高齢者夫婦が死亡 認知症介護疲れによる無理心中か

2016年5月11日

自宅で息子が発見

東京・町田市の都営アパートで80代の妻と90代の夫が死亡しているのが見つかった。警視庁は、現場の状況などから妻が認知症などの症状がある夫の介護に疲れ、無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

10日正午すぎ、夫婦の部屋を訪れた息子から、「父が倒れていて母が死亡している」と110番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、妻がベランダで首をつって死亡しており、ベッドの上では、夫が首を絞められ意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡したとのこと。

夫婦は2人暮らしで、妻が夫の介護をしていた。

夫は目や足が不自由で認知症の症状があり、室内には妻が書いたとみられる遺書が残され、そこには「じいじ、助けてあげられなくてごめんなさい。一緒にあの世に行きましょう」などと書かれていたことから、警視庁は、妻が夫の介護に疲れ無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

(画像はイメージ)

▼関連記事
介護疲れにより妻を殺害 82歳夫を逮捕
介護の相談も無料でプロが回答「認知症相談室」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  10. 10趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
このページの
上へ戻る