認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

3730件の書き込み

  1. かっちゃん さん
    90歳の母のことでご相談します。10年ほど前に脳出血で左半身が不自由です。今年5月に大腿骨を骨折し手術後以前のように杖で歩くことができず、ほぼ車いすの生活になったため、7月から老人保健施設に入所しています。2年位前から通所リハビリテーションで認知症が疑われ被害妄想があると言われていましたが、家にいるときは認知機能の低下はあるようでしたが、妄想のような兆候はありませんでした。ただ話がかみ合わないとか人の話を聞かないなどはありました。老健入所から3か月たった今、妄想がひどくなったようで老健職員からの連絡が頻繁にあります。今日も気持ちが落ち着かず、大声で一人脈絡のない妄想を話していました。最近は頻繁にあるようで、施設の職員も触らないようにしているようです。気持ちを落ち着かせるような薬や専門医の診察などは老健のような施設ではできないと言われました。
    こんな母に対してどんな対応がいいのか、どんな施設がいいのかわかりません。
    • すぬーぴーわん さん
      かっちゃんさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      「老人保健施設」とは「介護老人保健施設」ですよね。大きな特徴は医療ケアの充実(医師による医学的管理のもとに看護や介護ケア)と、リハビリテーションの充実(理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門スタッフがいる)です。

      老人保健施設における医師の役割・・健康管理 定期健康診断・予防注射など、薬の処方、入所判定(3ヶ月ごとに審査)の補助、リハビリ・看護ケアの指示・アドバイスです。

      入所者は、老人保健施設の医師とは別にかかりつけ病院で主治医を持っていることがほとんどなので、健康状態や薬の管理などを主治医と連絡しあうことも老人保健施設の医師の大切な仕事です。

      老人保健施設は、在宅へ復帰するための施設としての機能を特徴としています。(介護事務の勉強をした時の資料から)

      ここのサイトに「介護施設・サービスの種類」が、載っています。
      https://info.ninchisho.net/facility

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「介護施設・サービス」クリック。他の施設も、いろいろ載っていますので、ご覧になってみて下さいね。

      あと「認知症の症状」も、載っていますので、ご覧になってください。
      https://info.ninchisho.net/symptom

      ケアマネさんには、ご相談してみましたか。

      かっちゃんさんとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  2. ここわん さん
    はじめて書きこみます。よろしくお願いいたします。

    84歳の父についてです。
    私は同居していないので、おおよそ母からの伝聞です。

    2年ほど前から家族や周囲に対する暴言がエスカレートしています。
    非常識なことを命じたりするようです。
    たとえば近隣の犬の鳴き声がうるさいので
    防音窓にしたいというのですが
    半年後には家を改築する予定です。
    父は改築する予定を忘れてしまうのではなく
    改築するまで我慢をしたくないようです。

    さらに業者さんを連れてきて
    義姉に「犬の鳴き声がどのくらいなのかわからないから近隣の犬を鳴かせてこい」と言ったそうです。

    これはほんの例で、このようなことが毎日あるようです。

    夏に物忘れ外来に私が付き添って受診したのですが
    認知症の症状はなくしっかりしているとのことでした。
    私も父がひどく怒るので
    父の暴言暴走についてはあまり伝えることができませんでした。

    たしかに「物忘れ」という点では
    年相応かと思うのですが
    暴言や暴走が激しく、周囲を困らせていて
    母などは父の後始末で振り回され、疲労困憊しています。

    母は何人かの人に「お父さん、認知症なのでは?」と言われたそうです。
    もう一度、病院に行くべきでしょうか?

    父がもし認知症でないとしたら
    どのような可能性があり、
    周囲の人をサポートできる相談窓口はあるのでしょうか?
    • オカユ さん
      ここわんさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      夏に物忘れ外来を受診され、認知症の症状はないと言われたのですね。そして、ここわんさんもお父様の物忘れに関しては、年相応だな…と感じているのですね。
      しかし、周りの人からは「認知症ではないか」と。

      暴言に関する例がひとつだけですので、そこに注目して考えてみたのですが、お父様の聴力はいかがですか?

      高齢になると、耳が遠くなる方が多いのですが(感音性難聴)、音の大きさを掴む力に障害があるため、普段はよく聞き取れなかったり、呼ばれても気づかなかったりします。
      その反面、破裂音や飛行機の音、サイレン等は非常にうるさく、不快に感じてしまいます。

      お父様にそのような症状はありませんか?
      また、認知症でも初期にやたら音に敏感になる方もいらっしゃいます。

      トラブルが音に関する事ばかりなのであれば、聞こえに問題があるかもしれません。
      1度耳鼻科にて検査を受けてみてはいかがでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      ここわんさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お父様の事、ご心配ですね。そして、お母様の事も心配です。

      病院に受診されたとの事ですが、専門の病院(うちの母は脳神経外科に受診しMRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断)で、MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)で診てもらった結果でしょうか。

      ここわんさんが少し大変ですが、ご本人さんがいる前では、言い辛いこともありますし、傷つけてしまう事もあるかも知れませんので、最初はお一人でお話ししに行かれた方が良いかも知れませんね。本当は、一番わかるお母様が、良いとは思うのですが・・お父様のあれ?と思われる様な事をメモして行かれると、話し易いです。

      ここのサイトに「認知症の種類や症状」「診断」いろいろ載っています。
      https://info.ninchisho.net/type(種類)

      https://info.ninchisho.net/symptom(症状)

      https://info.ninchisho.net/dem_diagnosis(診断)

