セノ―社、『モトタイル』がブレインサイエンスマークを取得

2017年5月17日

デュアルタスクで認知症予防

セノー株式会社が発売しているデンマーク発の運動タイル、「モトタイル(Moto tiles)」が、脳科学がモノづくりに活用される取り組みの適正検証「ブレインサイエンスマーク」を付与されました。既に開発国のデンマークでは運動機能の改善が実証されていますが、今回セノー社により、認知機能の短期的向上が分かったものです。

「モトタイル(Moto tiles)」は足元に並べたタイルが決められた規則で点灯し、そのタイルを踏むと色が変わったり、音が鳴ったりするものです。頭で考えながら足で反応する「デュアルタスク」を気軽に遊び感覚で楽しむことができます。これにより、健康寿命の延伸や、介護予防、認知症予防の効果が期待されます。

ブレインサイエンスマークは、株式会社日立ハイテクノロジーズと株式会社日立製作所が、脳科学がモノづくりに活用される取り組みとしての適正を検証し、その結果に基づき付与されるものです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
『モトタイル(Moto tiles)』ブレインサイエンスマーク取得のお知らせ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  3. 3認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
  9. 9アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  10. 10TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
このページの
上へ戻る