認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

4750件の書き込み

  1. 寧々 さん
    母の母(祖母)は70歳で認知症になりました。
    母も自分も70歳ぐらいで認知症になるのではないかと思っています。
    だから、70歳までに、頭がしっかりしている間に
    やっておきたいことをやっておきたいそうです。
    現在の母の年齢は61歳です。
    私は、一人暮らしで結婚はしてませんし、多分、このまま独身だと思います。
    父は他界してますので、
    母が認知症になった時に、独りで家に置いていけないし、
    仕事を持ってる自分としては、母が認知症になった時、
    付きっきりで介護もできなくて、途方に暮れてしまいます。
    • すぬーぴーわん さん
      寧々さん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      「母の母(祖母)は70歳で認知症になりました。母も自分も70歳ぐらいで認知症になるのではないかと思っています」・・そうとは、限らないと思います。そうやって、思って、悩んで、途方に暮れていても何も良いことは起きないと思いますし・・なんか、もったいない?っと思ってしまいます。お母様は「頭がしっかりしている間にやっておきたいことをやっておきたいそうです」これが功を奏して、予防になっていくつまでも大丈夫かも知れませんね。

      認知症の予防が、とても有効であることがどんどんわかってきたのです。おばあ様が認知症になったからといって、お母様が、そして次は自分が認知症になるかも・・と、途方に暮れるより、認知症予防を心がけながら前向きに生きっていった方が間違いなく認知症を予防すると思うのです。

      食生活に気をつけ、毎日のウォーキングを30分くらい続けるほうが、あれこれ悩み途方にくれるよりは、はるかに健康的に年を取ることができます。発症予防のためには、生活習慣を見直す・・バランスの良い食事を心がける。EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、認知機能を改善すると言われ、それらを多く含む魚を積極的にメニューに取り入れる。特に青魚はおすすめ。からだを動かし、活動的な毎日を送る。

      母が認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えになります。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      「母が認知症になった時に、独りで家に置いていけないし、仕事を持ってる自分としては、母が認知症になった時、付きっきりで介護もできなくて」とありますが、介護保険をおさめているのですから、介護サービスを思いっきり使いましょう。

      介護サービスは、デイやショートステイなど、ご本人さんがいろんな方と接する事は脳に刺激を与えて、進行を遅らせるのに役立つとの事です。また介護者の負担軽減を、目的にもしています。

      ここのサイトに「予防」が載っています。
      https://info.ninchisho.net/prevent

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「予防」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      あと、コラムもあります。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_003
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_004

      同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「第3回 物忘れが心配、認知症を予防するには・・・(その1)」
         「第4回 認知症を予防するには(その2)生活習慣の改善から」
      とても、参考になると思います。もし、良かったら読んでみて下さいね。

      寧々さんと、お母様にとって、有意義な生活がおくれますよう願っています。
    • オカユ さん
      寧々さん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      回答者のすぬーぴーわんさんとコメントが被ってしまいますが、私もお祖母様が認知症になったからといって、お母様までもが同じ70歳で認知症になるとは限らないと思いますよ。

      もちろん未来は誰にも分かりません。いまや65歳以上の方の4人に1人は認知症或いは軽度認知障害と言われていますから、誰にとっても身近な病気だと思います。

      寧々さんの不安を軽減させるためには、認知症に対する正しい知識が必要だと思います。

      認知症予防が効果的であること。
      早期発見し治療開始したり、適したサービスを受けることでその進行を遅らせることが期待できること。
      自宅でも出来る対応や効果的な声かけにはどんなものがあるのか、等々。

      いざという時はどこに相談すれば良いのか、どんなサービスがあるのか、それを知っているだけでも「付きっきりの介護」以外の道が見えてくると思いますよ。
  2. さくら さん
    教えて欲しいです!

