認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

4652件の書き込み

  1. つっしー さん
    私の父親が86歳で車の運転しています。
    周りの人は本当に運転させてもいいか心配しています。
    病院でお金を払って検査(認知症、身体能力)をしてもらって
    運転しても本当に大丈夫だということを証明してもらう方法はないでしょうか。
    警察の「認知機能検査」よりも正確な検査がいいです。
    よろしくお願いします。
    • すぬーぴーわん さん
      つっしーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_035
      「第35回 認知症の人の自動車運転」

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_050
      「第50回 認知機能の低下と運転免許」

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」→右側にたくさんコラムが出てきます。その中の「第35回・第50回」クリック。(PCです。スマホは右上メニューから)ご覧になってみてくださいね。

      今、高齢者のドライバーに「運転卒業式」をして、免許証を返納してもらうという事が方法として挙げられることもあるようです。私もとても心温まるお話だなーと思っています。

      家族が「運転卒業式」を開催します。「おじいちゃん(おばあちゃん)、長い間運転ご苦労様でした」と孫から感謝状(手作り)と他のご家族が記念品贈呈します。感謝状と記念品を持って、家族と写真撮影します。その写真を、床の間に飾ってみます。車を売却し、自宅駐車場にご近所さんと歓談用ベンチを置いてみます。「俺(私)の車、どうした?」と聞くたび妻(ご家族)は、記念写真を指差します。「そうだったな」と納得する。と、言うのです。

      車がなくなった駐車場には近隣住民との歓談用ベンチまで用意したそうで、認知症の進行速度も緩和できそうな心遣いだと私も思います。また、おじいちゃん(おばあちゃん)が「俺(私)の車、どうした?」とご家族に聞くと、記念写真を見せると納得するらしいのです。本人としても、奪われたという気持ちはまったくないようです。

      と言うお話なのです。実際のお話しだそうです。お孫さんが、いらっしゃるとやり易いかも知れませんね。それぞれ事情などもありますから、一概には言えませんが・・参考になればと思い載せました。

      つっしーさんと、お父様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • ゆり さん
      私の舅が、ずっと運転していました。本当に乗っては、行けない危ない状態の時は、聞く耳は持ってなく、車は傷だらけでした。私の考えとしては、出来るだけ身内だけの考えじゃなく、出来るだけ間に、ケアマネージャーやデイサービスの高齢者扱ってる方に入ってもらって、いろんな対処の仕方、教えてもらいながらされた方が、お互いの為にもいいんじゃないかと思います。
    • オカユ さん
      つっしーさん、こんにちは。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユです。

      運転しても本当に大丈夫だということを証明してもらう方法はないか、とのこと。

      周りの方々は心配をされているようですが、運転を止めさせたいのではなく、「大丈夫」という確信が欲しい、と言うことなのでしょうか?

      86歳という年齢だけで考えると、やはり若い方よりはとっさの判断や速度感覚は鈍いのではないかと思います。

      病院での認知検査で「問題ありません」と言われたとしても、それは「運転しても大丈夫」という結果ではないと思います。

      警察の行う認知機能検査では、結果に基づき運転に対する助言も受けられますし、運転を続けるのであれば必要な検査となります。

      警察の認知機能検査において記憶力・判断力が低いという結果が出た場合は専門医による検査を受けることになり、そこで認知症という結果が出ると免許取り消しか停止となります。