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類」や「症状」そして「診断」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)もし良かったら、ご覧になってみて下さいね。

      お住まいの地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、ご相談すると良いと思います。

      ここわんさんとお父様、お母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  3. sige さん
    1、自分でしまい忘れた物等「人に盗まれた事にして済ませたい」と言い捜さない。
    2、30年以上前に死亡している自分の母親、姉につい最近も逢っていると言い張る。
    3、一緒に生活している(同居)人間に「今日は私の家に泊まって行ってほしい」と1日に10回以上言う。
    4、営業妨害等
    自宅で自営業をしていますが、営業しているのに「本日はやっておりません」と言ったり、営業中に勝手に自動ドアに鍵を掛ける行為があった。
    5、ドッグフードを人に食べさせようとする。
    6、カレーのルウを固形の状態でお皿に入れそのままかじって食べさせようとする
    7、自分の結婚相手と「自分の母親」「自分の弟」の区別がつかなくなる。
    8「ペースト食」」しか認められていない自分の夫に対して「煎餅を食べろ」と強要する。
    9冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器のコンセントを全て抜いてあるので聞くと、
    「整理しただであって、一切抜いていない」と言いう。
    10「毎朝3時に泥棒が侵入する。」という
    11「米櫃を盗まれた」と週に3回は騒ぐ
    12「米が1粒もない」と言うので「そこに30kg貰ったのが置いてあるでしょ?」というと「それは知っている」と答えた。知っている時点で米はあると私は思うのですが・・・。
    13「包丁を全て盗まれた」と言う本人の目の前のテーブルから包丁発見されたりする。
    14「台所の戸棚の扉についている「包丁立て」以外の場所へ包丁を私が置くわけがない。」と言うが、「炊飯器の下の棚の引き出し、冷蔵庫から包丁が発見される。
    15盗難届を出している物が出て来ても届は取り下げようとしない。(警察の奴らに
    苦労をさせておけばよいという考えだそうです)
    16日本語が通じなくなってきている。


    これって全て「認知症」という一括りの言葉で済むのでしょうか?
    • オカユ さん
      sigeさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      認知症と一括りで済ませられるのか、とのこと。

      認知症と言うのは病名ではなく、認知機能の障害によっておこる症状の総称と言えます。

      例えば、アルツハイマー型認知症でよく見られる症状は物忘れ等の記憶障害です。他にも判断力の低下や、時間や日付、人物が分からないといった見当識障害が見られます。

      他にも、レビー小体型認知症であれば、物忘れよりも幻視(虫がいる、亡くなった人と会った、知らない人がいる等)の症状が強く現れる事が多く、脳血管性認知症であれば、感情が抑えることが難しくなり、突然泣いたり激しく怒ったり…という症状が見られる事が多いのです。

      ですから、sigeさんがあげられた症状が認知機能の障害によるものであれば「認知症」と一括りにも出来ますが、「認知症だからしょうがない」「認知症だからこうなるんだ」ではなく、ひとつひとつにその原因があり、対応方法があると思います。
    • すぬーぴーわん さん
      sigeさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご質問、読ませていただきました。

      ここのサイトに「認知症の種類や症状など」詳しく載っています。
      https://info.ninchisho.net/type (種類)

      https://info.ninchisho.net/symptom (症状)

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類」や「症状」をクリック。もし良かったら、ご覧になってみて下さいね。

      お住まいの地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、ご相談してみた方がよろしいかと思います。(もし、もうされていましたらすみません)

      介護サービスを使われた方が、良いと思います。そのかたにとっても、違うかたと接する事は刺激になり、進行を遅くするのに役立つと言われています。また、sigeさんもその時にからだを休まれたり、ストレス発散をして介護疲れを軽減できると思います。そして、また、少しでも穏やかな気持ちで、むかえて差し上げて下さいね。

      sigeさんとその方にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  4. わんこ さん
    実母85歳についてです。

    母は認知症で要介護2で、私、次女が一緒に住んで、母の世話をしています。

    今、ご相談したいことは、母の眠気と胃の症状です。

    今年の8月6日に父が亡くなり、その頃くらいから、母の強い眠気が気になっています主治医の先生にも話しましたが、父が亡くなった心労や、夏の疲れもあるのだろう、という見方でした。

    でも秋になってもあまり変わらず、もう一度主治医の先生に相談して、私たちから提案したのは、眠気の原因と思われるメマリーを止めてみてはどうでしょうか、と言ったところ、母は、リバスタッチを使っているので、メマリーは止めてみても良いでしょう、とのこと。現在、メマリーを止めてしばらく経ちますが、止めたことによるイライラしたりする症状がでてくることはないのですが、眠気は依然として強いです。

    特に、先週土曜日から(今日は火曜日ですが)、ほぼ一日中寝ているような感じです。一度朝に目覚めて、お腹が空いた、ということもあるのですが、アミノバイタルゼリーなどを飲むと、もうそれでいっぱいになってしまうようで、また寝てしまいます。

    以前は、眠くても食欲はあったのですが、先週土曜日からは、あまり食べられないようで、お腹は空いたという感覚はあるようですが、食べ始めると、すぐいっぱいだ、とやめてしまいます。