    現在デイサービスを利用させてもらってるのですが
    朝迎え施設利用して昼過ぎに帰宅を基本毎日なのですが
    利用時間を夕方お迎え泊で朝自宅に帰宅毎日を
    変えて利用することは可能なんでしょうか。教えて頂きたいです。
    • すぬーぴーわん さん
      さくらさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご質問、読ませていただきました。

      「現在デイサービスを利用させてもらってる」・・デイサービスは通所介護ですので、朝9時頃から夕方4時(もしくは5時)くらいまでになるのが、デイサービス(通所)になると思うのですが。

      デイサービスで、夕方から翌朝までという事なんですよね・・つまり、お泊りだけするという事になるのでしょうか。ショートステイでは、だめなんでしょうか。

      ここのサイトに「介護施設・サービスの種類」が載っています。
      https://info.ninchisho.net/facility

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「介護施設・サービス」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)もし、良かったらご覧になってみて下さいね。

      担当のケアマネさんは、ついていないでしょうか。(もし、ついていないのであれば、地域包括支援センターに、お聞きになって良いと思います)

      さくらさんの欲しい情報から、かけ離れていたらすみません・・。

      さくらさんと、そのかたにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      さくらさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      最近は夜遅くまで対応してくれるデイサービスも増えていると聞きますが、「夕方お迎え(泊)、翌朝帰宅」がご希望なのですね。

      現在ご利用中のデイサービスやケアマネジャーに確認された方が確実かと思いますが…
      「お泊まりデイサービス」として、デイサービスを利用してそのままお泊まりをする(翌日もデイサービス利用…ですので、夕方行って翌朝帰るとは異なりますが)、というサービスを行っている事業所もありますが、お泊まりは介護保険外のサービスになりますので、全額自己負担だと思います。
      ご利用の際は料金もしっかり確認された方が良いと思います。

      お泊まりのサービスを利用したいということは、夜間の介護が大変だったり、夜間にご家族が不在等の事情がおありだと思います。
      デイサービスに拘らず、ショートステイ(介護保険サービス)を利用するという方法もあるかと思いますので、ケアマネジャーに相談してみてくださいね。
  3. みどり さん
    はじめまして。両親ともに、認知症だと思われます。どちらもプライドが高く、少しでもバカだと思われるのを嫌います。私もそんな両親に育てられていたので、痛いほど気持ちがわかりますが。
    いい加減に、受診しないと、認知症が進んで、手がつけられないことが心配です。
    どうやって、病院に連れていけばいいでしょうか?
    • ナツコ さん
      みどりさん、こんにちは。
      母の介護を体験したナツコと申します。
      看護師です。

      ご両親共に認知症と思われるとのこと。心配ですね。
      今まで何かご病気はお持ちではなかったということですよね。
      みどりさんが「病院に行こう」とお話されても、ご心配のように病院に行くとは思えません。

      ご両親がお住まいの地域包括支援センターに相談しましょう。
      地域における情報が集まっているので、良い方法を見出してくれる場合もあります。

      ご参考にして頂ければ幸いです。
    • すぬーぴーわん さん
      みどりさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事、お母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに、コラムが載っています。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_007

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「第7回 認知症患者が受診を拒む-病院へ連れて行くには」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      こんな先生に、出会えたらいいですね。

      うちの母の場合ですが、実母と私はあまり良好な関係ではなく、私の言う事を素直に聞くような人ではありませんでした。だから私は、東京にいる私の姉に頼みました。姉は母のお気に入りですから。姉は「お母さん、○○(私)も、私(姉の事)もお母さんの事が心配なの、お母さんには健康で長生きして欲しいから、なんでもなかったら、安心なんだし」と電話で言って促してもらいました。母は、みんなが私の事を心配してくれているとわかって、翌日私と脳神経外科に受診してくれました。

      「健康の秘訣は、元気なうちから病院に行って定期的に検査をしておくことですって。近所の○○さんもそうしているらしいから、一度検診に行ってみましょうよ」とか「市から、検診を受けて下さいと連絡があったから、天気のいい日に散歩がてら病院に行ってみましょうか」とか・・無理でしょうか。

      理屈攻めで説得するのではなく、まず家族が心配していることを伝える。病気を早く見つけて治すには受診が大切。病院に行く事を前向きに考えられるように話す。

      母が認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えになります。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談してみて下さい。

      「認知症の人と家族の会」というのも、参加してみるのも良いかも知れません。いろんな情報が、手に入ると思います。私も、同じ立場の人と話がしたくて(実の母親の介護をしている)参加しました。20人ほど参加者がいて、17人が姑さんや舅さんの介護、2人が奥さんの介護、1人だけ実の母親の介護をしている人がいました。終った時に連絡先を聞こうと思っていたら、相手のかたの方から来てくれて、同じ事を思っていたのです。