      他にも、75歳以上の高齢者が信号無視や一時停止無視等の違反を行うと臨時でこの機能検査を受けなくてはなりません。

      ちなみに、本音としては運転を止めさせたいのであれば、病院にて認知機能検査を受けられ、その際に医師に「運転を止めるよう本人に言って欲しい」と予めお願いしておく(或いはご本人様に見えないところでそのようなメモを渡す)のも良いのではないかな、と思います。
  2. とんぼ さん
    母は2年ほど前から物忘れが進み、私はそれに対してなかなかうまく対応できず、常に悩んでいます。
    特に、母が行っている習い事のことで、母と私の間で言い争いが起こることが多いです。
    母は、習い事のある日の前の日になると、習い事の場所や時間が書いてあるカレンダーをじっと見て、「これっていったい何だろう。」とか、「ここにはどうやって行けばいいんだろう。」と聞いてきます。
    そのたびに、私は習い事の場所への行き方を紙に書いて渡し、なおかつそれを読んで説明するようにしていますが、何度説明してもすぐに忘れ、また聞きに来るので、最後にはいつも「その紙を読んで自分で考えてよ。これ以上もう来ないで。」と怒鳴ってしまいます。
    そうすると母はその後、何とか自分で生き方を思い出すらしく、次の日になると一人で習い事へ行き、無事に帰ってきます。
    しかし、帰ってきた後、「よくわからないかったけれど、昨日の夜、何とかおもいだせていくことができた。」というので、怒鳴ったことを悪かったと思い、「厳しくいって悪かったけれど、前の日は何度説明してもわかってもらえないから、つい自分で考えてと言ってしまう。これからも同じことを繰り返してしまうだろうけどしょうがない。」と言うと、母は「正常な人にはわからないんでしょうね。」と怒って言い、私は私で、「何度も同じことを繰り返して言わなくてはならないことがとてもつらいのよ。」と言ってしまいました。
    母には悪いのですが、やはり何度言ってもそれが伝わらず、繰り返し説明しなくてはならないことは自分にとってすごくストレスになるのです。
    このように思ってしまう私が悪いのでしょうか。
    たぶん、この先も何度も同じ言い争いをしてしまいそうです。
    • すぬーぴーわん さん
      とんぼさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、とんぼさんの事も、心配です。

      「このように思ってしまう私が悪いのでしょうか」ぜんぜん、悪くないですよ。そして、そう感じるのが普通です。ただ、どっちをしたとしても、きっと、どっちもストレスは感じてしまうと思うのです。そして、どちらかは後で、自己嫌悪に陥るので、自己嫌悪に陥ない方が、まだ良いのかなと・・今だから、言えているようにも感じます。すみません。

      介護する家族の心の4つのステージがあります。

      ①とまどいとパニック・・家族が認知症という現実に、何も考える事ができなくなり、パニック状態になります。認知症だと認める事は、家族の人格を否定するように感じられ、なかなか人に相談することもできません。ショックがおさまると、家族と自分がなんでこんな目に合わなければいけないのかと、やり場のない怒りがわいてきがちです。

      ②混乱、怒り、拒絶・・もっともつらい時期です。どう対応していいかわからず、混乱状態になります。毎日の介護の苦労で疲労もたまり、ささいな事で腹を立てたり、叱ったりしがちです。認知症の家族がわざと自分への嫌がらせをしているように感じられ、怒りに発作に襲われたり、気持ちが暗く沈みがちになり今の状態がいつまで続くのかと絶望的な気持ちになります。

      ③割り切り・・イライラしたり、怒ったり、悩んだりしても何も解決しないことがわかってきます。現実をだんだん割り切って考える事が出来るようになります。ただし、認知症が進行して介護が大変になると、②に戻る事になりかねません。

      ④受容・・認知症という病気が理解できるようになり、認知症になった家族をあるがままに受け入れられるようになります。悲観や苦しみを乗り越え、認知症になった家族とともに生きていく力が湧いてきます。生きることや人生について、さまざまな発見があります。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護についての本をいろいろ買って読みました。その本の文や考えを、何かちょっとでもヒントになる事を見つけてくれれば良いなーと思っています。

      でもやはり、なかなか本のようにはうまくいきませんでした。私は①と②を行ったりきたりばっかりしていました。苦しかったです。

      介護認定は、申請されていますか。介護サービスを利用しましょう。デイやショートステイなどは、他のかたと接する事は、脳に刺激を与え進行を遅くするのに役立つという事です。そして、介護者もからだを休めたりストレスを発散して、また、ちょっとでも穏やかな気持ちでむかえてあげることができるように・・。

      とんぼさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  3. たろぴー さん
    こんにちは。お世話になっております。以前母親が要介護1、施設入居前に数回お尋ねさせていただきました。昨年3月に施設に入居し、2週間程で腰椎圧迫骨折の痛み止めで内臓に穴が開き手術、1ヶ月ほど入院し、施設に戻って区分変更を行いそのまま要介護5となりました。その後車椅子ミキサー食でしたが、昨年秋頃に車椅子もはずれ、一口食になり、落ち着いていました。ところが3月ごろ施設で転倒、傷自体は対したことなく直りましたが、その後急に元気がなくなり、先週になって全身状態が悪く、床ずれひどいとの事で総合病院に連れて行くと施設から連絡があり、転倒時の不安もあった為、CTを撮り血液検査をしました。しかしながら異常なく、筋肉が硬くなっている事から、施設でかかりつけ医から処方されている徘徊防止の薬(抗不安薬)が原因ではないか?その薬は現在止めているが、蓄積されているのではないか?との診断でした。2週間ほどで動き回っていたのがまるで動かなくなり、施設の人も不思議がるような状態で、病院に連れて行くときには施設から電話がありましたが、介護士/看護士ともかなりパニックのような状態でした。どちらかというと逃げるような感じです。今までの信頼感がなくなるような不安を覚えました。施設側はこんなに急に動けなくなるはずないと言いつつ、急に認知機能が落ちたのだろうという感じで接してきます。ここでお尋ねしたいのですが、①薬の影響だとすると、量や時期が間違っていなくても、たまたま蓄積しやすい(現に関係はないとは思いますが、腰の痛み止めでは同じように効きすぎてという事があったわけです)体質という事はあるのでしょうか。②こういった薬で過鎮静の様な状態になるともう元には戻らないのでしょうか。③また薬に関係なくこのように認知機能が一気に下がる事はあるのでしょうか。ケアプランの修正をしましょうと施設は言ってきますが、それはそれとして、理由がはっきりしないので不安です。正直転倒もこの徘徊防止の薬の影響であったのではないかとも思っています。
    長くなって申し訳ございません。よろしくお願いします。
    • ナツコ さん
      たろぴーさん、こんにちは。
      母の介護を体験したナツコと申します。
      看護師です。
      お母様のご様子、心配ですね。

      ①薬の影響と体質について
      どのような薬だったのか分かりかねますし、個人差があります。
      一般的な話ですが、高齢者は、身体機能が低下して、薬を処理する代謝も落ちていることから、効き過ぎてしまう場合や、副作用が出やすい場合もあります。

      ②現状からの回復について
      実際にお母様の状態が文章だけでは分かりかねますので、直接診察した医師に確認することが第一です。

      ③認知機能の低下について
      認知機能は徐々に低下していても、気づかずに進行している場合もあります。その理由が薬の影響だったのか、それとも他の要因だったのかは判断できないです。

      たろぴーさんのご期待に沿える回答ではないと存じます。
      しかし、直接お母様の状態を診断した医師、日々観察や援助をしている看護師や介護士に相談することが一番です。
      医師に説明をしてもらう機会を設けて、たろぴーさんが感じている質問や不安を相談してみましょう。

      ご参考にして頂ければ幸いです。
    • すぬーぴーわん さん
      たろぴーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      他の回答者様のナツコさんと重複致しますが、薬と言うのは本当に個人差がありますので一概には言えないのだと思います。(たろぴーさんも、もちろんわかっていらっしゃると思います。すみません)

      ご高齢のかたは、加齢とともにいろんな病気をしてしまう事があります。その病気を治す目的で、薬を飲んでいる事が多く、また、ご高齢のかたは薬に対する副作用も出やすくなってしまっています。

      回答者様のナツコさんも仰っていますが、診て頂いている主治医に、また、いろいろお世話をして下さっているスタッフさん達を交えて、カンファレンスをされてみてはどうでしょう。たろぴーさんが、疑問に思っていることや不安がある事など、前もってメモして聞かれてみたり話されてみてはどうでしょう。無理でしょうか・・。

      たろぴーさんが欲している回答から、かけ離れていてすみません。

      たろぴーさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • たろぴー さん
      たろぴーです。ありがとうございます。母が入所している施設の担当者にもう少し聞いてみます。家族にとっては母の事しか状況が分からないのですが、多数の入所者がいる大手の施設なので、あらゆる状況に対してノウハウがあり、対応できると考えていました。難しいものですね。
    • すぬーぴーわん さん
      たろぴーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんです。お返事、ありがとうございます。

      「大手の施設なので、あらゆる状況に対してノウハウがあり、対応できると考えていました。難しいものですね」・・そうですね。確かに・・なんでもそろっていそうな感じがしますが・・やはり、いちばん大事なのはそこで働いているスタッフさんしだいのような気がします。

      「担当者にもう少し聞いてみます」・・前回も書きましたが、自分の中である程度考えなどをまとめメモして、お聞きになった方が良いと思います。(言い忘れた、聞き忘れたとかならないために)

      たろぴーさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。
  4. ヴェルディ さん
    70歳の主人の兄のことでのご相談です。
    最近認知症の症状が出てきてその対応に苦慮しています。

