三重県で日本の最先端科学技術を紹介する認知症サミット開催

2016年5月5日

認知症サミットin Mieにて介護に関する先端技術紹介

平成28年10月14日と15日の2日間にかけ開かれる、認知症サミットin Mieにて、介護ロボット等の介護にまつわる最先端の科学技術が紹介される。

主催は三重大学等で編成される実行委員会が執り行い、加えてポストサミット事業として三重県も開催を支援する予定だ。

ハードとソフトの両面において技術集積のある三重で開催

認知症はその進行により日常生活に支障を来すようになり、ゆくゆくは従来生活を営んでいた家や地域での生活が困難になってしまう。

そのため、より長くなじみのある自宅や地域にて生活を送るためには個人単位はもちろんのこと、社会的なセーフティネットの構築が必要となってくる。

日々の介助で大きな役割を果たし得るロボットやIT等のもの作り技術。こうした技術を認知症患者へのサポートとして、民間及び行政レベルでの知の集積がある、三重県にて開かれることとなったのだ。

そして、医療及び介護の場また地域においてICTやブレーンマシーン・インターフェースの、応用によった生活支援技術を導入するための仕組み作りに焦点が当てられる。

アジア各国に向け最先端技術を紹介

また、高齢化に伴い認知症患者急増が見込まれるアジア各国に向け、介護に関する機械先端技術等が紹介される。

これら情報は、最終的にパール宣言としてまとめられる予定だ。

▼関連記事
活躍が期待される認知症介護ロボットの最前線

▼外部リンク
認知症サミットin Mie~ものづくり先端技術が支える認知症のひとと地域の共生~


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る