      みどりさんと、お父様、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  4. あずき さん
    私の母(78歳)はアルツハイマー型認知症と診断され丸6年になります。
    この間、市の大腸がん検査を受けたところ、陽性になり精密検査をして下さいと通知が届きました。大腸内視鏡検査で必要な2リットルの下剤を母は飲めません。(意味がわからないので、飲んでくれないでしょう。)
    ネット検索で、胃内視鏡的洗腸液注入法という検査を知りました。(先に胃の内視鏡検査をして、そこから直接腸に下剤を入れる)
    ただ、この検査方法をしてくれる病院が、私の住んでるところにありません。
    総合病院に事情を話して、頼めば検査してくれるのでしようか?
    • すぬーぴーわん さん
      あずきさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      総合病院に、ダメもとで、ご事情を話されてご相談してみたら良いと思います。(医院長の考え方もあるかも知れません)もし、だめだとしても、している近くの病院を紹介してもらえるのではないでしょうか。ネットで検索すると、結構たくさんしている病院が出てきますが・・。

      こんな事しか、お答えできなくて・・すみません。また、あずきさんが欲しいと思っていることと違っていてすみません。

      「アルツハイマー型認知症と診断され丸6年になります」・・介護認定は受けられていますでしょうか。お母様担当のケアマネさんは、いますか。もしかしたら、ケアマネさんが何か情報を持っているかも知れません。

      あずきさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • ナツコ さん
      あずきさん、こんにちは。
      母の介護を体験したナツコと申します。
      看護師です。

      お母様の大腸がん検診の結果が陽性だったとのこと。
      ご心配ですよね。
      現在かかりつけ医が、その総合病院なのでしょうか。
      まずは、かかりつけ医に精密検査が必要になったことをお伝えしてみましょう。
      かかりつけ医からお母様の状態に合った消化器科に紹介して頂けるかもしれません。

      また、すぬーぴーわんさんもアドバイスされていらっしゃいましたが、ケアマネジャーに相談してみてはいかがでしょうか。

      お母様が少しでも苦痛を最小限にして検査が受けられますように。
      ご参考にして頂けたら幸いです。
    • うひょ さん
      私の母は腸のポリープ切除のために3日間入院しました。水を飲み干しトイレ。丸一日かかるしそのあとの食事管理も難しい。
      本人が理解してないなら、付き添うしかないと思います…
      私は3日ずっと付き添っていました…
      母の『なぜ?』にずっと答えて、娘がいる安心感があった方がいいだろうと医者の判断もありました…
      付き添いokの病院の紹介状を書いて頂けるならもらった方が良いのですが…無理なのでしょうか?
  5. つる さん
    義母なのですが、5分の間に同じ事を3回ゆうこともありますし、ご飯を食べたのに一時間後にはご飯いい加減食べないと!って怒りながらゆう事もあります。

    綺麗好きだったお母さんなんですが、掃除をしなくなりました。ホコリがあるから掃除するねっと言ったら掃除もしてないのに、昨日したからいい!って言われますし、すぐ怒るようになり家族皆んな振り回されて娘なんかは人間不信になってます
    • すぬーぴーわん さん
      つるさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お義母様の事、ご心配ですね。そして、ご家族様の事も、心配です。

      介護する家族の心の4つのステージがあります。

      ①とまどいとパニック・・家族が認知症という現実に、何も考える事ができなくなり、パニック状態になります。認知症だと認める事は、家族の人格を否定するように感じられ、なかなか人に相談することもできません。ショックがおさまると、家族と自分がなんでこんな目に合わなければいけないのかと、やり場のない怒りがわいてきがちです。

      ②混乱、怒り、拒絶・・もっともつらい時期です。どう対応していいかわからず、混乱状態になります。毎日の介護の苦労で疲労もたまり、ささいな事で腹を立てたり、叱ったりしがちです。認知症の家族がわざと自分への嫌がらせをしているように感じられ、怒りに発作に襲われたり、気持ちが暗く沈みがちになり今の状態がいつまで続くのかと絶望的な気持ちになります。

