東国原英夫 主演舞台の会見で母の認知症を語る

2016年6月3日

認知症の母の介護生活を描いた漫画を舞台化

5月16日、 東京都港区のコロッケ・ミミックトーキョーで、舞台「ペコロスの母に会いに行く」の主演を務める前宮崎県知事の東国原英夫(58)や藤田弓子(70)らが制作発表会見を行った。この中で東国原は、宮崎に住んでいる88歳の母親が認知症であることを明かした。

「ペコロスの母に会いに行く」は同名の漫画が原作で、漫画家である息子による認知症の母の介護生活と、その中での母と子のやりとりを描いた作品。既にドラマ化や映画化もされており、この舞台では母親役を藤田が、息子役を東国原が演じる。

7月23日から品川区の銀河劇場などで上演

東国原も故郷に住んでいる88歳の母親が認知症の症状があると語り、「福山雅治を僕だと思い込んでいる。共通点はヒト科ということだけなのに」と語り、自身が演じる主人公との共通点を挙げた。

また、介護の当事者などにこの舞台を見に来て欲しいとし、有名人としては、政治とカネが問題の舛添要一東京都知事、猪瀬直樹前都知事らの名前を挙げ「君たちにはできないことを僕はできる」と話した。

この舞台「ペコロスの母に会いに行く」は7月23日から31日まで、東京都品川区東品川の銀河劇場で上演され、その後、全国8会場でも上演される予定となっている。

▼関連記事
認知症のケアと介護
健康診断としてオススメ!電話で10分の認知症検査

▼外部リンク
そのまんまHOME 東国原 英夫 オフィシャルサイト


このページの
上へ戻る