大阪府 大阪タクシー協会と協定「高齢者にやさしい地域」に

2017年2月18日

行方不明高齢者の発見と保護などに協力

大阪府は、大阪市中央区にある一般社団法人大阪タクシー協会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したと発表しました。

この協定は認知症を原因とする徘徊などで行方不明になった高齢者の発見と保護に協力するなど、府と民間事業者が力を合わせて、高齢者にやさしい地域の実現を図ることを目的としています。

大手コンビニチェーンや金融機関も締結

全国的に高齢化社会が問題となっている中、大阪府でも一人暮らしの高齢者の孤独死や認知症高齢者の徘徊への対策が求められています。そこで民間事業者に、業務を通じて、高齢者が安心して暮らせる地域づくりのために協力してもらおうと、この協定が設けられました。

現在、セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマート、ローソン、りそな銀行、大阪信用金庫がこの協定に賛同し府と締結、大阪タクシー協会が公共交通機関として唯一締結することとなりました。

消費者トラブルに巻き込まれないための取り組みも

今回の協定締結により、大阪タクシー協会の会員事業者は日常の業務の中で、行方不明高齢者早期発見、保護に協力することとなります。そして、認知症の正しい知識を身につけ、事務所にポスターを掲示するなど、その普及に努めます。

また、高齢者などが消費者トラブルに巻き込まれそうな時には、消費生活センターへ連絡するなど、地域の見守り支援に努めることになります。

(画像は大阪府のサイトより)

▼外部リンク
一般社団法人大阪タクシー協会との「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」の締結について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る