    はじめは身体がふらつくと言っていたので、
    以前前立腺癌の手術をして、今でも抗がん剤を飲んでいるので
    その副作用もあるのかと考えていたのですが、どうもそうではないようで、
    神経内科で見ていただいたところ
    MRIなどでは特に脳に他の異常はないとの検査結果ではあるものの
    レビー小体型認知症の可能性があるとの診断でした。
    認知症の検査は一般的な質問

    2月までは一人で運転もしていて、
    あまりおかしな行動もしていなかったのですが
    最近は家の中で動くのもままならなくなってきている上に、
    弦視、妄想がひどくなってきています。

    義兄は若い頃離婚して以来一人暮らしで
    私たちの他に近い身内はいないのですが、
    我が家も離れて暮らしていて、車で3時間程度かかります。
    毎日様子を見に行くわけにもいかない距離なのですが
    様子がおかしくなってきてからは
    毎週末泊りがけで行くようにしています。

    あまりにも急に様子がおかしくなってきたので
    介護認定もまだ申請中で介護度が決まっていませんが
    市の福祉課に相談して、我が家が行けない時は
    ショートステイを利用させて頂いてどうにかしのいでいるところです。

    このまま一人で置いておくわけにもいかないと心配ですし
    ショートステイの費用もかなりかかってしまいそうで
    これからの対応をどうするべきか頭の痛いところなのですが
    今一番困っているのは義兄の弦視、妄想の対応です。

    先日は庭に猛獣がたくさんいて、キッチンや二階にも
    虎がいるので危ないと騒いでいました。
    どうやら私は虎に襲われて重傷ということに
    義兄の頭の中ではなっているようで
    どこも怪我していないので大丈夫と言って安心させようとしても
    しばらくするとまた同じことの繰り返しです。

    今週は主人と息子が義兄の介護に行っているのですが
    義兄は自分が誰かに狙われて殺されると思い込んでいる上、
    親しい友人が捕まって殺されそうと言って
    警察に連絡しろと繰り返すので困っています。

    認知症介護の本やネットの情報もいろいろ調べたところ
    むやみに否定してはいけないと書いてあったので、
    できるだけ話を聞いて安心させるように努めてはいるのですが、、、
    息子もレビー小体型認知症のことを調べたので、
    「そうなんだ〜、でも大丈夫だよ」と言って
    安心させようとしているらしいのですが効果がなく、
    どうして警察を呼ばないんだと怒られてばかりのようです。
    比較的穏やかな性格の息子もあまり怒られてばかりで、
    どうしたら良いかわからず困ってしまっているようです。

    主人も急に症状が悪化しているので心配して
    忙しい仕事の合間に、毎週兄の介護に行っているのですが
    あまり同じことばかり言われて、つい喧嘩のようになることもあります。
    病人相手にきついことを言わない方が良いのではと止めると
    こちらがギクシャクしてしまいます。
    皆それぞれ義兄のことを心配しているのにもかかわらず
    家族同士でも、つい言い合いになったりして
    どうすれば良いのかわからない状況です。

    このような認知症の症状の上手な対処法を教えていただければ幸いです。

    義兄の安全のためにも、入院できれば安心ではないかと
    家族で話しているのですが、認知症では入院は難しいのでしょうか?
    介護施設に申し込むにしても、義兄は国民年金だけしか収入がないようです。
    このような場合のアドバイスもいただければ助かります。
    よろしくお願いします。
    • すぬーぴーわん さん
      ヴェルディさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お兄様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに「レビー小体型認知症」載っています。(もう、見ていらっしゃるかも知れませんね。すみません)
      https://info.ninchisho.net/type/t20

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類」クリック→「レビー小体型認知症・・続きを読む」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)

      あと、コラムがあります。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_018
      「第18回 レビー小体型認知症を理解しよう」

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_019
      「第19回 レビー小体型認知症のケア(1)」

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_020
      「第20回 レビー小体型認知症のケア(2)」

      同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側に、コラムがたくさん出てきます。その第18回・第19回・第20回」クリック。参考にしてみて下さいね。

      「介護認定もまだ申請中で介護度が決まっていませんが、市の福祉課に相談して、我が家が行けない時はショートステイを利用させて頂いて」・・新規申請で認定の結果が出る前に結果を見通してサービスの利用を希望する場合は、担当地域の包括支援センターにご相談下さい。(認定の有効期間は、申請日まで遡ります)一昨年の暮れに、市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加し、その時の資料の中からの文になります。

