認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

4062件の書き込み

  1. テリー さん
    介護認定で要支援1と認定された母についてです。
    年始から記憶の低下が進んだのか50年も父と母と娘の私と3人暮らしてきたのに私のことがわからなくなる時が一日に何回かあります。
    そんな時には私のことを忘れるので父が若い女を連れてきたと思い込んで2人でイチャイチャしなさい、私は家を出ると言って怒って出て行こうとして止めるのに1時間近くかかり困っています。私が家を出るしかないのか、それとも施設入居しかないのか悩んでいます。できればこのまま一緒に暮らしたいです。良い方法はないでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      テリーさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      要支援1ですと(失礼な言い方になっていましたら、すみません)、お母様担当のケアマネさんはまだついていないと思うので、地域包括支援センターに利用できる介護サービスの事を聞いてみたらどうでしょう。介護予防通所リハビリテーション(デイケア)、ショートステイ(介護予防短期入所生活介護・介護予防短期入所療養介護)・・などがあります。

      介護サービスを利用して、お母様がお父様の事で悩まないで良いように(なんか、たとえ方が変で、ごめんなさい)違う事に気持ちが少しでもいくようにしたらどうでしょう。

      「介護認定で要支援1と認定」とありますが、いつ認定されたのでしょうか。その時は、テリーさんの事を、お父様が連れてきた若い女というふうになるときはあったのでしょうか。「有効期限中に、要介護状態区分が現状に見合わなくなった場合には、変更申請ができます」・・一昨年、市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加し、その時に頂いた資料からになります。

      ここのサイトに、コラムが載っています。「認知症の人の対応~あなた、だれ?~」
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_059

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「第59回」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。(ちょっと、立場は違うかも知れません。ここから、何かヒントになるものを見つけられると良いのですが・・)

      あまり良い案も、浮かばなくてすみません。

      テリーさんと、お母様、お父様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  2. ごまみそ さん
    同居している義母についてです。昨年私の息子が新車を購入しました。息子は別居しており2月に1度くらい帰省します。新車を購入してから、何回目かの帰省の際、○○は、車を買い替えたのか、と聞いてきました。もちろん同じ車なのですが、義母は息子の車はもっと大きくてピカピカしていたと言うのです。
    何回か同じ車だと話し、しぶしぶ納得したようでした。
    また、昨年暮れから、夜家の周りに不審者がいると言い始めました。昼間は一人で家にいるのですが、裏口の戸を開けて閉めた人がいたとか大きな声で何か話している人がいたとも言っています。もしかしたら、事実で本当に不審者がいるのかもしれませんが・・半信半疑です。
    それ以外は、食事も普通に作っていますし、物忘れもほとんどありません。これは、大丈夫なのでしょうか。
    • ナツコ さん
      ごまみそさん、こんにちは。
      母の介護を5年間体験したナツコと申します。
      義母さまのこと、心配ですよね。

      義母さまのかかりつけの医師はいらっしゃいますか?
      いらっしゃるのでしたら相談してみてはいかがでしょうか。
      かかりつけの医師がいない場合は、地域包括支援センターに相談してみましょう。

      私の母もいつもと変わりなく生活していましたが、突然物忘れが現れました。
      長年飲み慣れていた朝、昼、夜に内服する薬がそれぞれ違っていたのですが、急にわからなくなりました。
      私もこれだけの種類を飲み分けるのは大変だから、ちょっと忘れちゃったのかな?と感じてはいたのですが、母のためにも早めに対応すべきだったと後悔しています。

      ご家族の「ちょっと気になること」は早めの対応が一番だと思います。
    • すぬーぴーわん さん
      ごまみそさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お義母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに「軽度認知障害(MCI)を知る」が載っています。
      https://info.ninchisho.net/clinicaltrial

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん右「MCI特集」クリック。その中に第1回~第5回まであります。もし、良かったらご覧になってみて下さいね。

      同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「基礎知識」クリック→いろいろ載っています。こちらも良かったら見てみて下さい。
      (https://info.ninchisho.net/mci)(PCです。スマホは右上メニュー)

      行動にあらわれるサインは?  「年だからしかたないのかな」「病院に行こうと言い出しにくいし、様子をみよう」と家族は気になる事があっても、悩みながら受診を先延ばしにしがちです。認知症ではないかと本人を病院に連れてくるのは、暴力行為が出てきたり、徘徊したり、幻覚症状が出てきてからの事が多いのが現実です。こうした症状があらわれるのは、認知症がかなり進んでからです。

      日常生活にあらわれる認知症のサイン  鍋を火にかけてことを忘れてよく焦がす。いつも同じ服を着ている。しまい忘れや置き忘れが多くなる。仕事で人に会う約束や会合や通院の予定を忘れてしまう。仕事の段取りや計画を立てられなくなる。

