小型発信器を用いた認知症向け電子見守りシステム販売開始

2016年7月30日

電子見守りシステムケアレア敬老の日に発売開始

平成28年7月20日、小型発信器及びスマートフォンを活用した電子見守りシステム、ケアレアを沖縄ハンズオンNPO及び琉球大学工学部との協力の下、開発し販売開始に至ったと株式会社国建システムが発表した。

なお、今回のシステム開発は沖縄県による委託事業である、ライフスタイルイノベーション創出推進事業により展開されており、販売開始日は敬老の日である。

不意の外出による失踪や事故防止を図って

現在高齢化社会の進行等を理由に認知症を抱える高齢者の数は増え続けており、その高齢者の介助に当たるのは多くの場合その家族だ。また、認知症固有の周辺症状の1つに徘徊があり、家族等の介護をする側の介護疲れを引き起こす要因の1つとなり虐待や拘束といった、事件を引き起こしかねないのである。

そこで今回国建システムは関連団体との協力の下、小型発信器とスマートフォンを連動させることで、徘徊による行方不明及び迷子の防止システムケアレアを開発したのだ。これを用いることで、不意の外出による行方不明やそれによる事故を防ごうというのである。

小型ビーコンの電波をスマートフォンで受信することで見守り

今回のケアレアは、認知症患者当人やその持ち物に付けられるビーコン(小型発信器)の発する電波をスマートフォン等に受信させることで認知症を抱える高齢者を見守るというものだ。

よって、GPS機能ではないため位置情報を得ることはできないが、ビーコンの電波が受信されなくなると音で通知されることから、外出に1早く気がつけ他のGPS機能付き製品の所持や外出の同伴等と、行方不明となる前に防止策を張ることができる。

そして、介護側の疲労を緩和させるだけでなく高齢者当人の安全も確保できるのだ。

▼関連記事
白河市 認知症高齢者等徘徊SOSネットワーク事業開始

▼外部リンク
認知症者の迷子防止用「電子見守りシステム」の製品を発表~9月19日の敬老の日に合わせ製品の発売を開始~


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る