      「認知症になった時の経済援助」・・このサイトに載っています。「認知症を知る」→「ケア・介護」→「認知症になった時の経済援助・・続きを読む」参考にして下さいね。

      ヴェルディさんと、お兄様と、ヴェルディさんのご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  5. サザエ さん
    先ほど、隣人の相談をしたサザエです。
    こちらはご家族の介護の相談ですね。
    すみません、隣人の方の認知症の疑いがある相談は受けてもらえないのかもしれませんね。
    外構の責任者の方が、話をして隣人の方は認知症じゃないかと言っていましたのでネットで検索し藁をもすがる思いで、このサイトに行きつきました。
    どこに相談したらよいかわからず、心の不安を書いています。
    家族も認知症がおらず、全くの無知な者ですが今後のためにもアドバイス頂けたらと思います。
    よくよく調べたらケア施設は地域包括センターでした。
    本来ならば家族の方が相談する施設なのかなと思いました。隣人の私が相談しに行っても動いてくださるのかわかりませんが、行ってみようかと思います。
    • すぬーぴーわん さん
      サザエさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。


      ご相談、読ませていただきました。近隣のかたのご相談でも、たぶん大丈夫だと思います。ここのサイト経営者のかたの意向だとは思いますが、今までもありましたし仕事仲間のかたの事や、仕事の上司のかたの事などを、ご相談される方もいらっしゃいましたから・・大丈夫だと思います。

      これと言って正しい回答ができるとは限らないですが・・その不安を話しするだけでも気持ち的には違うと思います。(解決しないのであれば、意味がないと思われてしまうかも知れませんね。すみません)

      サザエさんが、仰っているようにそこの地域包括支援センターにご相談してみるのも良いと思いますし・・隣駅にすんでいらっしゃる息子さんは、どういう考えでいるのでしょうか・・でも、そこまでそんなに面識あるかたではないのですから、やはり地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどに行き、そこから息子さんのほうに話してもらったほうが良いかも知れませんね。「その様に、して下さい」と言った方が良さそうですね。

      今まで、あれ?とおもわれたり、不安に感じた事をメモして(3枚くらいコピーした方が良いかも・・息子さんにも、読んでもらいたい・・言葉をちょっと考えて書かないといけなくなりますが)お話しされた方が良いと思います。

      引っ越しされてきたばかりなのに、大変ですが気持ちを強く持って下さいね。

      サザエさんと、そのかたにとっても、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  6. プッチ さん
    認知症の診断を受けた76才の母なんですが、まだ申請中で要支援なのか要介護なのかわかりません。
    この1週間で便失禁を2回しています。しかも凄い量なのです。
    母は全く気付かないようで、出しきってから気付いています。
    オムツを勧めたのですが、お漏らしはしたことないのに なんでオムツ掃かせるんだ‼️と怒ってしまいます。
    認知症で物忘れには耐えられるのですが
    便失禁は耐えがたくて、母は自分で片付けるようとするのですが、壁や床などに付けてしまって 私も掃除しますが
    臭いがきつく 気絶しそうなのです。
    デイサービスも見学行きましたが、顔が痙攣するほど嫌がり、結局利用していません。まだ少し正常な所が残っているせいか、施設の80才90才の高齢者とは一緒にいたくないって拒むのです。
    日中は母1人でお留守番なんですが、やはり火もつけっぱなしだし、水道も時々出しっぱなしにしています。
    このまま症状が進行したら日中1人でお留守番は危険ですよね?ペルパーさんにお願いすると全額自費と聞きました。ペルパーさんに1日5時間いてもらったら月の支払いがかなり高額になり我が家の生活もきつくなります。思いきって施設に入れたいのですが、母が嫌がるのでどうにもならない状況なのです。
    なんか症状の進行が早くなった気がします。人によるらしいのですが、早いとどれくらいでわからなくなるのてわしょうか?
    だれに相談したらいいのかわからなくて
    こちらで書かせていただきました。
    • すぬーぴーわん さん
      プッチさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、プッチさんの事も、心配です。

      介護認定を、現在は申請中なのですね。その場合でも、新規申請で認定の結果が出る前に結果を見通してサービスの利用を希望する事が出来ます。担当地域の包括支援センター(申請中のところ)に、ご相談して下さいね。(認定の有効期間は、申請日まで遡ります)一昨年の暮れに、市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加し、その時の資料の中からの文になります。ヘルパーさん利用する場合、全額自費にはならないと思いますが・・。