      単なる物忘れか、病気による物忘れか  認知症の物忘れにはおおきな特徴があります。たとえば、一般の人でも何を食べたか忘れることがあります。でも食事をとったかどうかを忘れる事はまずありません。誰と食べたか、どこで食べたかなど、経験した事の一部は忘れても、食事をしたこと自体は忘れないものです。もし経験したそのものを忘れるようになったら、認知症の心配があります。

      母が認知症と診断されて、ショックでした。私は認知症に無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えを、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思っています。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談してみても良いと思います。

      ごまみそさんと、お義母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  3. nonnon さん
    82歳の母が脳梗塞を発祥し、血管性認知症となり、要介護1と認定され
    ディーサービスに通っています。

    去年末に肺炎を発祥し、肺気腫の急性増悪で在宅酸素となり、
    入院中はおしめをしており、転倒、転落防止の為、一人で行動
    する事が許されずトイレに行きたくても看護士さんを待たなければならず
    間に合わない事が多かったのですが退院してからは下の失敗は無く、
    リハビリパンツを本人が拒否するので普通の下着でディサービスを
    再開したのですが、再開した数日後に失禁してしまい、ディサービス
    からリハビリパンツを自宅でも着用して欲しいと要請されました。

    しかし、自宅で失敗する事はなく、本人もリハビリパンツを嫌がるので
    無理強いせず、失禁の頻度が上がったらリハビリパンツを着用させようと
    考えていました。

    その後はディサービスでも自宅でも失禁することは無かったのですがディサ
    ービスで入浴後に念の為と持参したリハビリパンツを着用させられとても落
    ち込んで帰宅しました。

    本人は失敗を恥、失敗しないように努力し、失敗しなかったのに「オムツ」を
    させられたと思ったのでしょう。

    この問題をどうするか悩みましたが母に「家とは勝手が違うだけだけど
    ディーサービスの時だけ、リハビリパンツにしよう」と話、納得して
    貰ったのですが、お正月休み明けに自宅から初めてリハビリパンツで
    行った日に便失禁をしてしまいました。

    恐らく、入院中は認知が酷かったのでオムツにする事に慣れてしまい抵抗が
    なくなっていた感覚が戻っていたのだと思うのですが自宅での失敗は一度も
    無いのにこのままディサービスからの要望どおりにリハビリパンツを履か
    せて良いものなのか悩んでいます。

    母は区分変更の申請をしているので、暫定で要介護3
    で換算し、週6日ディーサービスを利用しています。
    脳梗塞の後遺症で欝も有り、酸素不足がそれを加速させても
    いるので落ち込みが激しく、感情失禁なのではないか?と
    思う程、今回のような失敗が有ると喜怒哀楽がない時も有ります。

    ディサービスの職員の方々に無用に手間をかけさせようとは
    思いませんが、出来る事を出来ない事にして欲しくないとも
    思います。
    そう思うのは家族だからで職員の方々に求めるのは間違っている
    のでしょうか・・・。

    この問題をどう捉えれば良いのかアドバイス頂けると助かります。
    • すぬーぴーわん さん
      nonnonさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      「出来る事を出来ない事にして欲しくないとも思います」・・私も、そう思います。もう一度、よくスタッフさんとお話ししてみたらどうでしょう。nonnonさんの今のお気持ちや考えを言ってみたらどうでしょう。(もし、もう言ってあるのでしたら、すみません)

      お母様担当のケアマネさんがついているはずですから、ケアマネさんにご相談してみても良いと思います。

      「排泄ケアは、どうすればいいか」

      症状が重くなってくると自分でトイレに行って用をたすことができなくなります。介護する側にとって排泄ケアは大きな負担ですが、認知症の人にとっては排泄をまかせることは尊厳を奪われる思いのする辛いことです。

      ・・自分で用を足せる環境づくりを・・
      ・・失敗しても、見て見ぬふりを・・
      ・・リハパンにしても、トイレに行く習慣を大事に・・リハパンを使い始めても、トイレに連れて行く事は大事して下さい。トイレで用を足せるという事は、自尊心を保つうえでとても大きいことなのです。

      母が、認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えになります。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      nonnonさんと、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  4. むっちゃん さん
    83歳 父親の相談です。
    腰部脊柱間狭窄症 3/4 4/5 狭窄と言うより閉塞でした。
    徐圧術後3年経過しています。
    PSA0:16前立腺小さいです。水分量は多いです。飲酒も多量です。酒癖悪いです。
    外面はとても良いです。長谷川式はほぼ満点です。
    精神的疾患 鬱病既往あり。
    現在はデパケンやエビリファイ等内服しています。
    尿失禁の感覚がなくいつもパンツが湿潤するため紙パンツを装着して欲しいのですが、紙パンツを履かず、漏れが間に合わないと廊下や室内で尿を垂らしています。

