東京消防庁不搬送での認知症遺族への救急記録拒否

2016年4月20日

不搬送により死亡した認知症遺族に救急記録の交付を拒否

平成28年4月4日、東京都中野区にて不搬送により死亡した認知症男性遺族に対し、東京消防庁が救急記録の交付を拒否していることが判明した。

なお、現在20の政令市のうち19市の消防部局にて救急記録の写しも提供されている。

開示拒否の理由は死者のプライバシー保護

発端は、男性が平成26年8月19日に横浜市にあるデイサービス施設から行方が分からなくなり、翌々日の21日にJR中野区駅近隣路上にて倒れていた。そして救急隊が駆けつけたものの、本人が拒否したとして搬送されず死亡してしまったことによる。

そこで遺族である長女は、個人情報保護条例により開示請求をしたのだが、東京消防庁に却下されてしまい却下取り消し請求も東京都により棄却されたのだ。

一方、東京消防庁担当者はその理由として、提供した用紙が万が一第3者の手に渡ってしまった場合、死者のプライバシーが損なわれるからとしている。

本年4月より死者に関する個人情報の提供基準運用開始

この1件を受け東京都は、死者に関する個人情報の提供基準を本年の3月に作成し、4月から運用を開始した。

これにより、先ほどの男性遺族の長女も救急記録の閲覧のみ認められる予定である。

▼関連記事
「認知症だとは気づかなかった」と、警察官。行方不明の認知症男性、保護されず死亡

▼外部リンク
東京消防庁


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る