高齢者夫婦が死亡 認知症介護疲れによる無理心中か

2016年5月11日

自宅で息子が発見

東京・町田市の都営アパートで80代の妻と90代の夫が死亡しているのが見つかった。警視庁は、現場の状況などから妻が認知症などの症状がある夫の介護に疲れ、無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

10日正午すぎ、夫婦の部屋を訪れた息子から、「父が倒れていて母が死亡している」と110番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、妻がベランダで首をつって死亡しており、ベッドの上では、夫が首を絞められ意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡したとのこと。

夫婦は2人暮らしで、妻が夫の介護をしていた。

夫は目や足が不自由で認知症の症状があり、室内には妻が書いたとみられる遺書が残され、そこには「じいじ、助けてあげられなくてごめんなさい。一緒にあの世に行きましょう」などと書かれていたことから、警視庁は、妻が夫の介護に疲れ無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

(画像はイメージ)

▼関連記事
介護疲れにより妻を殺害 82歳夫を逮捕
介護の相談も無料でプロが回答「認知症相談室」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る