    家の中が尿臭でひどいのですが、本人は気にも止めずです。

    生活を改善していのですが、保健師に入ってもらっても効果ないです。
    元気で介護保険適応ありません。

    家族が疲労してどうにもなりません。
    勝手で尿失禁ある老人に対してどうしたら良いのか困っています。
    • ナツコ さん
      むっっちゃんさん、こんにちは。
      ナツコと申します。
      お父様のご様子、心配ですよね。

      泌尿器科に受診されていらっしゃるのですね。
      尿失禁の感覚がないとのことですので、泌尿器科の医師に相談してみてはいがかでしょうか。
      また、排尿は夜間多くなりませんか?
      私は4時間から4時間半の間隔で規則的にトイレに連れて行って排泄を促していました。
      ただし、これは非常に家族の負担が大きいです。
      本人や家族の睡眠サイクルが崩れます。

      「保健師に入ってもらっても効果ないです。元気で介護保険適応ありません。」とのことですが、尿失禁がみられており、ご家族の負担や生活に支障が大きいことは、明らかです。
      家族の負担が大きいという悩みを相談してみてはいかがでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      むっちゃんさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事ご心配ですね。そして、ご家族様の事大変心配です。

      「元気で介護保険適応ありません」・・との事ですが、要介護度は病気などの症状の重さではなく、介護の手間(介護にかかる時間)で判定します。市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加してきて、その時の資料の中の文です。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、(保健師さん)もう一度細かいところまでご相談してみたらどうでしょう。

      むっちゃんさんと、お父様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  5. ソラン さん
    実父母の件。
    母はアルツハイマー型で要介護2。父は受診を拒むから判明していないけれど、粗暴な自分勝手な行動が多発しているので、何だっけ?アレだと思う。弟が一人いるが一切関与しない。母の病名がハッキリした時に知らせたけれど(『ふーん。俺には分からん。』)と言い放ったきり、『その後、どうかな?』と尋ねる事もない。(嫁も同じ)365日24時間が苛立ちと底知れぬ不満が渦巻いている。外面は良い人達なので、外部には分からない。毎日が吐きそうなストレスで目一杯。その上に祖母もいる。特養ホームに入所しているが、在宅時から一切は私が介護、手続き等をしてきた。入所後、父母は一切、面会にも行かない。全て丸投げ。それなのに、祖母の年金は父母が持っており。何か祖母の物を買うにしても、母に出す様に言わなければならない。自分らの世話はしてもらって当たり前。本当に早く片付いてもらいたい。私は自由になりたい。先に私がダメになるのかもしれない。
    • すぬーぴーわん さん
      ソランさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      要介護2という事なので、お母様担当のケアマネさんがついていると思います。ご相談してみても良いと思います。デイサービスやショートステイを利用できますから、いろんな方と接するのは、脳に刺激になって進行を遅らせるという事です。ソラんンさんも、その時、ストレス発散したり、からだを休められたリされて下さいね。

      介護する家族の心の4つのステージがあります。

      ①とまどいとパニック・・家族が認知症という現実に、何も考える事ができなくなり、パニック状態になります。認知症だと認める事は、家族の人格を否定するように感じられ、なかなか人に相談することもできません。ショックがおさまると、家族と自分がなんでこんな目に合わなければいけないのかと、やり場のない怒りがわいてきがちです。

      ②混乱、怒り、拒絶・・もっともつらい時期です。どう対応していいかわからず、混乱状態になります。毎日の介護の苦労で疲労もたまり、ささいな事で腹を立てたり、叱ったりしがちです。認知症の家族がわざと自分への嫌がらせをしているように感じられ、怒りに発作に襲われたり、気持ちが暗く沈みがちになり今の状態がいつまで続くのかと絶望的な気持ちになります。

      ③割り切り・・イライラしたり、怒ったり、悩んだりしても何も解決しないことがわかってきます。現実をだんだん割り切って考える事が出来るようになります。ただし、認知症が進行して介護が大変になると、②に戻る事になりかねません。

      ④受容・・認知症という病気が理解できるようになり、認知症になった家族をあるがままに受け入れられるようになります。悲観や苦しみを乗り越え、認知症になった家族とともに生きていく力が湧いてきます。生きることや人生について、さまざまな発見があります。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護についての本をいろいろ買って読みました。その本の文や考えを少しでも何かヒントになればいいなーと思いしました。

