認知症を食事と声かけの工夫で改善させるためのセミナー開催

2016年6月15日

身近な工夫で認知症を改善させられる認知症の可能性についてのセミナー

平成28年6月20日、午後6時30分から午後8時まで日々の介護の中で実践可能な食事や声かけの工夫で、認知症による症状を改善させるためのセミナーが開かれる。

場所は、毎日新聞東京本社パレスサイドビルB1毎日ホールだ。

内容について

認知症は、症状が進行するほど被害妄想や徘徊(はいかい)等と対応の難しい様々な症状が出てくる。これにより、大半の者は認知症に対し難しいイメージを持っているのだ。

だが、実はこうした認知症もあるポイントをおさえるだけで、多くの症状を好転させ得るのである。

そうしたことを踏まえ今回のセミナーでは、日々の生活に取り入れやすい食事上での工夫や的確な観察による声かけを行う上での、ポイントを実体験及び専門的な視点から分かりやすく開設していく。

申し込み方法について

申し込みについては、専用ページにて必要事項を入力の上で職業及び氏名そしてメールアドレスを、送信することで行うことができる。

なお、申し込み後確認メールが送られてくるため、迷惑メールフィルタを使用している者は設定を確認しておくこと。

▼関連記事
魔法の認知症ケア「ユマニチュード」

▼外部リンク
2016/06/20(月)18:30-20:00認知症はよくなる~「あきらめてはいけない」と教えてくれた食事と言葉の力~


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る