メープルシロップのアルツハイマー病予防効果とは

2016年4月1日

アメリカ化学会の会合で発表

カナダ・ケベック州に本部を置き、カナダ産のメープルシロップ産業を支えるケベック・メープル製品生産者協会は、先ごろアメリカで行われたシンポジウムにおいて、天然のメープルシロップが、アルツハイマー病による障害が脳細胞にまで及ばないようにする働きをもっている見込みがあることが示されたと発表している。

天然のメープルシロップを研究したトロント西部総合研究所のドナルド・ウェーバー博士は、細胞タンパク質が不正に折り畳まれたり凝集したりすることを防ぐ可能性がメープルシロップにあることを発見した。

ヒトが介在した実証試験が待たれる

別の研究でも動物のミクログリア脳細胞における神経保護効果が、天然のメープルシロップの抽出物から確認されることが示され、実証試験においてはアルツハイマー病の回虫モデルの寿命延伸に成功したという。

ロードアイランド大学のナヴィンドラ・シーラム博士は、「自然食品とアルツハイマー病抑制との関連性は研究が進められている。さらにヒトを介入させた検証が必要になってくるが、カナダ産メープルシロップの高フェノール抽出物には神経保護作用がある可能性がある」と述べている。

これまでの研究結果は、過去数年において、ユニークな健康効果をもつ100%天然の生成物であるカエデの樹木から直接採取された樹液を煮詰めてつくるメープルシロップにみられる固有の性質の発見に役立っています。
(プレスリリースより引用)

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
ケベック・メープル製品生産者協会 プレスリリース

▼関連商品


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る