      でもやはり、なかなか本のようにはうまくいきませんでした。私は①と②を行ったりきたりばっかりしていました。苦しかったです。

      あまりはっきりした事は言えませんが、ほんのちょっとでも見つけてくれれば・・

      ソランちゃんさんと、お母様、お父様、弟さんにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  6. もんめ さん
    75歳の祖父の事です。

    小どんぶりに山盛りの、柔らかいご飯を2杯食べてます。

    満腹感がナイように感じます。

    散歩しながら、「もったいない」という理由で、捨てられてるたばこを拾って吸ってたみたいです。

    こういうのは認知症ではナイんでしょうか?
    • オカユ さん
      もんめさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      例えば、小どんぶり山盛りご飯2杯食べているにも関わらず、その後「ご飯を食べていない」「ご飯はまだ?」等といった『ご飯を食べたことを忘れている』という事であれば、認知症を疑います。

      お祖父様の場合は「満腹感が無いように感じる」とのこと。
      満腹感と言うのは、血糖値が上がることで感じます。
      ですから、例えば糖尿病等の病によって血糖値のコントロールが上手く出来ていない場合は、なかなか満腹感が得られなかったり、その逆もあり得ます。

      また、捨てられているタバコを拾って吸うと言うことは、お祖父様は喫煙者なのですね。

      例えば、ご家族が禁煙をすすめていたり、或いは喫煙を強制的に止めさせようとされたりはしていませんか?

      以前私が関わった高齢者の中に、同じように外でタバコを拾う方がおられました。
      その方は認知症ではありませんでしたが、ご家族はタバコを止めさせるために買うことを禁じ、ライターを取り上げ、灰皿を捨ててしまいました。
      その為にどうしてもタバコを吸いたいその方は外や喫煙所で拾い、他人からライターを借り、外で吸うようになりました。

      もんめさんのお祖父様の喫煙状況は分かりませんが、特に高齢の喫煙者は「まだ吸えるのに勿体ない」という気持ちが大きいように思います。

      もちろんだからと言って、お祖父様が「認知症ではない」と断定出来るわけではありませんし、ご家族が「何かおかしいな」と感じる場合はやはり1度検査をされた方が良いとは思いますが、書かれている内容だけでは、認知症かどうかの判断は難しいと思います。
    • すぬーぴーわん さん
      もんめさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      日常生活にあらわれる認知症のサイン  鍋を火にかけてことを忘れてよく焦がす。いつも同じ服を着ている。しまい忘れや置き忘れが多くなる。仕事で人に会う約束や会合や通院の予定を忘れてしまう。仕事の段取りや計画を立てられなくなる。

      単なる物忘れか、病気による物忘れか  認知症の物忘れにはおおきな特徴があります。たとえば、一般の人でも何を食べたか忘れることがあります。でも食事をとったかどうかを忘れる事はまずありません。誰と食べたか、どこで食べたかなど、経験した事の一部は忘れても、食事をしたこと自体は忘れないものです。もし経験したそのものを忘れるようになったら、認知症の心配があります。

      母が認知症と診断されて、ショックでした。私は認知症に無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えを、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思っています。

      認知症で、満腹中枢の機能が正常に働かなくなることもあります。そうすると、お腹いっぱいと感じないので、食事をしていても「私、食べていないよ」となるのです。うちの母が、そうでした。

      もんめさんのお祖父さまの場合は、またちょっと違うようにも感じました。たばこの件は、今までにもあったのでしょうか。

      もんめさんが、欲しがっているような事が言えなくて、すみません。

      もんめさんと、お祖父さまにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • e.unit さん
      もんめさん、初めまして介護施設を経営しておりますe.unitと申します。

      相談内容読ませて頂きました。
      認知症の症状も色々とあるかと思います。
      「満腹感がナイように感じます」ということですが、これは認知症状の中にあるものです。動き回っても疲れない、骨折していても痛みを感じないなどです。
      落ちているタバコを拾うという行為も、常識から外れている、汚いなどの意識が薄れていることだ思われます。

      上記のような行為が続くようであれば、認知症を疑うのが普通です。
      専門医に相談、受診してみてください。

      もんめさんにとって、少しでも良い方向になることを祈っております。
  7. あかさたなはめやらわ さん
    母が数ヶ月前に怪我をして一時寝たきりになりました。
    今はゆっくり歩く事はできますが、以前より物忘れが目立ちます。
    会話丸ごと忘れているような感じで、気づかれないように同じ事を説明しても、自ら思い出す気配もありません。
    また、同居している兄がいろいろ気にかけているのに「私のこと嫌いって言ったわよね?」など言うようになったらしく、否定しても信じてくれないそうです。

    もともと家事を全て自分で回していたのに、今では完璧とは程遠く「夫、息子の世話になっている」状況が苦痛なようで、自ら老人ホームに入りたいと言っているそうで、、家族は止めています。

