筑波銀行 認知症サポーター養成講座を県内2会場で開催

2017年2月19日

2月23日と3月7日の両日開催

2月23日、茨城県下妻市砂沼新田にて、そして、3月7日は石岡市国府にて、筑波銀行が一般を対象にした認知症サポーター養成講座をそれぞれ開催します。この認知症サポーター養成講座の参加費は無料で、現在、参加者を募集しています。

認知症の人を温かく見守る認知症サポーター

土浦市に本店を構える同銀行は2012年12月に、茨城県と「認知症普及啓発企業連携事業協定」を締結しています。この協定は認知症の人を地域社会で見守るために、認知症を正しく理解することと、その知識の普及と啓発の活動を県と協働して行うものです。

同銀行の認知症サポーター養成講座は、この協定に基づき実施されるもので、地域貢献活動の一環となっています。

認知症サポーターは普段の生活の中で、認知症の人が困っている時に手助けをするなど、認知症の人を温かく見守る人のことで、養成講座を受講することで、サポーターになることができます。

日時: 2月23日(木) 17:00~18:30
 場所: 筑波銀行下妻営業部
     茨城県下妻市砂沼新田20-1
日時: 3月7日(火) 17:00~18:30
  場所: 筑波銀行石岡支店
     茨城県石岡市国府3-1-15
費用: 無料
申込: 受付中
定員: それぞれ先着30名
(プレスリリースより引用)

申し込み方法など、詳しい情報は以下リンク先の筑波銀行のサイトで確認を。

(画像は筑波銀行のサイトより)

▼外部リンク
「認知症サポーター養成講座」開催のお知らせ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る