      ③割り切り・・イライラしたり、怒ったり、悩んだりしても何も解決しないことがわかってきます。現実をだんだん割り切って考える事が出来るようになります。ただし、認知症が進行して介護が大変になると、②に戻る事になりかねません。

      ④受容・・認知症という病気が理解できるようになり、認知症になった家族をあるがままに受け入れられるようになります。悲観や苦しみを乗り越え、認知症になった家族とともに生きていく力が湧いてきます。生きることや人生について、さまざまな発見があります。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護についての本をいろいろ買って読みました。その本の文や考えを、何かちょっとでもヒントになればいいなーと思っています。

      でもやはり、なかなか本のようにはうまくいきませんでした。私は①と②を行ったりきたりばっかりしていました。苦しかったです。

      ここのサイトに、認知症の事が詳しく載っています。
      https://info.ninchisho.net/dem_know

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類・症状・・」ご覧になってみて下さいね。

      「娘なんかは人間不信に」・・娘さんは、おいくつでしょうか。お歳がわからないので一概には言えませんが・・優しく穏やかなお気持ちで、説明されてみてはどうでしょう。娘さんにとっては・・上手く言えませんが、心の勉強?になるかもしれません。変な言い方になって、もしかしたら失礼な事を言っているかも知れません。そうしたら、お許しくださいね。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談してみて下さいね。

      つるさんと、お義母様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  6. とっぴー さん
    先日 こちらで 実家の母が軽度認知症と診断された相談を致しました。
    今日は 病院から処方された薬の相談です。
    母は 非結核菌と言う 肺の病気があり 以前 市販の薬を飲んだ所 間質性肺炎になってしまい とても 怖い思いをしました。
    レミニールod8mg を処方され 先生に(肺の病気がありますが 大丈夫でしょうか?)と質問したら(大丈夫でしょう)との事。
    副作用としては 腎臓 肝臓に負担がかかるので 一ヵ月後 血液検査をするとの事でした。母も 飲む事に不安がある。と言うのですが 心配です...
    • ナツコ さん
      とっぴーさん、こんにちは。
      母の介護を5年間体験したナツコと申します。
      看護師です。

      お母様の治療薬の件、拝見しました。
      現在、内服はされていらっしゃらないのでしょうか。
      以前の体験から薬を服用することに対して抵抗があるようですね。

      薬は、医師の診察・診断のもとに処方された治療です。
      不安であれば、医師にもう一度納得できるように説明をしてもらう、もしくは安心できる治療法に変更してもらいましょう。

      安心して治療を受けることは、患者の権利です。
      お母様が、納得し、安心してレミニールの内服や他の治療を受けることができれば、認知症症状の進行の抑制の効果が得られるのではないでしょうか。

      ご参考にして頂ければ幸いです。
    • とっぴー さん
      ナツコさん ありがとうございます。
      母は 今日から 薬を飲み始めたようです。
      少しでも 変化があれば 直ぐに 病院へ行くと言ってくれたので 少しだけ
      安心しました。
      薬の副作用がない事を願いたいです。
    • すぬーぴーわん さん
      とっぴーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんです。前回も、投稿させていただきました。そして、遅くなってしまいすみません。

      前回も薬を処方されたと書かれていましたが、その時はお母様はすぐには飲まれなかったのでしょうか。

      うちの母は、アリセプトを処方されて3mg2週間、副作用がなければ5mgで2週間、副作用がなければ同じく5mgで1ヶ月、副作用がなければ同じく5mgで2ヶ月、それからはずっと5mgで2ヶ月間に1回受診しました。1年に1回MRIで診てもらいました。

      何年かその感じでしていて、ケアマネさんとの1ヶ月1回の話し合いの時に、母もだいぶ進んでいて薬の話しになり、ケアマネさんに「10mgじゃないんですね」と少し不思議がられて、次の受診の時に脳神経外科の先生に私は聞いてみました。そうしましたら「10mgだともしかしたら副作用が出るかも知れないので、このままでいきましょう」と言われ、母は亡くなるまで5mgでした。

