歩く姿勢を正して認知症を予防しよう!

2016年2月6日

フィットケアアイテム『バランスパッド』

オーダーシューズの製造販売をおこなう株式会社ベルシャンでは、足ゆびを鍛えることで歩く姿勢が自然によくなるというフットケア商品『バランスパッド』を販売中だ。

認知症は歩き方から?

同社によると認知症の人の歩き方は、背を丸め、小さな歩幅ですり足となり、足元が不安定なため、バランスを取ろうと頭が前に出て、さらに姿勢が悪くなるのが特徴。これは、足の筋肉、とくに足ゆびの力が衰えてしまうことに原因があるという。

ベルシャンは、これまで30,000人以上の足の悩みを解決してきた経験があり、月間300足以上のオーダーシューズを扱っている。その結果、足ゆびを丈夫にすることが認知症予防の根本的対策であると思い至った。

自然に足の筋力を強化する

『バランスパッド』は、足ゆびに装着して普段の生活を送りながら、自然に足の筋力を強化し、バランスのよい歩き方を習得することができる。ごく普通に歩いているだけで、強制的なトレーニングの必要がない。

精神的負担が少なく、継続しやすいことから、日々の認知症予防には効果的といえる。また正しい姿勢で歩くことで、腰痛の改善や心身のリフレッシュ効果も期待できるという。

『バランスパッド』を試してみようと思う人は、下記のベルシャン公式サイトへ。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
株式会社ベルシャン「バランスパッド」
株式会社ベルシャン プレスリリース(@Press News)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る