    ちなみに金曜日には、ラーメンを、屋外のイベントで、私と一緒に一人前を食べたのですが、おいしそうに食べていました。
    その翌日から、急に、という感じです。


    それから、1~2週間くらい前からでしょうか、母が、食後などに、時々、何かこみあげているものを飲み込んでいるような様子に気が付きました。
    私が思うに胃液みたいなものが上がってきてしまっているように見えます。
    吐いたりはしていません。
    母は腰がすごく曲がっていて、いつも下を向いているような姿勢ですが、こんな姿勢も関係あるでしょうか。


    この眠気と胃の症状が関係あるのかわかりませんが、
    一つ心配なのは、リバスタッチによる副作用です。

    母は、今年の春頃に、吐いたりして食べられなくなり、その時からがくんと体重が減りました。当時飲んでいたのがレミニールで、一年半くらいずっと飲んでいて、飲み始めには副作用はなかったのですが、主治医と相談して、レミニールを止めてみて、その代わりに、貼る薬でやってみましょうということで、リバスタッチにしてみました。貼り始めはリバスタッチによる症状があったものの、その後は落ち着いて、食欲も戻っていました。


    主治医は、リバスタッチは貼り薬だから胃腸症状の副作用はめったにみられないし、食欲を増進させる薬で、もしこのリバスタッチが合わないとなると、もう他の薬はない、と言われています。


    主治医はどちらかというと、母の眠気を、老人は眠れないといって苦労する人が多いんだから、まだよいほうですよ、というとらえ方をします。

    でも一緒に暮らしている者からみると、こんなにずっと眠いのは本人もつらそうで、日常生活に支障があるし、この眠気のせいで億劫のようで、デイサービスにも行きたがりません。


    参考までに、母は心房細動で、そのための薬をもう何十年か飲んでいます。


    心臓の主治医は、母の眠気については、血液検査でチェックしていて、心臓の薬のせいではないといっているようです。


    母を見ていると心配なのですが、どうしたらよいのか、アドバイスをいただけないでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      わんこさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに「認知症のお薬」の事が、載っています。
      https://info.ninchisho.net/medicine

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「薬」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      重複しますが、リバスタッチパッチの副作用で「代表的な副作用は、かゆみや発赤などの皮膚症状と、嘔気などの消化器症状です。心疾患、消化器疾患、肝機能障害などがある方は使用にあたり注意が必要です。現在治療中の病気、過去の病気も含め必ず主治医に相談してください」と、あります。

      「リバスタッチは貼り薬だから胃腸症状の副作用はめったにみられない」と、言われたと書かれているので・・・

      胃腸関係、そして「心房細動で、そのための薬をもう何十年か飲んでいます」とあるので・・もしかしたら・・と思ってしまいました。(はっきりはしませんが・・すみません)

      うちの母も、結構、朝、8時過ぎに起きて9時近くに朝食をとり、また横になってしまう事がありました。食事も食べている途中で、眠くなってしまうのか、食べていることを忘れてしまうのか、横になる事があったです。私が「おかあさん、どうしたの?まだ、みんな食べていないよ」と言うと「え?そう?」と返事がかえってくる事もありました。食が細くなってきてしまったのかな・・と、思っていました。

      寝ているというのは、ただ横になってからだを休めている感じでは、ないのですか。まるっきり本当に熟睡してしまっているのでしょうか。そうなると、今度は夜が眠れないのではないでしょうか。

      セカンドオピニオンを、活用されてみてはどうでしょうか。

      ケアマネさんには、ご相談していますか。

      あまり的確なアドバイスもできていませんが、うちの母の事を書いてしまいすみません。

      わんこさんとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • わんこ さん
      すぬーぴーわんさん

      お話しありがとうございます。

      投稿時から少し日にちがたって、今は母の状態が少し落ち着いているように見えます。

      一日中ベッドで寝ていることは今はなくなり、お医者さんで胃薬などを処方してもらい、そのせいか食欲がまた戻ってきています。

      また、以前のような症状が出るのか、不安はありますが、認知症の薬の相談や、セカンドオピニオンなど、今はもう少し先にしようかと思います。

      高齢者や認知症については、毎日新しいこととの遭遇という感じです。

      ご意見はせひ参考にさせていただきます。ありがとうごさいました。
    • すぬーぴーわん さん
      わんこさん、お疲れ様です。

      すぬーぴーわんです。お返事、ありがとうございます。

      「今は母の状態が少し落ち着いているように見えます」「一日中ベッドで寝ていることは今はなくなり、お医者さんで胃薬などを処方してもらい、そのせいか食欲がまた戻ってきています」との事、良かったです。ホッとしますね。

      私の話しなんて、たいして役にもたっていませんが・・それでも、一人ではないんだという事をわかって欲しくて・・私は・・投稿をしています。

      「高齢者や認知症については、毎日新しいこととの遭遇という感じ」・・本当に、そう思います。私も、母の介護真っ最中の時、思いもしないような事が次から次へと起こっていました。普通では考えられない事・・たまに不謹慎ですが、面白いこともあったりして・・母の介護生活の時、最初はメモっていたくらいなのですが、そのうち日記になってしまいました。ほとんどが辛い時の事が多いのですが、ユーモアがあるななんて思ったときは、表紙が可愛らしい小さな別の日記帳に書いていました。