      「排泄ケアは、どうすればいいか」

      症状が重くなってくると自分でトイレに行って用をたすことができなくなります。介護する側にとって排泄ケアは大きな負担ですが、認知症の人にとっては排泄をまかせることは尊厳を奪われる思いのする辛いことです。

      ・・自分で用を足せる環境づくりを・・
      ・・失敗しても、見て見ぬふりを・・
      ・・リハパンにしても、トイレに行く習慣を大事に・・リハパンを使い始めても、トイレに連れて行く事は大事して下さい。トイレで用を足せるという事は、自尊心を保つうえでとても大きいことなのです。

      汚れた下着を隠す・・認知症の人の気持ち・・「粗相をして恥ずかしいから、下着をこっそり隠しておいたのに」・・

      理由・・失敗したのが恥ずかしくて、下着を隠したのです。自分が隠したことをすっかり忘れてしまう事もあります。・・

      対応・・こっそり片づける・・責めたり叱ったりすれば、相手の気持ちを傷つけ、プライドを粉々にしてしまいます。本人に気づかれないいうに、こっそりと片づけておきましょう。また失禁した原因を探すことも大事です。失禁したことを怒ると、また失禁するのではないかと心配で、頻繁にトイレに通う事にもなりがちなので、注意して下さい。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたの認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。そこからの文になります。何か、ちょっとでもヒントになる事を見つけてくれればと思いました。(「母は全く気付かないようで、出しきってから気付いています」との事なので、また、違うかも知れませんね。すみません)

      でもやはり、なかなか本のようにはいかなかったです。すみません。実の親子だとなおさら、感情の方が先に出てきてしまいます。

      このサイトにも載っています。ここは、相談するですが、同じ列の一番左の「認知症を知る」→「症状」→「弄便(ろうべん)」(ろう便では、ないのかもしれません・・)・「失禁と排尿障害」参考にしてみて下さいね。

      デイも最初は午前中だけとか、うちの母みたいに3時のおやつをめがけて行ってみたり・・だんだん時間を長くしていくように・・最初は一緒に体験したりしても・・もちろんケアマネさんやデイのスタッフさんに聞いてからになりますが。

      「認知症になった時の経済援助」・・このサイトに載っています。「認知症を知る」→「ケア・介護」→「認知症になった時の経済援助・・続きを読む」参考にして下さいね。

      「だれに相談したらいいのかわからなくて」・・介護認定を申請しているところ(地域包括支援センター)に、ご相談してみて下さい。相談に、のってくれるはずです。
  7. サザエ さん
    お隣の76歳の一人暮らしの女性の方の事でご相談です。
    先日引っ越してきたばかりなのですが、お隣の方に初めて挨拶に行った際に最初は普通に会話していたのですが話しの途中から毎日何か盗まれている、猫の糞を近所の方々が投げ入れている、私の居ない隙に誰か侵入して水やトイレットペーパーを盗んでいると言われました。そのときは話しを聞くだけで終わりました。
    その後二回我が家に他の用でピンポンで来て、その都度やはり、あの人が盗んでこんな事されてる眠れないと言われました。盗む人は名前が出てこず、団体又は組織めいた事を話していました。
    これだけならばまだ良かったのですが、今度は我が家の外構工事の方に工事の音が、その方の家の塀にヒビを入れたり、我が家の土地の地下を掘って相手の水道管から水を盗む工事をしてるのではないかと敷地に入り永遠と40分話されました。我が家の外構工事内容も事細かに把握したがり被害妄想を永遠と話されて怖くなりました。
    今も工事中なのですが気になる場所を掘って見せてくれないと納得出来ないと言ってます。
    話が始まると、すごい剣幕で話が止まらず、怖いし、家にいるのも怖くてとても困っています。

    息子さんが歯医者さんで隣駅に住んでるけど、被害は話せないと。警察に言っても証拠がないから無理だと言われたり相手にしてもらえないそうです。

    私も引越したばかりで近所の方に、どんな方かや聞くのも躊躇があり、区役所の福祉課の方に電話相談しました。対応してくれた方が若く入ったばかりなのかケア施設に相談したところ訪問ではなく様子みようとなったみたいです、と。何かあれば保健センターとケア施設に相談してくださいと電話番号を言われただけでした。今の話しだけでは動いてもらえないのでしょうか。
    私としては、その方の訪問してもらったり息子さんに現状を伝えて欲しいと思ったのですが、これ位では動いてもらえないのでしょうか?もっと酷い被害を被らないと何もケアしてもらえないのでしょうか?

