認知症最新ニュース

シンポジウム「地球は一つ 認知症とともに生きる」開催

2016年3月28日

グローバルな取り組みを民間レベルで共有
医療・介護の安全保障を推進する民間会議はシンポジウム「地球は一つ 認知症とともに生きる」を開催することを発表した。
シンポジウム開催の目的は、社会的問題に発展しつつある認知症患者の増加に対応するため、グローバルな取り組みについて、民間レベルで知見を共有することにある。

シンポジウムは前半と後半に分かれ、前半は基調講演と特別講演から構成され、後半はパネリスト5人によるパネルディスカッションとなる。

基調講演・特別講演
基調講演は松本謙一(サクラグローバルホールディング 会長)「地球は一つ。国際交流、貢献の輪を広げよう」、特別講演は飯塚陽子(東京大学医学部附属病院 内科医師)「中国の糖尿病と認知症の現状~医療の国際に向けた取り組み」、湖山泰成(湖山医療福祉グループ代表)「国際人材の育成と上海での新たな展開」、平田知弘(NHK文化福祉番組部 ディレクター)「NHK認知症キャンペーンと今後の取り組み」である。

パネルディスカッション
テーマは「認知症と共に生きる(仮題)」で、パネリストは 佐藤雅彦(認知症当事者の会共同代表)、髙瀬義昌(たかせクリニック院長)、カイ・ミャッ・トウ―(東京医科歯科大学大学院歯科医師)、ピネダ・ジョン・デンマルク・タボル(永生病院介護福祉士)、モハマド・ユスブ(河北総合病院看護師)の5名である。
(画像は水巻中正HPより)

【開催概要】
日時:2016年4月9日(土)13:30-17:20(開場12:30)
場所:東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂
会費:1,000円(事前支払いの場合は950円)
スケジュール:
13:30 – 15:00 基調講演・特別講演
15:30 – 17:15 国際シンポジウム
※参加希望者は下記の水巻中正(国際医療福祉大学大学院教授)HPより申し込み可能。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
水巻中正(国際医療福祉大学大学院教授)HP


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  4. 4東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  5. 5ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  6. 6認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  7. 7レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る