      例えば、歯医者さんに行く日。母は昔からおしゃれな人でお化粧もきちんとする人でした。認知症になってもそれは変わらず、眉毛をかいて、口紅を塗ろうとしていて「今日歯医者さん行く日だから、口紅塗らないでね」と、私が言ったら「はーい、わかったよー、じゃ、どこに塗ったらいい?」と母は言ってきたのです。私は「・・・」そして、微笑んでしまいましたとさ。と、日記に書いてあります。

      辛い時の日記帳は9冊にもなっていますが、ユーモアの日記帳は1冊です・・。

      すみません。こんなことを書いてしまい・・。

      わんこさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。
  5. やっさん さん
    妻74歳 認知症 4年目、だんだんと物忘れがひどくなった。
    極度の便秘種、聖樹王に決められた薬と便秘薬を服用、しかし2、3日前から栗を隠したんおませないと言い出した、パニックとなりおっとの私を疑い隠していると聞かない。
    そのまま部屋に閉じこもり出てこない、私が行くと激しく怒る、こんなことが続く様になった、どうしたら良いでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      やっさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。奥様の事、ご心配ですね。

      お住まいの地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、ご相談してみてはどうでしょう。

      認知症4年目とありますが、介護認定の申請はされていますか。介護サービスを、利用した方が良いと思います。(もし、もうされていましたらすみません)ケアマネさんは、ついていませんか。

      ここのサイトに「認知症の症状」について、いろいろ載っています。
      https://info.ninchisho.net/symptom

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「症状」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      あと、コラムで「家族はプロの介護者になれない・・・」が、あります。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_005

      同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「今井幸充先生」クリック→「今井幸充先生」の一番下「ユッキー先生のコラム」クリック→右側たくさんのコラムが出てきます。その第5回です。こちらも、ご覧になってみて下さいね。

      やっさんや奥様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      やっさんさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      奥様が極度の便秘で、服薬しているにも関わらず、やっさんさんが薬を隠して飲ませない‼と激しく怒って部屋にとじ込もっているのですね?

      奥様の便通はいかがですか?
      極度の便秘とのことですが、痔はありませんか?
      認知症のお薬も飲んでいらっしゃるのでしょうか?

      認知症の方はご自分の不調を言葉に表すのが難しくなる方もいらっしゃいます。
      例えば、便秘になるとお腹が張ったり、腹痛を感じたり、食欲が落ちたり、痔を悪くしてしまったり…ということもあると思いますが、それを上手く表現出来ないために、強い怒りとなって現れることもあります。

      やっさんさんが隠したと思い込んでいる以上、それが事実と異なることであっても、それを覆すのは非常に難しい事です。
      なぜなら、認知症の奥様にとっては「やっさんさんが隠した」というご自身の思い込みこそが事実なのです。どんなに否定しても、不信感を募らせてしまうと思います。

      また、怒りの強い時に無理に部屋に入ろうとしたり、声をかけても怒りを強める結果になってしまうと思いますので、焦らず少し時間をおいて、薬のことはさておき、お茶を一緒に飲むよう誘い出してみてはいかがでしょう。

      やっさんさんお一人では、介護負担が大きくなってきていると思います。ご夫婦二人でお住まいでしょうか?離れて暮らすご家族やご親戚がおられましたら、事情を説明し協力を仰いでください。

      また、地域包括支援センターでは介護のことはもちろん、悩みや相談にも乗ってくれますので、是非活用されてください。
      サービス利用等もこちらで相談に乗ってくれますので、介護負担の軽減のためにも、ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。
  6. ももいろの雲 さん
    私の母は現在86歳で、私、私の夫、私の子ども二人と同居しています。二世帯住居の1階に母、2階に私たち家族という形で住んでいます。母は自分の食事は自分で作れますし、身の回りのこともできます。ただ、1年ほど前から、自分が行く予定になっている場所や目的を、前日や当日になると忘れてしまうようになり、そのことを私が「今日、○○に行くんでしょ?」と聞くと全然覚えていないということが起こります。行く場所や目的はかかりつけの病院のこともありますし、習い事やクラス会などもあります。そのいずれの場合も、前日や当日覚えておらず、特に困るのが当日覚えていない場合です。習い事やクラス会などの場合は、本人が行きたいと考えていた場合が多いので、私は母に行くことを思い出してもらおうと何度も今日の予定と行く場所を言ったり、紙に書いて見せたりするのですが、一度教えてわかったように見えても少し経つと忘れてしまい、そのまま行く用意もせずのんびりしていたり、あるいは私に「予定表に、○○に行く、と書いてあるけど、これは何だったかしら?」と聞きに来るので再び教えるのですが、少しするとまた忘れています。そこで私が、「だってここに行くことは前から決まっていて、お母さんも行きたいと言っていたところでしょ。」と言っても、本人は「なんだか億劫だから今日は行かなくてもいい。」と言い、行く様子がありません。以前、本人が行く気がないのだからと思い、ほっておいたことも何回かありました。そういう場合はそのままその場所には行かないということになるのですが、何日かたってそこにその日に行くはずだったということを本人がふと思い出すことがあり、「あれはどうなったのかしら?」と私に聞くので、私は「この間は自分で行かないと言って行かなかったじゃない。」というと、母はその時に初めてそこに行かなかったということを認識し、「あら、どうしていかなかったんだろう?残念だった」ととても残念そうにするので、私は自分がもっと母にそこに行かせるようにすればよかったと後悔したりしたことが何度もありました。
    最近はそのような場合、私が何度も何度も母に今日どこに何をしに行くかということを言い聞かせて、それでもわからない場合は「とにかくそこに行くのよ。だって行きたかったんでしょ。行かないと後悔するんでしょ。」と言って支度をさせて、私が一緒にその場所についていく、ということをしたこともありました。その場合は母はよくわからないながら私と一緒に家を出て、タクシーでその場所に向かうのですが、タクシーに乗っている間はやはりどこに何をしに行くか分かっていないようで何度も私にどこに行くか、ということを聞いてきます。そして目的地についてようやく少しわかるときもあればわからないときもあるようです。
    しかし、何度も言い聞かせ、それでも理解できない母に無理矢理に支度をさせて、一緒について連れていく、ということをしなくてはならないことに、私自身精神的にとても疲れを感じてしまうことが多く、次の日になるとつい母に、「昨日は○○に行くことを覚えていなかったようだけど、こういう時ほっておいたら行かれないと思って思い出させようようとするけど、そのこと自体がとても大変で後でどっと疲れる。どうしたらいいんだろう?」と言ってしまいます。母としてはそういう話は聞きたくないらしく、「そんなに嫌ならほっといてくれて構わない。むしろそういう話を聞くほうが嫌だ。」と言い、お互いに嫌な気持になってしまいます。自分が大変だ、ということを私が言うのがいけないということはよくわかっているのですが、ついいつも言ってしまいます。しかし、もし母が言うように、母が忘れてもほおっておいたとしても、以前あったようにいずれそこに行くはずだったのに行かれなかった、ということを母が思い出して、「ああ、行かれなくて残念だった。」というのを聞くと、教えなかった自分が悪かったような気がして、自分を責めることになったりするので、それも自分が嫌なのです。
    本当に、毎回このようなことが起こり、半日以上母に言い聞かせたり、そのあげく私がどなってしまったり、そして最終的にはわかっていない母を目的地に連れていくといったことをし続けなくてはならないことに、精神的なストレスを感じざるを得ない状況です。
    こういう場合、どのように対処すれば、上記のような精神的なストレスを少しでも減らすことができるのか、アドバイスをいただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
    • すぬーぴーわん さん
      ももいろの雲さん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、ももいろの雲さんの事も心配です。

