男性作家が綴った、老父の介護体験~「父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌」

2016年6月7日

ゆっくりと訪れる「家族の晩年」を正面から扱う

株式会社双葉社から4月22日、盛田隆二著「父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌」が発売された。

アメリカでは、認知症の「少しずつ記憶を失くし、ゆっくりゆっくり遠ざかっていく」さまを「ロング・グッドバイ」と表現する。この本は、ベストセラー作家が、認知症となった父親の介護の日々を綴ったノンフィクション。

介護から看取りまでの間、何を覚悟し、ゆっくり確実に迫る死とどう対峙すべきかを読者に教示する一冊となっている。

作家の重松清氏が帯文に「読み進めるのがつらいのに、本を閉じられない。我が身を斬りながら「家族の晩年」を真っ向から描いた作家の覚悟に、圧倒された。」と寄せている。

父の看取りまでの経緯と想いが綴られる

著者の父親は、パーキンソン病で母親が他界した後に生きる意欲を失い、認知症を発症。加えて、母親が実家で面倒をみていた実妹も体調を崩す。このため著者は、男手の自分のみで実家の父の介護と、妹の面倒の両方をすることになった。

その後父親は、介護老人保健施設に入所するも、認知症が進行。さらに、父親は別の病気を患い入院するなどの経過を経て、看取り介護となる。

そのような日常の出来事を綴る中で、作家としての時間がとれずに、徐々につのる「先が見えない」ツラさを、書き表している。

盛田隆二氏は情報誌「ぴあ」編集者を続けながら書いた1990年のデビュー作『ストリート・チルドレン』で野間文芸新人賞候補作。1992年の第2作『サウダージ』は三島由紀夫賞候補作。2004年の『夜の果てまで』は30万部を超えるベストセラーとなった。

(画像はイメージです)

▼関連記事
ターミナルケアの方法

▼外部リンク
父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9開発中の新薬「アデュカヌマブ」が優先的取り扱いの対象に
  10. 10困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
このページの
上へ戻る