「認知症だとは気づかなかった」と、警察官。行方不明の認知症男性、保護されず死亡

2015年4月10日

認知症の男性が発見されたのにも関わらず、その後死亡

横浜市在住の認知症の男性が昨年8月に行方不明となり、家族が行方不明の届け出をしていた83歳の男性が、倒れているところを発見されたにも関わらず、警察や消防に保護されず死亡していたことが今月8日に分かった。

警察官は認知症だと分からなかったという

男性は利用していた福祉施設から2014年の8月19日に行方不明になり、同21日に東京都中野区の路上でうずくまっているところを発見され、中野区にある交番の警察官や消防署員と接触している。微熱があったため、救急搬送をしようとしたが拒否されたという。

その2日後の23日に、中野区の公園で男性が死亡しているのが発見された。

保護できる可能性があった

生年月日、名前などを警察官が聞いたところ、男性はしっかりと受け答えをしたのだという。そのため、警察官は認知症だとは気づかなかったとしている。

男性は21日の午前と午後の2回に亘って警察官らと接触しており、1回目の質問では自らの名前を正確に名乗ったという。

しかし警察は行方不明者との照合は行わなかったため、男性の身元は発覚しなかった。

(画像は中野警察署より)

▼認知症関連おすすめ書籍

▼外部リンク
中野警察署
神奈川県警


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る