      「私は自分がもっと母にそこに行かせるようにすればよかったと後悔したり」「昨日は○○に行くことを覚えていなかったようだけど、こういう時ほっておいたら行かれないと思って思い出させようようとするけど、そのこと自体がとても大変で後でどっと疲れる」とお母様に言ってしまう・・とても、そのお気持ちよく、わかります。私も、そうでした。

      でも、そう言っても、結局、何も変わらない。変わらないどころか、もっと最悪な状態を招いてしまう・・そこを行ったり来たり・・結局また、自分を責めてしまう・・本当にそうなんです・・。

      「そんなに嫌ならほっといてくれて構わない。むしろそういう話を聞くほうが嫌だ」・・ももいろの雲さんも、一回くらいは、言ったとしても、そんなにしなくても良いと思います。ご自分で、そんなにしなくてもいいんだと思うようにしたら、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

      私も、些細な事がエスカレートして、大きな喧嘩になり、私は母に「私の人生、返してよ」なんて泣きながら、言ったことがありました・・。今、思うと酷い娘です・・。

      介護認定は、受けていますか。介護サービス(デイやショートステイなど)利用をした方がよいです。その時に、ももいろの雲さんはからだを休めたり、ストレス発散したりしてください。気持ちをリフレッシュさせて、また、お母様を迎えて差し上げて下さね。お母様にとっても、違うかたと接する事は刺激になり進行を遅らせるのに役立つという事です。

      介護する家族の心の4つのステージがあります。

      ①とまどいとパニック・・家族が認知症という現実に、何も考える事ができなくなり、パニック状態になります。認知症だと認める事は、家族の人格を否定するように感じられ、なかなか人に相談することもできません。ショックがおさまると、家族と自分がなんでこんな目に合わなければいけないのかと、やり場のない怒りがわいてきがちです。

      ②混乱、怒り、拒絶・・もっともつらい時期です。どう対応していいかわからず、混乱状態になります。毎日の介護の苦労で疲労もたまり、ささいな事で腹を立てたり、叱ったりしがちです。認知症の家族がわざと自分への嫌がらせをしているように感じられ、怒りに発作に襲われたり、気持ちが暗く沈みがちになり今の状態がいつまで続くのかと絶望的な気持ちになります。

      ③割り切り・・イライラしたり、怒ったり、悩んだりしても何も解決しないことがわかってきます。現実をだんだん割り切って考える事が出来るようになります。ただし、認知症が進行して介護が大変になると、②に戻る事になりかねません。

      ④受容・・認知症という病気が理解できるようになり、認知症になった家族をあるがままに受け入れられるようになります。悲観や苦しみを乗り越え、認知症になった家族とともに生きていく力が湧いてきます。生きることや人生について、さまざまな発見があります。

      実の母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護についての本をいろいろ買って読みました。その本の文や考えを少しでも何か参考になればと思い投稿しました。

      でもやはり、なかなか本のようにはうまくいきませんでした。私は①と②を行ったりきたりばっかりしていました。苦しかったです。

      ももいろの雲さんとお母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  7. ひーちゃん(22) さん
    身近で認知症(まだまだらボケ?程度?ですが)の介護等していらっしゃる方のお話が聞きたいです。
    初めての書き込みです。