    住み慣れた環境から全く別の場所で暮らす事が良いとは思えませんが、本人の希望なのでどうするべきか分かりません。
    まだかなり初期のようなので、早めの対応をしていきたいです。
    • オカユ さん
      あかさたなはめやらわさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      怪我の為に一時的に寝たきりとなり、その後ゆっくり歩ける程回復されたが、物忘れや嫌われているという思い込みがあるのですね。

      これまではお母様が家事全般を受け持っていたのですね。それが「完璧」には出来なくなり、家族の世話になるのが苦痛に感じ、自ら老人ホームへの入居を希望…。

      はたして「老人ホームに入りたい」と言うのは本心でしょうか?

      私はお母様やご家族の状況を、このご質問文でしか知ることが出来ませんので、あくまでも私の憶測となってしまいますが…

      お母様はこれまで「完璧」に家事をこなしてきました。と言うことは、お父様もお兄様も「お母様がやって当たり前」の生活をされていましたよね。
      そしてお母様にとってもそれが当たり前であったと思います。

      お母様が出来なくなってしまったことで、お父様もお兄様も大変困ったと思います。
      あれはどこに有るんだろう?
      これはどうすれば良いのだろう?
      お母様さえ元気なら…
      何で自分がこれをやらなきゃいけないのか?
      と、多少苛立つような思いがあったのでは無いでしょうか。(全く的外れな内容でしたら、とても失礼ですよね…。申し訳ありません)

      お母様にとっても
      自分が出来ない事で迷惑をかけている
      自分のせいで嫌な思いをさせてしまった
      自分さえここに居なければ…
      と言うような、自責の念にかられていたのでは無いでしょうか。

      そのような気持ちで長く過ごしていると、嫌われていると思い込んでしまったり、家族と離れて暮らしたい、と思ってしまうのでは無いでしょうか。

      ホームに入りたいと言うお母様をご家族で止めていると言うことは、ご家族としてはまだこのまま在宅での生活を希望されているのですよね?

      ゆっくり歩ける程度まで回復されたようですが、病院でのリハビリ等は行っていないのでしょうか?

      「まだかなり初期のようなので」とのこと。これは、認知症を指していると思いますが、病院でそのように診断されたのでしょうか?

      病院で診断されたのであれば、或いは身体の不自由さを感じておられるのであれば、介護認定の申請をされ、例えばリハビリ目的で通所リハビリや、認知症進行予防の為にデイサービスの利用等を検討されてみてはいかがでしょうか?

      また、お母様が「完璧主義」なのかは分かりませんが、いずれにせよ「完璧じゃなくても良いんだよ」と言う環境作りが、在宅で生活を続けるには大切じゃないかな、と思います。

      完璧主義の場合、それが出来なくなると、常に「出来ない」ストレスを抱え、ご自身を責め、自信を無くし、自己否定してしまいがちで、この負のループからなかなか抜け出せず、鬱状態にまでなってしまうこともあります。

      ご本人様もご家族様も、出来ない事を数えるのではなく、たとえ完璧ではなくても出来たことや挑戦したことを数え、その頑張りを認める事が大切です。
    • すぬーぴーわん さん
      あかさたなはめやらわさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに「軽度認知障害(MCI)」が、載っています。
      https://info.ninchisho.net/mci/k40

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「基礎知識」クリック→「軽度認知障害(MCI)・・続きを読む」クリック。

      https://info.ninchisho.net/clinicaltrial、

      同じオレンジ色の帯のいちばん右「MCI特集」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      まだ、病院には受診はされていないのでしょうか。

      専門の病院(うちの母は脳神経外科に受診しMRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断されました)で、MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)で診てもらった方が良いと思います。

      介護認定の申請はされていますでしょうか。主治医の意見書も必要になります。

      お母様はきっと、お父様やお兄さんに、できなくなったご自分の姿を見せたくないのでしょうね。ご自分から、老人ホームに入りたいなんて・・ほとんどの人は、自分からは入りたいとはなかなか言わないような感じだと思うのです・・。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談してみて下さいね。

      あかさたなはめやらわさんと、お母様と、お父様、お兄さんにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  8. さわ さん
    僕は高校一年生で、85歳の祖父を2016年の9月から家族で介護しています。
    その祖父なんですが、もともと軽い認知症だったと思いますが、去年の9月に誤嚥性肺炎で約1ヶ月入院してから認知症の症状がもっと悪化したように感じます。具体的には、入院するまでは一人言などしなかったのに現在では、『おーい』『〇〇(祖父の息子・娘)』『助けて』などと、四六時中ずっとではないんですが寝ている時以外ほとんどとても大きな声で叫ぶようになったのです。
    それも、2016年9月の入院から帰って以来ずっとです。

