新刊「欽ちゃんの、ボクはボケない大学生。 73歳からの挑戦」

2016年6月7日

山あり谷ありの大学生活1年間をレポート

株式会社文藝春秋は4月23日、単行本「欽ちゃんの、ボクはボケない大学生。 73歳からの挑戦」を出版した。

著者はコメディアンの萩本欽一氏。

同氏が2015年に社会人特別入試枠で駒澤大学に合格した後、4月の入学式から冬休みの3月まで、1年間の大学生活をレポートしたもの。

毎日一番前の席で講義を受け、テスト勉強に四苦八苦、はじめての学食に感激し、陸上部の“スペシャルサポーター”に就任……。大学は本当に「ボケ防止」にいいの?
(文藝春秋ホームページより)

担当編集者は、

「ボケへの戦い」としてのチャレンジだそうですが、辛い思いをするだけではなく、先生や周りの若い“同級生”たちも巻き込んでいくのは欽ちゃんならでは。老いてもなお学ぶことの楽しみがあることに感銘を受けます。
(文藝春秋ホームページより)

と評している。

加齢に関する専門家との対談も収録

同書には、2つの対談が収録されている。

対談のひとつは、「たいへん立派な『成人病予備軍』です」と題して、白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二氏と、成人病や認知症、食事の関係等について会話を交わしている。

また巻末に「欽ちゃんが来てくれると、みんなの顔が綻ぶんですよ」として、駒澤大学陸上部監督の大八木弘明氏との対談が収録されている。

価格は1,400円プラス税。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
文藝春秋BOOKS 書籍紹介ページ

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る