    私は22歳の実家暮らし大学4年生で、来年から全国転勤で内定を頂いて、春から実家を出る可能性があります。
    実家と父方の祖母の家(一人暮らし)が徒歩5分程のところにあり、母(嫁)が2-3日に1回顔を出すようにしています。
    ここ2年ほどで一気に進行し、状態としては
    ・今さっき言ったことを忘れる(例:買い物にスーパー行こう!→玄関で「どこいくんだ?」)
    ・同じことを繰り返し私や母にぐちる(何年も前に友達に服を借りたままパクられた話)
    ・お金の管理ができない(母が半月に一度、充分余る程の額をわたしているのに、1週間もするとお金がギリギリになる)
    と言った様子です。
    言い方は悪いですが、性格の問題もあり友人と呼べる人は特にいなく、話をするのは母と私、たまに父(息子)くらいです。
    これといって趣味もなく、散歩も嫌い、頑固なので何を言ってもやりません。テレビをみるくらいです。
    昔から「病院」が嫌いで、一度母と地元にある認知症の外来(物忘れ外来?のようなところ)につれていきましたが、10分も経てば「こんなに何時間もまってられん!!」となってしまい結局待ち途中で帰ってきました。

    父は「もともとあの人は適当だから」「あんなん昔からだ、適当なんだあの人は」といって中々認知してくれません。
    みなさんは最初、どうやって?気が付きましたか?家族にどう周知してもらいましたか?
    • すぬーぴーわん さん
      ひーちゃん(22)さん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖母様の事、ご心配ですね。

      「どうやって?気が付きましたか」・・うちの母の場合は・・母は健康の為と言って、まだ認知症になる前(60代?)から、毎日毎夕早足の散歩に出かけていました。途中で、個人のお店があるのですが、そこに寄って孫たちに(私の子供で3人います)お菓子を買ってきてくれていました。

      80歳過ぎたくらいから、毎日同じお菓子を買ってくるようになったり、賞味期限の切れたお菓子を買ってきたりするようになったのです。同じお菓子ばっかり溜まってこまり、ご近所さんにあげたり、旦那と私の会社に持って行って、同僚にもらってもらったりしました。

      2年くらい経った頃、散歩に行って家に帰って来れなくなりました。いつもは1時間しないくらいで戻ってきていたのですが、その時は2時間近く経っていて、私は母の散歩コース(家の裏の農道)をさがしていました。家に帰ってきて子供に「どこからか電話来るかも知れないから来たら携帯にちょうだいね」と伝え、今度は町方面をさがそうと少し歩いていたら、子供から電話がきました。

      「駅前の交番から電話がきて、おばあちゃんを保護しているから引取に来てくださいだって」と・・まだその時は母は、自分の氏名や住所や電話番号を言えていたので、良かったです。交番について、私を見た母は、切なげな顔をして「あー、おまえ迎えに来てくれたのー良かったー」と、ホッとした顔をしていました。交番を出るとき、お巡りさんに「悪かったねー、これ食べて」となにか買い物をしたのを、渡そうとしていましたが、お巡りさんはもちろん受け取る事はしていなかったです。

      お巡りさんに「おばあちゃんの着ているもの、身につけているもの、持っているもの、できるだけ氏名、住所、電話番号をつけて下さいね」と言われました。

      「家族にどう周知してもらいましたか」これは、特別なかったですね。ちょっと違いますが、しいて言うなら、私自身が、なかなか認めれなかったです。認めたくなかったんだと思います。だって、自分を育ててくれた母親です。若い時の素敵な母親を知っているんですもの・・

      ひーちゃん(22)さんとお祖母様、お母様、お父様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      ひーちゃん(22)さん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      お祖母様に認知症のような症状がみられるが、受診も難しく、お父様も認知症とは認めないご様子なのですね。

      まず、ひーちゃんさんは認知症にどのようなイメージをお持ちでしょう?
      そのイメージは決して明るいものでは無いと思います。

      もしも、ひーちゃんさんの親御さんが認知症だとしたら、どう思われますか?
      来春には就職のために家を出なくてはならないのに、今認知症になられると、凄く困りますよね。

      では、いつなら認知症になっても大丈夫でしょうか?
      …大丈夫な時期なんて、きっと無いと思います。

      身近な…特に自分の親が…認知症というのは、なかなか受け入れられないものです。

      ひーちゃんさんとしては、出来れば息子さんであるお父様に、認知症であることを認めてもらい、お祖母様を説得し、病院へ連れていったり、サービス利用等をすすめて欲しいとお思いかも知れませんが、今のお父様には、それは少し酷な事なのではないかな、と思います。

      認知症であることを認めるというのは辛い事です。なかなか認められないお父様を責めたり、「頼りにならない」とガッカリしないでくださいね。

      来春の事を思うと、ひーちゃんさんとしては少し焦ってしまうと思いますが、今はお母様とひーちゃんさんがお祖母様の状態を理解し、どう接していくのかを考えていきましょう。
      お父様を蚊帳の外にするのではなく、出来事や考えた結果はお話ししてくださいね。

      また、今後のために離れて暮らされているお父様のご兄弟がいらっしゃるなら、お祖母様の様子をお話ししておいた方が良いと思いますよ。

      ご家族の方が認知症かな?と思うのは、同じ話を何度もする、つい昨日(今日)の事を忘れる…等という「忘れ」の症状で「あれ?」と思う方が多いように思います。

      さて、お祖母様ですが
      ご近所とはいえ、現時点では独り暮らしをされているのですね。
      お食事の準備もお祖母様自身で行っているのですか?

