筑波銀行 認知症サポーター養成講座を県内2会場で開催

2017年2月19日

2月23日と3月7日の両日開催

2月23日、茨城県下妻市砂沼新田にて、そして、3月7日は石岡市国府にて、筑波銀行が一般を対象にした認知症サポーター養成講座をそれぞれ開催します。この認知症サポーター養成講座の参加費は無料で、現在、参加者を募集しています。



認知症の人を温かく見守る認知症サポーター

土浦市に本店を構える同銀行は2012年12月に、茨城県と「認知症普及啓発企業連携事業協定」を締結しています。この協定は認知症の人を地域社会で見守るために、認知症を正しく理解することと、その知識の普及と啓発の活動を県と協働して行うものです。

同銀行の認知症サポーター養成講座は、この協定に基づき実施されるもので、地域貢献活動の一環となっています。

認知症サポーターは普段の生活の中で、認知症の人が困っている時に手助けをするなど、認知症の人を温かく見守る人のことで、養成講座を受講することで、サポーターになることができます。

日時: 2月23日(木) 17:00~18:30
 場所: 筑波銀行下妻営業部
    茨城県下妻市砂沼新田20-1
日時: 3月7日(火) 17:00~18:30
 場所: 筑波銀行石岡支店
    茨城県石岡市国府3-1-15
費用: 無料
申込: 受付中
定員: それぞれ先着30名
(プレスリリースより引用)

申し込み方法など、詳しい情報は以下リンク先の筑波銀行のサイトで確認を。
(画像は筑波銀行のサイトより)


▼外部リンク
「認知症サポーター養成講座」開催のお知らせ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【認トレ教室レポート】話題の脳トレ「ブレインHQ」を体験!@イオ…
  4. 4カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  5. 5コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  6. 6カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)
  7. 7【脳エクササイズ】世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
  8. 8NHKスペシャル シリーズ「私たちのこれから」認知症社会
  9. 9楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは【第35回…
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会[PR]
このページの
上へ戻る