丸亀市 認知症カフェの事業受託者を募集

2016年3月10日

「認知症カフェ」の利点と有効性

香川県丸亀市は23日、高齢化社会の中での介護生活をオープンなスタンスで送ることができる「認知症カフェ」について、市の事業受託者を募集する要領を発表している。

認知症患者同士が「本音で話せる」「情報を共有できる」「心の拠り所になれる」などの利点がクローズアップされ、人との触れ合いや、娯楽、刺激を日常的に得られることにより認知症の進行を遅らせる効果もあることで、「認知症カフェ」は昨今注目度を増している。

全国の他の都市と同様に高齢化が速いペースで進行する丸亀市では、「認知症カフェ」を認知症の人及びその家族に対する支援の重要な一角と位置づけ、市内での「認知症カフェ」設置に向けて事業実施者の募集を開始した。

認知症患者支援と共に地域振興

市の示した実施要項では、認知症患者が尊厳ある暮らしを継続し、同時に家族への支援を図り、地域住民や専門職員の誰もが参加でき地域づくりに貢献できることを、「認知症カフェ」設営の目的としている。

事業委託料はコミュニティセンターでの実施に25,000/月、それ以外の場所での実施に20,000円/月で、「市内に事業所又は住所を有していること」を第1の応募要件としている。

政府の発表した「新オレンジプラン」においても「認知症カフェの設置」が掲げられており、今後の発展が期待されている。

(画像は丸亀市HPより)

▼関連記事
「もっともっと認知症カフェ」! 市民セクターよこはまフォーラム

▼外部リンク
丸亀市 認知症カフェ事業実施要領[pdf]
丸亀市

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る