      ご友人も趣味も無く、テレビを見て過ごされているようですが、半月分のお金を1週間で使うと言うのはどういった事でしょう?

      例えば、自炊ではなくお弁当を買って食べているのと、同じ調味料を毎日のように買ってくるのとでは、同じ買い物でも意味が違ってきますし、
      「使ってしまった」と思っていたお金を実は大事にしまいこんで、その場所を忘れてしまっていたり…と言うことも、認知症なのであれば考えられる事です。

      2~3日に1度はお母様が訪問されているとのことですので、半月分ではなく、3日分或いは1週間分ずつお渡しする形にしてみてはいかがでしょうか?

      受診については、前回のこともありますし、事前に病院に事情を説明し、待ち時間への配慮をお願いしてみてはいかがでしょうか。
      他の患者さんもいるので、それが無理であれば、受付時におおよその待ち時間を確認し、その時間は病院以外の場所で過ごす等の工夫をされてみてはいかがでしょうか。
  8. なつり さん
    私の隣の市に住む81歳の叔母のことでご相談したいことがあります。叔母は一人暮らしです。最近叔母の発言がおかしいと思う事が度々あります。11月なのに「もうすぐ夏が来て暑くなるよ」とか日にちの感覚がわからなかったり、昨日買い物に一緒に出掛けたのに翌日忘れてしまったり、怒りっぽくなったり・・・。金銭感覚もおかしいようです。足腰はしっかりしていて晴れの日は毎日のように、妹で私の母の家に来ているようです。病院にかかっている様子もなく、本人にかかりつけ医のことを聞いても何十年も前の事しか聞き出せませんでした。一人暮らしなので、市の職員さんとか地域の民生委員の人とか訪ねて来ないのか?と聞くと一切来たことがないと本人は言い切ります。認知症かどうかの診断をしてもらうのには本人の住んでいる市の病院でないとダメなのか、私の住んでいる市の病院でもいいのかが知りたいです。
    • e.unit さん
      なつりさん、初めまして、介護施設を経営しておりますe.unitと申します。

      相談内容を読ませて頂き、悩まれている様子が分かりました。

      まず、記載されているような症状は認知症の初期の症状かと思われます。今までと違う発言、行動で気付く事ができます。そこに気付けない家族もおりまして、なつりさんは気がつくことが出来たので、素晴らしいと思います。

      相談内容の回答は、病院はどこでも問題はありません。しかし、内科では、認知症専門医ではない場合がありますので、必ず精神科や心療内科といった科目での受診が重要です。そこで、認知症のテストや脳のMRIが撮れれば尚良いです。
      いつも行かれている病院があれば、そこから照会してもらうことも良いです。

      あとは、病院の評判等もネットで確認することも重要ですので、考えてみてください。

      なつりさんにとって少しでも良い方向に向かうことを祈っております。
    • すぬーぴーわん さん
      なつりさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。叔母様の事、ご心配ですね。

      「認知症かどうかの診断をしてもらうのには本人の住んでいる市の病院でないとダメなのか、私の住んでいる市の病院でもいいのかが知りたいです」・・どちらの病院でも大丈夫だとは思いますが・・これからの事を考えますと・・。と、いう感じに思ってしまいます。

      もし、介護保険を使ってサービスを受けるようになるとしたら・・介護認定の申請をしなければいけなくなります。その調査で必要書類が、主治医の意見書があります。違う市の病院でも、意見書は書いて下さるとは思いますが・・最初に地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、相談になると思うのですが・・そうなると叔母様が住んでいらっしゃるところの地域包括支援センターや高齢者総合相談センターに、なると思うのです・・。

      専門の病院(うちの母は脳神経外科に受診しMRIで診てもらいアルツハイマー型認知症と診断)で、MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)で診てもらった方が良いです。

      最初2週間アリセプト錠3mg、受診副作用がないようなら、また2週間5mg、また受診し今度は1ヶ月5mg、また受診し2ヶ月5mg、それからは2ヶ月に一回受診し、1年に一回MRIで診てくれていました。受診するときは、もちろん、いつも一緒に行きました。

      こんな感じで、もし、認知症と診断された場合、たぶん最初は何回か受診しなくてはならないと思います。病院だけを考えればどちらでも良いとは思うのですが・・介護保険や介護認定やサービス利用やケアマネさんや・・などの事を考えると・・・

      ごめんなさい。なおさら、迷わせてしまいましたね。とにかく、まずは叔母様の住まわれている市に問い合わせてみるのが、早いように思います。

      なつりさんや叔母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  9. こたつ さん
    認知症の祖母が「全部忘れていく、忘れるのが怖い」とよく言います。「そんなことないよ、大丈夫だよ」と返していたのですが、“わからなくて不安だという本人の気持ちを否定することになってしまう”という見解があることを知り、なんと返せばいいのかわからなくなってしまいました。
    祖母の不安を解消して安心させてあげたいのですが、なんと返せばいいのでしょうか?
    • すぬーぴーわん さん
      こたつさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お祖母様の事、ご心配ですね。

      「私がいるから、大丈夫だよ」は、だめでしょうか。

      介護認定の申請は、されていますか。介護サービス(デイサービスやショートステイなど)を利用して、いろんなかたと接する事は、脳に刺激になり進行を遅くするのに役立つということです。