      きっととっぴーさんの先生も、そのように副作用の有無を確認しながら量を多くしていったり、期間も長くしていくようにするのではないのかなと思います。

      ここのサイトに「薬・・レミニール」の事が載っています。
      https://info.ninchisho.net/medicine/m30

      ここは「相談する」ですが(前回も書きましたが)、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「薬」クリック→「レミニール・・続きを読む」クリック。もし、良かったらご覧になってみて下さいね。

      薬の副作用がないことを願っています。
    • とっぴー さん
      すぬーぴーわん 詳しく教えていただき 本当にありがとうございました。
      最初にいただいた薬は 飲んで 副作用がなかったのですが 新しく出してもらった
      薬が 副作用がある可能性がある。と言われ 不安になり 再度 こちらで相談させて
      いただきました。薬 レミニール 早速 調べてみます。
    • すぬーぴーわん さん
      とっぴーさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。早速のお返事、ありがとうございます。

      「最初にいただいた薬は 飲んで 副作用がなかったのですが 新しく出してもらった
      薬が 副作用がある可能性がある。と言われ」・・最初に出していただいた薬は、レミニールではなかったという事なのですね。

      お母様は、お一人で暮らしていらっしゃるのでしょうか。受診の時は、どなたか一緒に行かれるかたはいらっしゃいますか。

      前回「家族ができる認知症の進行を少しでも遅くする方法」を載せましたが、何かちょっとでもヒントにしてもらえればといいなー思っています。

      とっぴーさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。
  7. ユリヤ さん
    祖母のことについてです。

    祖母は昔から頑固で自分が正しいと言い張り折れるような人ではありません。
    また娘(自分の母)に対して、見下したような発言「~してやった」が喧嘩になると出る人です。

    祖母は66歳で糖尿病を患ってます。
    数年前からなのですが、
    些細なことや自分の思い通りにならな ったりするとすぐに怒ることが多くなりました。ひどい時には暴言、物を投げまくるなど暴力行為に近いことも増えてきました。

    日常から何度も同じことを言ったりもしますが、
    それが性格の悪化なのか、認知症や精神疾患によるものなのか分からず、
    家族はずっと困ってる状態です。

    しっかりはしてるので、病院に連れていくことは無理です。
    なにか、病気の疑いだったり解決する方法などあるのでしょうか?

    祖母が死ぬまでこんな状態が続くのは正直キツいです。

    性格だと思って割り切ることが出来ません。
    • すぬーぴーわん さん
      ユリヤさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖母様の事、ご心配ですね。

      お祖母様は「糖尿病を患って」とありますが、かかりつけの主治医がいらっしゃるのであれば、その先生からお祖母様に促してもらったらどうでしょう。最初、ユリヤさんが少したいへんですが、かかりつけのところにお一人で行き、先生にお祖母様の今の状況を話されてみてはどうでしょう。(日常生活の中であれ?と思われることをメモして行かれると話し易いと思います)

      先生からは「認知症」という言葉はあまり使わないようにしてもらい、専門の病院(うちの母は、脳神経外科に受診しMRIで診てもらい、アルツハイマー型認知症と診断されました。)へ。MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)で診てもらった方が良いようです。

      うちの母の場合ですが、実母と私はあまり良好な関係ではなく、私の言う事を素直に聞くような人ではありませんでした。だから私は、東京にいる私の姉に頼みました。姉は母のお気に入りですから。姉は「お母さん、○○(私)も、私(姉の事)もお母さんの事が心配なの、お母さんには健康で長生きして欲しいから、なんでもなかったら、安心なんだし」と電話で言って促してもらいました。母は、みんなが私の事を心配してくれているとわかって、翌日私と脳神経外科に受診してくれました。

      「健康の秘訣は、元気なうちから病院に行って定期的に検査をしておくことですって。近所の○○さんもそうしているらしいから、一度検診に行ってみましょうよ」とか「市から、検診を受けて下さいと連絡があったから、天気のいい日に散歩がてら病院に行ってみましょうか」とか・・無理でしょうか。

      理屈攻めで説得するのではなく、まず家族が心配していることを伝える。病気を早く見つけて治すには受診が大切。病院に行く事を前向きに考えられるように話す。

      母が認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えになります。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      ここのサイトに、認知症の事が詳しく載っています。
      https://info.ninchisho.net/dem_know

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「基礎知識・種類・症状・・」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)もし良かったら、ご覧になってみて下さい。