    最終的にケア施設の方が訪問する事になるので、他に民生委員や地域包括センターに伝えても同じ事のように思えました。

    このまま、この方を放置しておくしかないのでしょうか?明らかに誰が話しても病気とわかります。病気の一人暮らしの女性を地域の方は様子を見るままにしておくのでしょうか。

    怖くて仕方ありません。
  8. マロニー さん
    75歳母について 老人ホーム入居後一ヵ月過ぎました
    介護1認定の母です。父を20年前に亡くしてから好きなように一人暮らし、会社経営しているので出勤も自分の好きな時間、夕方出社・朝に帰る。会社でもほとんど寝ている状態。昼間も起きたり寝たりの睡眠障害です。真っ暗な時間に外出しても昼か夜の判断ができない状況。食事はコンビニ。会社と自宅は社員を呼びつけ送り迎えさせるような感じでした。訪問介護のヘルパーさんもお手伝い扱い。
    短期記憶障害が飛びぬけて悪く、会社でボヤ騒ぎ。外出して転倒してもどこかわからず助けを求める(携帯は使える)転倒による骨折や気を失っていることも数度あり(顔面流血も)施設へ入れました。
    施設では「自殺する」と椅子で窓ガラスを割ろうとしたり、施設の電話を取り上げたり、大声出したり 困り果てて携帯電話を渡しました
    今は携帯があることで態度は落ち着いてますが電話をいろんな人に掛けているようで(たぶん1日50件以上)娘にだまされ入れられた。助けてくれというものらしい
    身体に不自由さはほとんどなく内科的にも元気で85歳平均の施設では話し相手もいないし暇なのはわかりますがこのままでいいのか考えてしまいます。
    一人だとまた昼夜めちゃくちゃな生活になるし、お風呂のお湯の出しっぱなしやコンロに火をつけたままは当たり前のようなんです。もちろん薬も飲めません。
    本人が望むのだから帰宅させ、好きなようにがそれで命を失おうと一番よい事のように思えます。
    昼間だけ自宅に戻す逆ディサービスみたいなことも考えていはいるのですが、100%正解もないし、やってみて周りの方を巻き込むような迷惑は掛けたくないし・・
    どうすればいいのか?これだけはしないほうがいいとかありますでしょうか?
    アドバイスお願いします
    • すぬーぴーわん さん
      マロニーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      お母様は、老人ホームに入居されているとの事ですが、特別養護老人ホーム(特養)ではないのですね(介護1認定という事なので)という事は、特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム)の方でしょうか。そこでは、だめなのでしょうか。年齢が合わないので、話し相手がいなくて暇で、携帯電話をかけまくっているという事なので、それでは良くないのではないか・・という事ですが、せっかく入所されたのですから、そこで少しでも楽しく過ごせるように、工夫をケアマネさんやスタッフさん達と話し合われてみてはどうでしょうか。無理なのでしょうか。

      何か、お母様に役割のようなものを割り当ててみては、だめでしょうか。

      「昼間だけ自宅に戻す逆ディサービスみたいなことも考えていはいるのですが」とありますが・・特別養護老人ホームなど施設で暮らす高齢者が、町の中の民家や集会所などに出かけていって、施設とは違う家庭的な雰囲気の中で過ごすことを「逆デイサービス」と言うそうです。本当のご自分の家に昼間だけ戻るという事ではないようなのですが、マロニーさんがおっしゃっている逆デイサービスとは、このことでよろしいでしょうか。

      例があったので、載せておきますね。車でなん分もかからない所にある職員さんの自宅に、お昼過ぎに出かけ、その日の「おやつ」を自分たちで作って、お茶やコーヒーと一緒に味わい、午後5時ぐらいには帰ります。月2回行われています。クリスマスの時はケーキ、寒い時はすいとんやぜんざい、ひな祭りが近いと「雛寿司」、といった感じで、その季節に合った「おやつ」を作ります。3月9日は、お彼岸が近いので「おはぎ」を作りました。

      この日職員3人に付き添われて参加したのは男性3人、女性4人。エプロンをつけ、ボランティアの女性に教わりながら、もち米を潰したり、丸めたり、あんこやきな粉をつけたり。作るそばから「つまみ食い」をする方も中にはいて、皆さん「作る」方も「食べる」方も楽しんでいました。