      ここのサイトに「認知症の症状・・記憶障害」が、載っています。
      https://info.ninchisho.net/symptom/s20

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「症状」クリック→「記憶障害・・続きを読む」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)ご覧になってみて下さいね。

      家族ができる認知症の進行を少しでも遅くする方法

      「読み、書き、計算」の基礎的学習は確かに脳の残された機能の維持や改善に役立ちます。ただ、計算なら難しい問題にせず次から次へと解ける簡単な問題にすること。本人が自信をもてるようにしないと逆効果です。あと一人で机に向かうのは、おもしろくありません。一緒にやる人、話しをしながらできる人が必要です。

      過去を思い出して語る療法(回想法・・個人回想法・グループ回想法)子供の頃の遊びや、お祭りあるいは昔使っていた生活道具など共通する話題を選んで、体験を語り合います。懐かしい昔を思い出し、それを語る事で脳が刺激されます。また、楽しかった過去に戻り、一時であれ障害の不安や混乱から解放され心が癒されます。続けて行う事で認知機能が改善され積極性、対人コミュニケーションが増えるなどの効用があります。施設や病院で行われているグループ回想法です。

      家庭でも出来る個人回想法・・幼い頃の事や若い時の話しを聞かせてもらう機会をできるだけ作りましょう。昔の町の写真、流行った曲、お手玉などの玩具、古い生活道具などがあれば過去を思い出しやすくなります。現物がなければ写真を集めてきて話しを聞くという方法もあります。ときには、市区町村の歴史博物館や民族資料館を一緒に訪ねてみるのも良いかもしれません。

      音楽療法・・聴くよりも簡単な楽器を演奏したり曲に合わせて手拍子をとったり、カラオケで歌ったり、懐かしい唱歌を合唱したりします。音楽と思い出は密接に結びついています。食事量が増える、声をかけた時の反応が良い、気持ちが落ち着いて笑顔が増えるといった効果があります。大きな声で歌う事は脳を活性化させます。

      芸術療法・・音楽、心理劇、詩歌、陶芸、ダンスなどの表現活動や創造行為を総称して呼びます。

      母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文や考えになります。何かヒントになればと思い投稿しました。

      こたつさんやお祖母様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  10. かこちゃん さん
    母95歳が、だんだん物忘れから、にんちしの症状の、被害額妄想(捨てられた、大事穴物なのに)、といつも言う。ヘルパーさんの悪口や、誰かの悪口ばかり言う。
     姉妹3人が皆で介護してきましたが、
     それぞれ思うところが違ってきて、姉妹3人の仲でも、メールで批判されて、先日はストレスで体調を崩しました。しまいましたの関係が➗かなったら、親の介護も上手くまわらなくなるし、まずは、介護者が、いがみあわない事。どのように話し合えば良いですか?
    • すぬーぴーわん さん
      かこちゃんさん、はじめまして。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨年見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。お母様の事、ご心配ですね。そして、介護されているみなさんの事も心配です。

      「姉妹3人が皆で介護してきましたが」とありますが、お母様はお一人で住まわれているのですか。それとも、3人のうちのどなたかと暮らしていらっしゃるのでしょうか。かこちゃんさんと、暮らしているのでしょうか。

      また、あと皆さんはご自分のご家庭をもっていらっしゃるのでしょうか。もし、ご結婚されていたら(失礼な言い方になっていましたら、すみません)、もしかしたら旦那さんのご両親の世話をしなくてはならないかも知れません。

      主の介護者(キーパーソン)は、はっきりと決めておいた方があとあとトラブルにはなり辛いという事です。

      実を言いますと、私も3人姉妹です。私は末っ子で、婿養子で旦那が入ってくれました。私が、結婚するときは、姉2人はすでに、遠いところに嫁いでいました。2人共長男と結婚しましたが、同居はしていなかったです。

      お盆に、家族つれて墓参りに来て3泊くらいして行きました。全員で13人だったので、結構大変でしたがにぎやかになりました。姉達も母と接するとだんだん話が合わなくなってくるのを感じていたようです。私は、すぐ上の姉から「母を脳神経外科に受診したほうが良いかもよ」と言われました。

      少しして母に言ってはみたものの、ぜんぜんとりつく間がなく、すぐ上の姉に聞いたら「私が言ってみるね」と、言ってくれて電話で言ってもらいました。すぐ上の姉は、母のお気に入りなのです。

      そして、私の母との介護生活が始まったのです。一番上の姉は、凄く気遣ってくれる姉です。こまめにメールはくれますし、電話もたまにですがくれます。メールも「いつもありがとうねー」とか「お母さんの事、感謝しているよ」とか。

      すぐ上の姉は、家族で1年に一回海外旅行をするのですが、そのお土産や絵葉書を送ってくれます。きっと好意からなのですが、はじめの頃は普通にありがたいと思っていましたが、毎年毎年、母の介護も大変になってくるし、私はだんだんひがみ根性が出てきてしまっていました。「うちは、外食するのも大変なのに・・なんで私ばっかり・・」と・・

      何か、母の事で決めなければいけないときは旦那と子供達(私の子供3人、長女は介護福祉士、ケアマネをしていました。次男は管理栄養士をしています)に、相談して決めて、そして2人の姉には報告をしていました。

      うちは、こんな感じでしたが・・あまり参考にもならないですかね。

      かこちゃんさんとお母様と他の姉妹のお2人様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る