      コラムも、大変参考になります。
      https://info.ninchisho.net/authors/yukimichi-imai

      同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→コラムがいろいろ載っています。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなども、ご相談してみて下さいね。

      ユリヤさんと、お祖母様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  8. 名無し さん
    うちには70代の祖母がいます。認知症です。

    私はその孫なんですが、日常的に何かあるとすぐキレたり、それを根に持って一日中独り言を言っていることが多々あるのですが、私もそれに対抗してごく稀に叩いたり蹴ったりしてしまいます。
    酷い時は外に1時間以上追い出したりしました。

    祖父もいるのですが、ギャンブル依存症でそれどころじゃないという態度を取ってきます。

    親戚にもこの事は知られているけど、「しょうがない事だよ」という安易な一言で片付けられます。

    私自身もちろん暴力した後は我に返って涙を流しながら謝っているのですが、そろそろこの苦痛の日々を終わらせたいです。
    • すぬーぴーわん さん
      名無しさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖母様の事、ご心配ですね。そして、名無しさんの事も大変心配です。

      名無しさんのお気持ち、よくわかります。私も今だから言えるけれど・・何回かは人には言えないことを、実母にしたことがあります。よく、思い出します。最後亡くなる年の冬、こたつにいた母のほっぺたをよくはたいていました。

       また違うとき、何かで母と喧嘩になり、母が私の胸を押して私は痛くて、今度は私が母を押しました。そんなに強くおしてないのに、母は弱くなっていたのでしょう。倒れて肘にすり傷と打ち身を作ってしまいました。

       あと、もちろん本気ではないけれど2回・・・したこともありました。ここには、載せれません・・。苦しかったです。自分を育ててくれた母親が認知症・・ショックでした。話せば思い出してくれる、説明すればわかってくれる、そんな気持ちで接していたから、些細な事もエスカレートして、大喧嘩に・・旦那には「お、うちには気違いが2人いる、うるさーい」と言われてしまったり・・

      母は5分もしないうちに喧嘩した事も忘れてしまい、私は母に言われた酷い言葉を頭にも心にもはっきりと覚えているのに・・夜、酷い事をしてしまったと自己嫌悪に陥る・・涙が出てくる・・毎日毎日その繰り返し・・なんで私ばっかり・・とよく思っていました。

      私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました・・その中に書かれていたと思うのですが「介護とは、親が命がけでする最後の子育て」・・重い言葉だなと・・

      名無しさんのお母様やお父様は、どのようにおもっていらっしゃるのでしょうか。(失礼な言い方になっていましたら、すみません)

      うちの話しばかりしていまい、また、私は子ですが、名無しさんはお孫さんという事なので、また、ちょっと違うかも知れません。

      私は介護サービスのデイやショートステイを利用しました。その時に、ストレス発散に時間を費やしました。ヒトカラ(大きな声で歌うって意外に発散できるんです。涙も出てきますが・・)や長年の友達とランチしながら愚痴ったり、ケアマネさんに愚痴ったり、ネットのサイトに愚痴ったりしました。随分、救われました。それがあったから、きっとバカな事をするところまではいかなかったのだと思っています。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談して下さいね。

      名無しさんと、お祖母様、お祖父様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  9. のん さん
    久喜すずのき病院の認知症疾患医療センターへの入院治療を考えています。ケアマネから情報をもらったのですが、詳細をケアマネさんも知らなくて。 どんな病院なのか?知ってる方はいらっしゃいますか?
    • すぬーぴーわん さん
      のんさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご質問、読ませていただきました。

      「久喜すずのき病院の認知症疾患医療センター」で、検索してみると良いと思います。相談受付の電話番号や活動ブログもに載っています。(ここに、載せて良いかわからないので・・すみません)

