認知症の人、家族、支援者がタスキをつないでゴールを目指す「RUN伴」!

2016年3月5日

プロモーション映像とWebサイト

株式会社イグジットフィルムは、日本イーライリリー株式会社、NPO法人認知症フレンドシップクラブ、と共にイベント「RUN伴(RUN TOMMOROW)」のWebサイトとプロモーション映像を制作した。
「RUN伴(RUN TOMMOROW)」は、認知症の人や、家族、支援者、一般の人が日本全国をリレーし、1本のタスキをつないでゴールを目指すものだ。

RUN伴とは

RUN伴とは、DFC(NPO法人認知症フレンドシップクラブ)の活動のひとつで、「認知症になっても安心して暮らせる町づくりを目指す」もの。2015年には、北見(北海道)‐大牟田(福岡)の3,000kmを8,000人が参加し、タスキをつないだ。

同プロジェクトでは、RUN伴の活動を多くの人に知って貰うために、認知症当事者、家族、クリエイターなどによりプロモーション映像・Webサイトの制作をおこなった。

公開記念イベントを実施

プレスリリースにあたり、2016年2月23日(火)には、東京都内の映画シアターにて、公開記念イベントを実施。舞台挨拶も実施。

「認知症」x「クリエイター」によるこのような映像・Web制作、劇場公開イベントは国内では初めての試みだ。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
「RUN伴2015」列島縦断中! 認知症の人と伴走できる社会をめざす

▼外部リンク
[認知症xクリエイター] 映像&WEB企画『RUN TOMORROW』をリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る