認知症研究・治験・治療薬開発で神戸市が日本イーライリリーと連携 協定締結

2016年3月20日

認知症研究で連携

3月15日、神戸市、日本イーライリリー株式会社(以下、日本イーライリリー)、先端医療振興財団の3者は認知症研究で連携する協定を締結した。

認知症研究・理解促進へ

締結された協定は「神戸医療産業都市における認知症にやさしいまちづくり推進のための連携と協力に関する協定書」。

協定記載内容は4点。日本イーライリリーは認知症治療薬の治験を実施。認知症に関する海外先進都市事例の情報を提供する。

先端医療振興財団は、保有設備・資源を活用し日本イーライリリーに対し協力。陽電子放射断層撮影装置(PET)を使った治療薬の評価を行い、「KOBEもの忘れネットワーク」にて治験対象となる患者の確保にも取り組む。

3者は共同で認知症に対する理解促進及び意識啓発を行い、協定の取り組みについて神戸医療産業都市の情報を内外に発信していく。

認知症を予防可能に

日本イーライリリー社長パトリック・ジョンソン氏は、神戸市を世界的認知症研究拠点としたいとコメントしている。

認知症の薬を届けることができる仕組みづくりを進め、認知症の早期診断・治療・ケアまでの包括的施策の実現に貢献したいとのこと。

▼外部リンク
日本イーライリリー


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  4. 4今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  5. 5政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  8. 8NHK Eテレ「目指せ!じょうぶで美しい歯」6月23日放送
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る