[5月22日放送]被災地の認知症グループホームの5年

2016年5月20日

東日本大震災での被災した認知症の人たちの今

NHK総合にて5月22日午前10時5分から明日へつなげようNHK東日本大震災プロジェクト「悲しみもよろこびも~認知症グループホームの5年~」が放送される。

番組では被災地である宮城県仙台市の認知症グループホーム「なつぎ埜」を取材。「なつぎ埜」では18人の認知症の人たちが暮らしていたが、津波で建物は全壊し、避難先の小学校で7人が亡くなった。助かった人たちはおととし再建されたグループホームに戻り、穏やかな生活を取り戻しつつある。認知症の人たちにとっての被災とはどのようなものであったのだろうか。

番組概要

【放送局】NHK総合
【番組名】明日へつなげようNHK東日本大震災プロジェクト「悲しみもよろこびも~認知症グループホームの5年~」
【放送時間】2016年5月22日(日)午前10時05分~10時53分
【出演者】グループホーム「なつぎ埜」施設長 蓬田隆子さん
 語り:原田美枝子さん
(画像はNHK公式サイトより)

▼関連記事
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)とは

▼外部リンク
明日へつなげようNHK東日本大震災プロジェクト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る