    僕の家族は僕と弟・祖父・両親の5人で暮らしているのですが、僕だけが一階の祖父の隣の部屋で一日中生活しています。夜寝ている時も叫び出すので本当に苦しいです。学校に行っているときも祖父の叫び声を思い出すだけですごく憂鬱になります。夏休みは祖父はデイサービスに行っていました。また、日中もデイサービスに行っていますが、僕が帰ると祖父も家に帰っているので僕にとってはあまり意味がありません。もちろん母にとっては助かっていると思うのですが。。
    また、デイサービスでもずっと人を『おーい』大きな声で呼んでいるようです。

    また、丁寧に応答すると「なんでもない」と返されることが多く非常に腹が立ちます。本当に用がある時もその要件を言わずにただ『おーい!!』と叫ぶのでいつ応答すればいいのかもわかりません。普段は記憶こそすぐになくなりますが会話はそこそこできます。しかし、ろれつが怪しかったり、訳のわからない妄想の話が多かったりします。本人に、「なんで『おーい』て叫ぶの?」と聞くと、「叫びたくなったんや」「叫ばずにはおれなくなった」(障子を見て)「あれ見たから叫んだ」「叫んだか?」などといろんな回答が返ってきますが、あやふやな答えばかりです。また、本人には『おーい』とずっと叫んでいる意識は全くないみたいで、半分無意識に叫んでいます。
    一年半観察してわかったことは、『おーい』などと叫ぶ時は必ず目を瞑って急に顔を険しくしだします。それくらいしか判りません。もちろん「叫ぶのをやめて」と僕はいうのですが、その時は大体「わかった」と言いますが、早くて15秒後くらいにまた叫び出します。

    ここ一年半ずっとこんな生活で、本当に苦しくて仕方がないです。家族も便乗して怒り出すので大変です。僕も何回かキレて、包丁を持ち出したり首を締めたりしました。そんな自分のしてしまった事が信じられなくてすごく悲しくなりました。
    一体どうすれば叫ばなくなるでしょうか。なんの兆候もなく急に叫び出すので原因がわかりません。医者は、アルツハイマー型だというのですが、その医者自身叫んでいるところは見た事なく、かなり適当に診断しているように思えてなりません。

    病気自体を無くすのはほぼ不可能だとわかるのですが、ただずっと大声で叫ばれるのは堪りません。かなり精神的に辛いです。友達に相談してもみんな専門家ではないので具体的な解決策にはなりません、、励ましの言葉はかなり心強いですが。

    長々と申し訳ありません。僕が知りたいのは、この病気の正体と、叫ぶのを止めるにはどうすればいいかです。読んでくださってありがとうございます。
    • すぬーぴーわん さん
      さわさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖父さまの事、ご心配ですね。そして、さわさんの事、ご家族の事、大変心配です。

      うちの母は、叫ぶわけではないのですが、いっつも何か口ずさんでいました。何か自分の知っている歌のような感じでした。それは、食事をしていても、歯を磨いていても、トイレに入って用をたしている時もです。ここまではまだ、許せますが・・夜、眠るのにベッドに入ってからもなのです。夜10時過ぎにベッドに入って、私が布団などかけて「じゃ、おやすみいー」と言って、母も「おやすみ」と言ってくれて、私が母の部屋から出て、ドアを閉めて少しすると口ずさんでいる声が聞こえてきます。私と旦那は廊下挟んだ部屋で、テレビを見てても聞こえてきますが、そして、12時頃眠るので部屋に入って布団に入ります。

      母の部屋とは、隣です。よく、聞こえてきて、私は旦那に悪くて、母の部屋に行き「おばあちゃん(母の事)、もう眠るんだから歌わないで、お父さんも明日早く起きて仕事なんだから」と言うと、止めてくれるのですが、また、少しすると歌い出すのです。私は何回も言いに行き、母は「あら、聞こえた?」とか「よく、聞こえるね」とか「え?私、歌っていた?」とか・・それが、毎日毎晩でした・・

      ここのサイトに、認知症の事が詳しく載っています。ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→基礎知識・種類。症状・・などいろいろ載っていますので、良かったらご覧になってみて下さいね。(PCです。スマホは右上メニュー)できればご家族みなさんにも、診てもらいたいです。認知症について少しでも理解する姿勢でいれば、ちょっとでも自分達も楽になるかも知れません・・。(すみません。失礼な言い方になっているかも・・)