      電話をかけて、パンフレットなど送ってもらったらどうでしょう。それか、ケアマネさんから取り寄せてもらうか・・

      もし近いのであれば、見学に行かれたり、話しを聞きに行ったり・・は、無理ですか。

      こんな、お返事しかできなくてごめんなさい。

      のんさんにとって、情報が入りますように祈っています。
  10. ネコ さん
    母の物忘れがひどくなり、情緒不安定になりがちで、食欲もないようでしっかり食事をとっていません。そんな姿を心配していた父も、持病が悪化してステロイドやインスリン治療を始めてから、記憶や言動が曖昧で話をしていてもよくわからないことが増えてきました。2人ともこんな状態なので話が噛み合わず、毎日喧嘩ばかりで互いにストレスがたまっているようです。なんとかしたいのですが、何からどのようにしたらいいのかわかりません。父も母もまだ60代です。
    • すぬーぴーわん さん
      ネコさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様やお母様の事がご心配ですね。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談すると良いと思います。

      ここのサイトに、認知症の事が詳しく載っています。
      https://info.ninchisho.net/dem_know

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「基礎知識・種類・症状・・など」いろいろあります。

      同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→ネコさんが、一番知りたいところをご覧になってみて下さいね。

      介護する家族の心の4つのステージがあります。

      ①とまどいとパニック・・家族が認知症という現実に、何も考える事ができなくなり、パニック状態になります。認知症だと認める事は、家族の人格を否定するように感じられ、なかなか人に相談することもできません。ショックがおさまると、家族と自分がなんでこんな目に合わなければいけないのかと、やり場のない怒りがわいてきがちです。

      ②混乱、怒り、拒絶・・もっともつらい時期です。どう対応していいかわからず、混乱状態になります。毎日の介護の苦労で疲労もたまり、ささいな事で腹を立てたり、叱ったりしがちです。認知症の家族がわざと自分への嫌がらせをしているように感じられ、怒りに発作に襲われたり、気持ちが暗く沈みがちになり今の状態がいつまで続くのかと絶望的な気持ちになります。

      ③割り切り・・イライラしたり、怒ったり、悩んだりしても何も解決しないことがわかってきます。現実をだんだん割り切って考える事が出来るようになります。ただし、認知症が進行して介護が大変になると、②に戻る事になりかねません。

      ④受容・・認知症という病気が理解できるようになり、認知症になった家族をあるがままに受け入れられるようになります。悲観や苦しみを乗り越え、認知症になった家族とともに生きていく力が湧いてきます。生きることや人生について、さまざまな発見があります。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護についての本をいろいろ買って読みました。その本の中の文や考えです。ほんのちょっとでも、何かヒントになってくれればいいなーと思いました。

      でもやはり、なかなか本のようにはうまくいきませんでした。私は①と②を行ったりきたりばっかりしていました。苦しかったです。

      ネコさんと、お父様、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • ネコ さん
      すぬーぴーわん 様
      返信ありがとうございました。
      どうしたら良いのかわからず、正直途方に暮れていた中、誰かに聴いてもらえた、そしてアドバイスや励ましをいただけた、もう感謝しかないです。本当に心が救われました。
      さっそく相談窓口に行ってみます。
      そして、病気や介護のことをもっとよく知ろうと思います。
      ありがとうございました。
    • すぬーぴーわん さん
      ネコさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。早速のお返事、ありがとうございます。

      「本当に心が救われました」・・こちらこそ、ありがとうございます。介護真っ最中の時は、いろんな選択があり、それを本人の代わりに私が決めなければいけないときが何回も出くわして・・矛盾を感じながらも、決定しなくてはいけない・・その時はそれがbestだと思ってやってきていました・・。でも、今は・・考えてしまいます。結論は出ません。いつか、母にあった時に聞いてみようかななんて思ったりして・・私の方こそ、投稿する事で救われているように感じています。

      「誰かに聴いてもらえた」・・とても、大事なんです。何も現実的には解決していないのですが・・話したり聞いてもらうと、少しは前向きに考えられるようになる、その少しの前向きにと思う気持ちが、何かいろんなことを良い方に行かせてくれる、それをちょっとずつちょっとずつ重ねていって欲しいのです。(私は、母がデイやショートステイを利用している時に、ストレス発散に時間を費やしました。ヒトカラしたり、大きい声を出すことは意外に発散します。涙も出ますが。長年の友達にランチしながら愚痴ったり、ケアマネさんにも愚痴ったり、ネットのサイトに愚痴ったり・・)

      なんか、すみません。自分の気持ちをたくさん書いてしまいました。

      「もう感謝しかないです」もったいない言葉です。ありがとうございます。

      ネコさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る