巻頭インタビュー「城戸真亜子の10年におよぶ介護体験を語る」

2016年3月8日

月刊介護情報誌『あいらいふ』3月号配布中

東京五反田の「あいらいふ入居相談室」の他、首都圏の市役所内高齢者介護担当窓口をはじめとする、福祉関連施設や病院・薬局などの約4万ヶ所で無料配布している、月刊介護情報誌『あいらいふ』3月号が現在好評配布中である。

『あいらいふ』は、有料老人ホームや高齢者向け住宅へ、入居者の紹介や斡旋をサービスとする「あいらいふ入居相談室」を運営する、株式会社ザップが発行している月刊誌である。

今回の巻頭インタビューでは、10年にわたる介護を経験した画家の城戸真亜子さんに話を聞いている。

絵日記がもたらした良い影響とは

著書『ほんわか介護~私から母へありがとう絵日記』で、自身が経験した10年間におよぶ介護生活を記した内容が話題となった城戸さん。

巻頭のインタビューでは、記憶の曖昧となった認知症の母に代わって日常を綴っていた絵日記が、母親はもちろん城戸さんにも良い影響を与えていたと語っている。

特集では賢いショートステイの利用術を紹介

また特集では、「ショートステイ」について取り上げる。「ショートステイ」といえば、症状が一時的に悪化したときの緊急避難として利用することが多い。しかし一歩間違うと老人ホームへの拒否感を増加させる結果にもなり、利用方法によっては将来の入居をスムーズに進めることもできる。

そこでこれまでどの介護情報誌でも整理されてこなかった、賢いショートステイの利用術を“誰も書かなかった”『ショートステイの選び方』と題して特集している。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症のケアと介護

▼外部リンク
「あいらいふ」3月号
あいらいふ入居相談室


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る