「RUN伴2015」列島縦断中! 認知症の人と伴走できる社会をめざす

2015年7月16日

7月4日、北海道北見市をスタート

認知症フレンドシップクラブでは、今年も「RUN TOMO-RROW (RUN伴)2015」を開催する。「RUN伴」とは、北海道から福岡まで、認知症の人と家族、支援者たちで1つの襷をつなぎ走るイベント。すでに7月4日、北海道北見市を起点として、「RUN伴」の熱く長いリレーはスタートした。

認知症の人や家族の思いを知ってもらい、多くの人が関わっていける地域づくりをめざし、各地のフレンドシップクラブ事務局や医療機関・介護施設・企業などの協力のもとに、日本列島を縦断。今年で5回目を迎える。

「RUN伴2015」エントリー受付中!

「RUN伴」では、現在参加者を募集中。9月までとなる東北、関東、中部、北陸地域では7月10日にエントリーを終了しているが、10月以降に開催する関西、中国、九州地域での参加者については、8月10日(月)24時まで募集している。エントリーの詳しい情報は「RUN伴」公式サイトへ。

「RUN伴」では、通過する各地域で、さまざまなイベントが開催される。7月17日(金)「RUN伴+はちおうじ」プレイベント、7月19日(日)「認知症地域ネットワークフォーラム in 山口」、8月9日(日)「認知症地域ネットワークフォーラム in 田貫湖(富士宮)」など。各エリアにて「エリアコミュニティ」も設けられている。

寄付支援&応援を!

「RUN伴」は、「認知症になっても安心して暮らせるまちをつくる」というビジョンに賛同する個人・企業・団体の協力と支援により運営されている。認知症フレンドシップクラブでは、「RUN伴」運営のために広く寄付を募集。収益金は、同クラブの活動を通じて、全国にいる認知症の人のために使われている。

日本のどこかで、オレンジ色のTシャツを着て走る「RUN伴」参加者たちを見かけたら、ぜひ応援のかけ声を!

(画像はプレスリリースより)

▼認知症・MCIの早期発見におすすめはこちら

▼外部リンク
「RUN伴2015」公式サイト
認知症フレンドシップクラブ
RUN伴エリア情報


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る