フォーラム「認知症カフェを考える」開催。厚労省認知症対策室長の水谷氏が登壇

2015年10月8日

11月8日東京・池袋にて

朝日新聞社は、11月8日東京・池袋において、 フォーラム「認知症カフェを考える ~暮らしの中、支え合う地域を目指して~」を開催する。朝日新聞社、朝日新聞厚生文化事業団、立教大学社会デザイン研究所が共同で主催。

厚生労働省認知症・虐待防止対策推進室の水谷忠由室長、京都認知症カフェ連絡会の川北雄一郎事務局長らが登壇し、昨今、全国各地で広がりを見せる「認知症カフェ」について、その課題と展望を、実践例を交えながら討論する。

認知症カフェを営む人たちを交えての討論会

「認知症カフェ」は、認知症の人やその家族、地域の人、専門職らがともに集う場であり、国家戦略の「新オレンジプラン」でも普及が推奨されている。

今回のフォーラムではまず、厚労省の水谷氏が「新オレンジプランと認知症カフェ」についての報告をおこなう。

続いて「認知症カフェのこれから」と題して、オレンジカフェ コモンズを運営する武地一医師がコーディネーターをつとめて、討論会が開かれる。パネリストには、水谷氏をはじめ、神奈川県川崎市や千葉県市原市でそれぞれ認知症カフェを営む人たちも参加。

開催概要

【日時】11月8日(日) 13:30~16:30(開場 13:00)
【会場】立教大学池袋キャンパス タッカーホール(東京都豊島区西池袋3-34-1)
【参加費】1000円(資料代を含む)
【定員】500人
【申込方法】「フォーラム認知症カフェ参加希望」と明記し、必要事項を記入の上、郵送またはFAX、メールにて(〒104-8011 朝日新聞社CSR推進部「認知症カフェを考える」係/FAX:03-3541-8999/メール: csr-t@asahi.com )
【問合せ先】朝日新聞社CSR推進部(TEL:03-5540-7630 平日10:00~18:00)

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定

▼外部リンク
朝日新聞社 フォーラム「認知症カフェを考える」 プレスリリース



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
このページの
上へ戻る