認知症の幻視がきっかけの「人間賛歌」、来月上映

2016年6月13日

悩み葛藤する母娘の「あったかもしれない別の人生」とは

埼玉県で7月に開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」のオープニング作品に、レビー小体型認知症を発症した母と、女優であるその娘との葛藤を描いた映画「話す犬を、放す」が上映されることが発表された。

「話す犬を、放す」は、女優としてのキャリアに行き詰まる娘と、認知症を発症し、かつての飼い犬の幻視に悩む母の物語。

2人の葛藤を通して、あったかもしれない「もう一つの人生」を思い描いたことのある人全てに贈る、ユーモアと涙で寄り添う人間賛歌。

映画祭が主体となって製作されたこの映画は、若手監督の熊谷まどか氏を抜てきし、娘役をつみきみほ、母親役を田島令子が演じる。

「心を込めて作った、クスッと笑えるコメディ」

監督の熊谷まどか氏は記者発表で、この作品は、

レビー小体型認知症を扱っているが、自分ではクスッと笑えるコメディだと思っている。心を込めて作った作品
(プレスリリースより)

と述べている。

上映日時と会場は、7月16日(土)14:30から川口市の「SKIPシティ」、7月17日(日)11:00からさいたま市の「彩の国さいたま芸術劇場」、7月18日(月・祝)11:00から鴻巣市の「こうのすシネマ」で。

映画祭は2016年7月16日(土)から7月24日(日)までの9日間開催される。

▼関連記事
レビー小体型認知症とは

▼外部リンク
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016
PRESS RELEASE[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2科学に裏付けられた「ブレインHQ」の効果で会場を圧倒【ADI国際…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【明日放送】NHK きょうの健康 『防げ!認知症最新情報「予備群…
  8. 8アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  9. 9たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  10. 10日本初の認知症・介護予防スロット台
このページの
上へ戻る