蓄積した物質除去でアルツハイマーの回復可能性を実証

2017年2月16日
実験モデル系での初実証

東京都小平市にある国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は、アルツハイマー型認知症において、「アミロイドベータタンパク質(Aβ)」の凝集体の「Aβオリゴマー」を除去できれば回復する可能性があることを、実験モデル系で初めて実証したと発表しました。



毒性作用による異常変化は可逆的

アルツハイマー型認知症は、脳内にAβが蓄積し、その影響により、脳の認知機能などの異常が起きる病気だと考えられています。

今回の実験は培養されたラットの胎児脳由来の神経細胞を用いたもので、Aβの凝集体であるAβオリゴマーが細胞外から毒性作用をもたらしていることと、その作用による異常変化は可逆的であることが判明。この実験結果はAβオリゴマーを除去することさえできれば、この病気を治療できるという可能性を示しています。

進行を抑制するだけでなく回復の可能性も

この実験は細胞レベルのものではあるものの、現在、Aβオリゴマーの蓄積を抑制する薬剤の開発が進行中で、早期の段階で効果的な治療を行うことにより、その進行を防ぐだけでなく、認知機能の回復が望めるようになるかもしれません。

NCNPはこの研究結果を国際科学雑誌「Molecular Brain」に発表。今後、Aβオリゴマーがもたらす作用を低減する新しい薬剤の開発研究も進める予定だとしています。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アルツハイマー型認知症の病態の回復可能性が実験モデルで明らかに
http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=331


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る