相談2000件超のノウハウが詰まった『認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ』発刊

2016年3月27日

言葉かけのポイントと具体例が

訪問介護事業、通所介護事業等を行う、株式会社日本エルダリーケアサービス(日本エルダリーケアサービス)は3月22日、同社役員執筆の書籍『認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ』が3月23日に講談社より発売されると発表した。

同著の目次に並ぶ「引き算」がキーワード。

認知症の人は、病気によって記憶が失われていく「引き算の世界」に住んでいます。だから私たちは、その世界に合わせて「引き算」を使った言葉かけや対応をする必要があります。
(プレスリリースより)

高齢者、家族、現場の介護職員など、認知症で困っている人の状況に対する一助になることを期待する思いで、同著は執筆されている。

20年以上にわたる著者の認知症専門相談件数は

著者の右馬埜節子(うまの せつこ)氏は1943年、岡山県生まれ。現在は「認知症相談センターゆりの木」代表、日本エルダリーケアサービス執行役員。認知症専門の相談員として1993年から介護の仕事に携わり、2003年には同氏が担当していた認知症の人の居場所として「デイホームゆりの木中野」を設立した。現職以外に、研修・指導・講演の経験も。

対応したケース数は2000件をはるかに超え、著書の内容は、はそれら多数のケースを通じて生まれたもの。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症に関する悩みをプロに無料で相談

▼外部リンク
プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る