      デイサービスに行かれているとの事なので、お祖父様担当のケアマネさんがついていると思います。ケアマネさんには、ご相談されましたか。

      ショートステイは、利用されていないのですか。夜お泊りになるので、介護者はずいぶん気持ちの持ちようも変わってきますし、夜もゆっくり眠れると思います。

      うちは最初は、週2日のデイサービスだけでしたが、だんだん大変になり、週3日デイ、3泊4日、月1でショートステイを利用しました。夜、帰って来ないというのは(母には悪かったですが)、本当にありがたかったです。

      母の口ずさむのに対しては、何もできませんでした。ずっと我慢していましたが、いつの間にかしなくなりました。それは、認知症の症状が進んでいるという事を明らかにしたように感じました。私達は少し、楽になりました。認知症が進んで楽になったというのも親不孝ですが、正直な気持ちでした。

      「この病気の正体と、叫ぶのを止めるにはどうすればいいかです」・・これっと言って案がなくて、ごめんなさい。となりの部屋に眠る人を、みんなで交代してみては・・どうでしょう。(こんな事しか、うかばなくてすみません)

      「僕も何回かキレて、包丁を持ち出したり首を締めたりしました。そんな自分のしてしまった事が信じられなくてすごく悲しくなりました」・・すごく、わかります。私も、介護真っ最中の時・・。「すごく悲しくなりました」この気持ち、大事です・・。

      「励ましの言葉はかなり心強いですが」・・そうですね。私も、友達に愚痴ったり、ネット上の介護のサイトに愚痴ったり、ケアマネさんに愚痴ったり・・ずいぶん、助かりました。バカな事しないで、すみました。

      あまり、良いことは言えませんでしたが・・また、うちの母の事も書いてしまいすみません。

      さわさんと、お祖父様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • テンサウザン さん
      さわさん、はじめまして。私はテンサウザンといいます。この掲示板で母のことについて何度かアドバイスをいただき、とても助かった経験があります。まだ高校生なのにおじいさまの介護を手伝い、辛い思いをされているのですね。本当に大変だと思います。
      私の母も叫んでいました。私の名前を叫ぶのが一番多かったと思いますが、孫の名前、「誰かいるー?」もありました。すっとんで行くとほとんどの場合、何でもないか、カーテンをどうとかしてくれ、等、大した要求でないのです。その一方、失禁などすぐに何とかしなければならない時には呼んでくれないので、本当に苦労しました。
      3か月ほど前に、とうとう耐えかねて認知症専門病棟のある病院に入院させ、それからは週2回ほど会いに行っています。
      こちらも渦中にあるときは冷静さを失っているので、母の頭の中で何が起こっているのかが想像できなかったのですが、今、落ち着いて考えてみますと、アルツハイマー型認知症の場合は特に「短期記憶」が大きく障害されます。当事者の気持ちになって想像してみると、例えば
       1、20年前のことはほぼ憶えている。
       2、10年前のことはだいたい憶えてはいるが、前後関係や詳細はあやふやになっている。(ここまでは正常な人でもありがちなこと)
       3、5年前のことは憶えていることもあるが、つぎはぎ状態、またはまだらになっていて、混乱状態である。
       4、3年前のことは、ほとんど忘れている。一部憶えていることも、前後や脈絡は混乱。
       5、1年前のことは全く憶えていない。1か月前、1週間前、一日前、一時間前のことも同様にきれいに消えている。というより記憶装置が全く働いていない。
       6、1分前のことも憶えていられない。

      ……自分が、このような状態になったら、どう感じるでしょうか。何よりも、「不安感」それも、尋常でない、大きく、真っ暗な何とも言いようのない不安感、そして焦燥感に囚われ、それとともに恐怖に包まれるのではないでしょうか。
       「記憶」がひどく壊れてしまっていても、「理解力」「判断力」「思考力」などがまだかなり残っている場合、不安感や焦燥感はかえって増大するのではないかと思われます。叫ばないでいることができるでしょうか?でも、自分がほんの数分前に叫んでいて誰かが「大丈夫、安心していていいのよ」と言ってくれたことも覚えていられないのです。疲れきるまで叫び、喚き、暴れても、本人も家族も医者も介護スタッフもどうすることもできない。(多分、鎮静させる薬である程度なんとかなるのでしょう。)
       疲れます。衰弱します。すると、「あきらめ」「無力感」が少しずつやってきて外部から見ると「静まった」「おとなしくなった」「素直に介護を受け入れてくれるようになった」と言われるようになります。おそらく、理解力、思考力等がだんだんに弱り、衰えてくるのでしょう。自然の経過です。
      ずいぶんと暗い、絶望的なことを書いています。でも、これが「老い」の究極、現実そのものなのでしょう。この現実を目の前にすると、癌、心臓病、脳出血等であっと言う間にあの世に去ってしまった人たちが、むしろ幸せなのではなかったかとさえ思えてきます。
       認知症は、軽い段階がむしろ辛い、苦しいんです。進んでしまえば、本人も周囲もそれまでより楽になります。身もふたもない言い方ですが、今、私も母の特養入所を待ちながら、そういう思いでいます。
      さわさん、そして辛い在宅介護を頑張っている皆様、どうぞご自分のお身体と心をお大事に。
  9. うひょ さん
    以前にも書きましたが、兄の話です。母を特養に入居させたら終わり。と思っています。死ぬまで面倒みてくれるから。お前達には時間有り余るから引っ越ししろ。市営団地に。前々から引っ越しは考えていたのですが、もぅ今は母の入居してなにがあるか分からない状態です。月に何回会いに行ったらいいのか。母の望む物は全て揃えたいのであれこれ揃えてるのに。何故今!?なのです。ぶっちゃけ母が入居したらゆっくりしたいです。遊びたいとかじゃなく生活に普通が欲しいです。兄夫婦に言うと、ばかとか言い訳と言われます。何かないですか?なんでもいいです。アドバイスください。
    • すぬーぴーわん さん
      うひょさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。去年の12月29日の分のお返事と、一緒にさせて下さいね。

