久保田 競氏の「脳活」エッセイが【ラジオ深夜便】に掲載

2016年2月17日

「脳活」で100歳まで健康で

日本の大脳生理学の権威で生理学者でもある久保田 競氏の認知症患者向けエッセイ『健康長寿の秘訣は“脳活”にあり』が、NHKが毎月18日に発行している月刊誌【ラジオ夜深便 3月号】に掲載されることが決まった。

人の脳について様々な著作をもつ氏がもつ“健康脳習慣”の知識を紹介しているエッセイでは、「脳活」が健康長寿の秘訣になることや、太陽の光を浴びて一日のリズムを整えることが脳を衰えさせない第一歩となること、本当に脳にいい食べ物や食べ方などにつながる「脳活」の基本が紹介される。

氏が提案する「脳が元気で体も100歳までいきいき生きる」ことに一歩でも近づける「脳活」の方法を、この機会にしっかりラーニングしておきたいものだ。

「脳活」の浸透が日本人を救うか

「脳活」は認知症予防策の代表として近年一般レベルに定着してきている健康法と一つで、生活習慣の改善が認知症予防に最も効果を発揮するという報告が多い中、筋力トレーニングならぬ知力トレーニングとしても多いに期待されている。

「健康のために出費してもよいと考える金額が3000円/月」というデータが出るほど、日本人は長寿の一方で健康に主体的な価値観を置く人が少なく、結果としてアルツハイマー病などの有効な治療方法のない生活習慣病にかかる人が後を絶たない現状がある。

(画像はラジオ夜深便HPより)

▼関連記事
久保田先生監修の『いきいき脳進化ドリル』

▼外部リンク
ラジオ深夜便


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る