      「喫茶コーナー」を作ったり、「ライブコンサート」を開くなど、施設「だけ」ではできない、新しいことをこれまで試みてきました。と、書かれていました。

      また別ですが、老人ホームではなく、グループホームはどうでしょうか。ここのサイトに、施設の事も載っています。(役割を持ち、出来る事を行って、症状の進行を緩やかに)
      https://info.ninchisho.net/facility/f30

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「介護施設・サービス」クリック→「認知症対応型共同生活介護・・続きを読む」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみてくださいね。

      マロニーさんが、欲している事と違うかも知れませんね。何かちょっとでもヒントになるような事が見つかってくれると良いなーと思います。

      マロニーさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  9. テンサウザン さん
     こんにちは。何度も投稿させていただいています。母の介護で肉体的・精神的に限界だった時、つらい思いをしていた時にこの掲示板上で何人もの方々に具体的なアドバイス、温かい励ましをいただいて感謝しております。今は母を老健に入所させ、ひと息ついておりますが、介護はこれで終わりではありませんので、次なる事態を予期して気を引き締めなければ、と思うにつけても、この掲示板の回答者様方のコメントばかりでなく、今現在悩み苦しんでいらっしゃる方々の投稿に目を奪われて考え込んでしまいます。
     認知症の介護というものはその当人と直接関わる家族ばかりでなく、日ごろは特に問題もなく交流していた、あるいは殆ど交流のなかった家族親戚その配偶者をも巻き込んでしまう大問題であり、容易なことでは答えが見つからないということ。それなのに、認知症の当人及び直接関わる人々にとっては今すぐにでも「どうにかしてほしい。どうにもならないと、人間として生きていけない、生存できない」という緊急な事態に即刻つながってしまうということ。
     ここ3年間の私自身の経験と、皆様の投稿を読ませていただいて今現在の時点で理解できたことを整理すると以上のようになりました。

     そこでこの掲示板の管理をなさっている方に(お一人なのか複数なのかも存じ上げませんが)提案があります。

     掲示板の冒頭にあるような「専門家に相談する」掲示板と、介護に関しての「家族会または認知症サポーター」のような掲示板に分けることはできませんか?
     
     今すぐに「どうしたらいいでしょうか?」という叫びを投稿なさっているものを読むと、私のように今ひと息ついている者はちょっと遠慮しなくてはいけないかな、と、投稿数の物凄さを見るにつけて感じてしまうのです。
     その一方、(私もそうでしたが)大きな戦いを通り抜けて今、その経験を振り返って感想を述べたり反省をなさっている投稿者の文章に、共感したり、励まされたり、批判したりすることで精神的に癒されるという現実もあります。自分が他の人のアドバイスをすることで、頭を整理したり自らを省みることにもなることも、多くの投稿者の方が認めていらっしゃることです。
     もうひとつ、「家族会」のようなピアカウンセリングの場では言いにくいこともあります。それは、病院及び介護施設の現状への批判や苦情です。この掲示板でも最近多くなってきましたが、特にひどいのは一般病院に認知症患者が入院した(せざるを得なかった)場合です。こういう掲示板の性格上、現実的な問題提起や対策要求にはつながりにくいのではないでしょうか?
     文章を書いているうちに、「掲示板を分割する」などということでは解決しない問題のようにも思えてきました。皆様のご意見を伺いたく思います。

    …テンサウザンより
    • うひょ さん
      すぐに返事(意見、参考)が来る掲示板が欲しいなとは思いますが…ん~
      このサイトは返事が早い方だとおもうし…
  10. まつを さん
    認知症の母と二人暮らし
    • すぬーぴーわん さん
      まつをさん、こんにちは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご投稿、見させていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、まつをさんの事も心配です。

      「認知症の母と二人暮らし」このお言葉だけが、投稿されているという事は、何か行き詰っているような感じがしてなりません。他の言葉を書く気力さえ振るい立たせるのがたいへんなのではないか・・それとも、ここで急に用事ができてしまって、またあとでと思われていたのか・・と、いろいろ考えてしまいました。

      ここに、投稿されるかたはいろんな立場や境遇や生い立ちや、それぞれ一人一人違うと思いますし・・でも、根っこの部分は同じなのかも知れません。

      まつをさんだけが、介護を背負う必要はないので、地域包括支援センターへご相談に行かれて下さいね。介護認定を受け、介護サービスを多いにに利用して下さいね。

      まつをさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る