. 10趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
このページの
上へ戻る