開業資金支援します!「認知症カフェ」など~安曇野市

2016年4月23日

約5年の事業継続が条件とある”既存施設”の活用を推奨

長野県の安曇野市役所では4月1日、介護予防及び地域支え合いに資するサービスを既存施設の活用により提供しようとする団体に対し、経費の一部を補助する「安曇野市支え合い事業施設整備補助事業」を実施するとして、補助金交付申請の受付を開始した。

補助金額は1ヶ所あたり対象経費の2分の1以内で、上限が50万円。ただし安曇野市役所の予算の範囲内で交付する。

対象経費は、事業に必要な経費のうち、備品購入費及び工事請負費。

補助が受けられるのは団体で、区及び隣組などの住民組織、ボランティア団体、NPO法人、社会福祉法人、および民間の介護事業者。

事業をおよそ5年間継続するのが条件となっている。また既存施設の利用も条件となっているが、特に空き家の活用を推奨している。

対象事業は「認知症カフェ」のほかにも

月に1回以上オープンする「認知症カフェ」や地域や世代間で集う「高齢者サロン」や、月に4回以上運営されるその他の事業、例えば配食サービスの提供や有償ボランティアが行う高齢者向けサービス、健康体操など、が事業の対象となっている。

また、利用者は月に約20人以上を確保することが求められる。

▼関連記事
全国各地の自治体の認知症受け入れ準備まとめ

▼外部リンク
安曇野市公式ホームページ

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る