      「月に何回会いに行ったらいいのか」・・

      ここのサイトにコラムが、載っています。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_042 施設にいる認知症の人の思いは

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_041 介護施設入所決断の時、家族の考えること、すること

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「第42回、第41回」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      うちの場合ですが・・最後の年に、1ヶ月間だけロングショートステイをしていた時、歩いて行ける距離だったのもあるのですが、ほぼ毎日面会に行きました。そして、帰るときに「お母さん、もう遅いから、私、帰るね」と言うと、母は「そうだね、じゃ、帰るか」と言って、立ち上がろうとするのです。「お母さん、ごめんね。一緒には帰れないの。家に帰ってもまた転んだりしたら困るし、私も困ちゃうの。ごめんね。また、明日も会いに来るから、待っていてね」と言うと、なんとかわかってくれて「そう、じゃ、仕方ないね、待ってるよ」と、また腰掛けてくれるのでした。でも、また、翌日も同じことをするのです。だから、私は、また、同じことを言うのです。帰り、歩いていて毎日、なみだが出てきます。

      旦那は「毎日行ってるんじゃ、何のために預けているんだかわからない」と私に言ってきます。面会に行った時に、スタッフさんに尋ねてみました。「毎日、面会に来るかたは珍しいです。ほとんどのご家族は、預けたらそれっきりですね。でも、毎日でも面会に来てあげて下さい。ご本人さん、とても喜んでいますので来てくださいね」と、言ってくれました。私は、とても、嬉しかったです。

      でも、それから2ヵ月後には・・母は・・。

      「兄の話です。母を特養に入居させたら終わり」・・終わりではないのですが・・

      「母が入居したらゆっくりしたいです。遊びたいとかじゃなく生活に普通が欲しいです」・・わかります。そのお気持ち。

      「兄夫婦に言うと、ばかとか言い訳と言われます」・・どうして、こんなにうひょさんに関わりをもちたいと思うのでしょうか。今までの投稿を読んでいて、いつも思っています。いき過ぎだと思うのですが・・うひょさんが、助けを求めているのなら手を差し伸べてあげて欲しいですが・・今は、違います。好きにさせて下さい。と言いたいです。

      自分達だって、人に、自分たちの生活の事をあれこれ言われたら、どう思うのでしょう。反対の立場になって、考えて欲しいです。

      みたいな的な事を、言ってみてはだめですか。私は第3者としてしか、言えませんが・・

      「家族に大切にされている利用者さんは大事にされ、誰も面会に来ない放っておかれている印象を与える利用者さんは大事にされないところがあるかもしれない」と書かれている文面がありました。

      うひょさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。
  10. もちねこ さん
    はじめまして。私の祖父は認知症を患っていてここ数年では数時間前の記憶もなくなってしまうほどひどくなっています。最近、祖父の大事な人が亡くなってしまいました。しかし祖父は数時間するとその事実さえ忘れてしまい、なぜ教えてくれなかったのかとひどく怒鳴ります。私は祖父が忘れる都度教えてあげるべきなのか、わからないです。その度に泣いて辛そうにしているからです。どうかアドバイスよろしくお願い致します。
    • すぬーぴーわん さん
      もちねこさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖父さまの事、ご心配ですね。

      ここのサイトに、コラムが載っています。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_024

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「第24回 認知症の人への正しい情報は安心を伝えます」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      私も、何回読んでも切なくなります。でも、とてもとても心がこもっていると、思います。

      もちねこさんも、とても優しいお孫さんですね。

      もちねこさんと、お祖父さまにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る