鈴鹿市で産学官連携協力協定を締結 – 認知症を予防して健康寿命を伸ばそう!

2016年2月27日

鈴鹿市、鈴鹿医療科学大学、日清オイリオ

三重県鈴鹿市、鈴鹿医療科学大学、日清オイリオグループ株式会社は、2月22日、住民の健康寿命延伸および地域社会の活性化をめざし、産学官連携協力に関する協定を締結したと発表。テーマは、「健康寿命を伸ばそう!鈴鹿市!運動と食生活そして地域の連携!」。

今後は、認知症の予防・改善に役立つとされる中鎖脂肪酸などの研究をはじめ、食生活を改善することによる健康寿命延伸の可能性を追求し、地場食材を活用することにより地域活性化を図っていく意向だ。

高齢者が自分らしく生きるまち『すずか』を

鈴鹿市では、平成27~29年度の高齢者福祉計画において「高齢者が自分らしく生きるまち『すずか』」を掲げ、生活支援や介護予防に力を入れている。

鈴鹿医療科学大学は、中鎖脂肪酸に関する研究の実施と評価、レシピの研究開発、教育・啓発・普及に関する資料の企画製作などを担当する。

日清オイリオの中鎖脂肪酸研究

日清オイリオグループ株式会社は、ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸が高齢者のエネルギー補給に有効で、認知症の予防・改善にも効果があるという可能性をふまえ、40年以上も中鎖脂肪酸の研究開発に取り組んできた。

今後も日清オイリオは、「地場食材と植物油を活用した健康づくり推進の支援」と「植物油の活用に関する知識やノウハウの提供」「開発レシピを利用した地産地消の推進、消費拡大による地域の活性化」をめざしていく方針だ。

具体的な取り組みとして、鈴鹿市民500名を対象とした中鎖脂肪酸に関する大規模研究、中鎖脂肪酸の機能性の解明ならびに脳に対する抗炎症作用の評価、中鎖脂肪酸による認知症罹患者の栄養状態の改善などを検証する。

ほかに認知症カフェの運営支援、地場食材と植物油のコラボレーションによるレシピ開発やレシピの一般募集などもおこなう予定。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
「中鎖脂肪酸メモリオン」が日清オイリオグループから新発売!

▼外部リンク
日清オイリオグループ株式会社 プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  4. 4ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  7. 7生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9「うっかり」や「物忘れ」に悩む家族のための認知症セミナー開催(東…
  10. 10糖質だけじゃない脳と脂質の大事な関係!! 栄養士によるコレステロ…
このページの
上へ戻る